アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■艦これ運営には人の心があるのか。いや無い■
2017-02-27-Mon  CATEGORY: 趣味とか

「今月の愚痴。ようやく指輪を渡したが」

提督になって1年半。イベントでもさんざん苦しい想いをしてきたので「艦これ」を嫌いになりそうになったことは数え切れない位あった。

でも結局は楽しんでいる。楽しんでいたから続けていた。

初期艦がようやくレベル99になった。バレンタイングラフィックも素敵なので、これを機に指輪を贈った。

いままで「ケッコンカッコカリ」についてはイロイロ聞いていたので特別な事をするつもりでは無かった。ありていに言えば任務を消化したかったからだ。

だが驚いた。感情を込めた台詞。時間をかけた演出。はっきり言って心を動かされた。少なからぬ感動があった。電子データ相手になんだと思われるかもしれないが、1年半の間、苦楽を共にしてきた初期艦が相手となっては降参するしかなかった。

確かに艦娘と今まで以上に強固な絆を結んだと思わされる演出だった。やるじゃん。

問題はその後だ。リランカへの出撃任務。レベル100となった艦娘を旗艦に古参のメンバーを並べて御祝い気分での出撃。そらそうだ。3分前に指輪を渡したばかり。感動の余韻を味わいつつの出撃なのだから。

編成は手堅くボスマスに直行と思いきや、外れマスへ。しかもボロボロに叩かれて負けた。古参メンバーで固めたから 龍驤と鳳翔、神通、愛宕と高雄そして初期艦の駆逐艦。

戦力的に不十分だとは思ったが「ケッコンカッコカリ」後の初出撃。ボスマスまで一直線でドバッと勝利を決められると疑わなかった自分が愚かだった。

帰投後の入渠で初期艦が言った、何百回も聞いてきた台詞「服が汚れたわ」という一言が今までの千倍も冷たく聞こえた。この仕打ちを考えた開発者を心から憎む。

■コメントレス■
>レマ様。当方はどうにかクリアできましたが藤波と13には出会えませんでした。小規模というアナウンスでしたが実質4海域でしたし、面倒だったと思います。
秋刀魚イベントのような楽しいモノもありますが、昨年夏くらいからのイベントはユーザーをいかに悩ませるかがテーマになっているような気がします。時間がとれない社会人には辛いと思います。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■劇画ロードショー発掘情報01■
2017-01-19-Thu  CATEGORY: 書籍

「2300年未来への旅&友よ静かに死ね」




別冊ビバプリンセス 昭和52年4月25日発行 春期号 掲載


「友よ静かに死ね」1976年フランス映画。主演=アラン・ドロン
作画=山智子。39ページ

アラン・ドロン主演映画の劇画(少女漫画)。本編を鑑賞していないのでコメントは省略。残念ながら紙とインク色の相性が最悪で裏移りが激しく見れた物ではありません。


「2300年未来への旅」1976年アメリカ映画。主演=マイケル・ヨーク
作画=岡崎沙実。51ページ

ディストピアを舞台にしたSF映画の劇画(少女漫画)。本編を観たのが大昔なので、うろ覚えですが、だいたい原作映画に沿った内容かと思われます。こちらもインクの裏移りが激しいのですが、後半のページはいくらかマシなのが救いです。

「別冊ビバプリンセス」は秋田書店発行の少女漫画誌。昭和52年という時期も月刊少年チャンピオンでの掲載が末期にさしかかっており、新たな方向性を模索していたのかもしれません。念のために前後の号数冊を確認しましたが劇場映画原作の作品は見あたりませんでした。編集部が予想したほど反響がなかったのかもしれません。秋田書店は少年誌、青年誌に加えて少女誌でも「劇画ロードショー」系列の作品を掲載していたことが確認できました。引き続き、系列作品の発掘を続けたいと思います。

■劇画ロードショー リスト■

■劇画ロードショーの世界■
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間2017~安奉工房■
2017-01-15-Sun  CATEGORY: 書籍

「ミリタリーイラストの世界に新星現る」


「Under the Light」

安奉工房

先ずは作者のPIXIVページにて作品を観ていただきたい

安奉工房=「安倍奉師さんのPixivページ

安倍奉師さんのTwitter

雰囲気バツグンの軍艦、戦車、航空機、そして潜水艦のイラスト

作者である「安倍奉師」さんが冬コミで初の個人誌イラスト本を頒布しました。それがこの本「Under the Light」です。

編集長がコミケでこの新刊を見たとき、てっきりベテランイラストレーターによる商業作品の再録本かと思いました。模型のパッケージイラストに使われていてもおかしくない荒々しさと情景を感じさせる戦場の風景。

ところが作者の安倍奉師さんはお話ししたところ二十歳そこそこのフレッシュな新人だったのです。いや、ビックリしました。

軍艦や航空機への愛情と情熱を持つ素晴らしい新人の登場です。諸手をあげて歓迎しますよ。どんな業界でも高齢化が進み若年層の新人が現れないと衰退します。軍ミリの世界でも中高年の層が厚く行く末が気がかりではありましたが、安倍奉師さんのような実力を感じさせるニューフェイスの登場は嬉しい限りです。軍ミリ界隈の自称「マニア」さんには是非とも重箱の隅をつつくような真似はせずに、新たな才能を善導していただきたいものです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間2017~旧騎士団■
2017-01-10-Tue  CATEGORY: 書籍

「怒りのデスロード!スタート5秒前!!」


「FURY DEATH ROAD」

旧騎士団

世界的なヒットとなった「マッドマックス怒りのデスロード」。その主人公とも言えるフェリオサを中心に描いたオリジナル作品です。

作者は巨乳な作画が特徴的な「旧騎士団」さん。「キャプテン・コマンドー」シリーズでも素晴らしいアクションとモリガンをはじめとした格闘ゲームキャラを超巨乳に描くスタイルで熱い支持を得ていますが、本作(2016年8月発行)は完全にアメコミスタイルで描かれていて、擬音も英語、台詞はバイリンガル表記と気合いの入り方が違います。

物語はフェリオサが美女達を連れて脱走する前日の出来事を描いています。敵対組織に攫われた女を奪還すべく出動したジョーと手下達。首尾良く無傷で女を奪還したフェリオサだが、連れ戻されることを拒否した女はフェリオサの眼前で自らの命を絶ってしまう。囚われの女たちの苦悩を知るフェリオサが脱走を決意するまでを描くのが本作「FURY DEATH ROAD」です。

ページ数こそ20ページと少なめですが、秋葉原のアメコミ専門店「ブリスター」で売っていても違和感ない完成度ですよ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間2017~TEX-MEX■
2017-01-09-Mon  CATEGORY: 書籍

「広江礼威に泣かされるとは…」


「19420605参」

TEX-MEX

一昨年末から続いていた広江礼威さんの「艦これ」シリーズが冬コミの新刊で完結した。

大真面目に言って、この人の作品で泣かされるとは予想もしていなかったので我ながら驚いている。

既刊を読んでいない人も、昨今なら中古価格が手頃になっているので、是非読んでみて欲しい。広江さんお得意の下品なギャグとエロを封印して最後までシリアスに描ききった加賀の物語は読み応えがある。

もっとも作者の広江さんは読者が感動したなどと言っても鼻で笑いそうではあるが。ブラックラグーンの双子編でも心が動かされなかった編集長も歳取って涙もろくなっただけなのかもしれない。

一つだけ言えるのは、今回の新刊、雪風の笑顔と加賀の感極まった表情が、本当に素晴らしいビジュアルだということです。雪風が語り終えたあたりになると編集長も目汗ドバドバでしたよ。

そんなこんなでラグーンの再開にも期待が高まる編集長でした。

今思い出したが、いつだったか、広江さんがtwitterか何かで、中断しているラグーンに登場する中つ国のスパイ眼鏡がボロクソに犯られる漫画描きたいとか言っていたな。凄く読みたい。

■コメントレス■
>レマ様。昨日のティアでは良い本は見つかりましたか?お元気そうで何よりです。
土曜日のムーパラで良い本が見つかったので楽市でお見せしたいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。