アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■コミケットサービスの閉店を惜しむ■
2017-11-04-Sat  CATEGORY: 書籍

「池ノ上から下北二号店の思い出」

今年末に下北沢にあるコミックマーケットの実店舗「コミケットサービス」が閉店するとの告知がありました。先ずはお店のスタッフの方々に長年お疲れ様でしたと言わせてください。

今年になってからも5回ほど行きましたが、元々狭い店内が在庫で身動きできない状態になっていたので、遠からず通販専門になるとは思っていましたが、閉店は実に残念です。

同人誌という形態ならジャンルを問わずに手広く扱うのが基本で、現在の店舗になってからは男性向けアダルトを扱わなくなっていましたが、それでも創作系のマイナージャンルや作家の本が彼方此方に潜んでいるので、個人的な掘り出し物を探すのが楽しみでした。
なによりコミケ準備会直営の店だけあって、カタログを買いに行くと開催直前のいろいろな情報を教えて貰えるので助かっていました。一時アキバでは品薄だった企業ブースパンフも確実に貰えましたし。

池ノ上にあった店舗は、それはそれは狭い店でした。来店者が身動きできるスペースは畳一畳ぶんほどしか無かったと記憶しています。特に良く覚えているのは、当時の人気サークルの中の人がよく出入りしていて、新田真子さんがレジに座っていることもありました。しかも本人の目の前に陳列してあったコピー誌が「魔法少女ダイアナ」の複写海賊版。これがまた新田さんらしいエピソードなのですが、表紙に本人による直筆で「これは偽物です」との文字とダイアナのカットまでマジックで描いてあって笑わせてもらいました。もちろん買って帰りましたよ。

その後、下北沢の茶沢通りに店舗を移し、取扱商品の点数も大幅に増えて、こちらでも実に沢山の同人誌を買い求めました。この時期のコミケサービスが一番多くの人に記憶されていると思います。自分にとっても女性向けジャンルに足を踏み入れるキッカケを得ましたし、コミケ直前になると知り合いが自然と集まるので情報交換に華が咲きました。現在、駿河屋さんでお勤めの某氏と交差点の角にある(あった?)飲み屋で冬のさなか、店外の炬燵席で大いに呑んだことも記憶に新しいところです。

現在では、まんだらけやケイブックスも同人誌のジャンルや作家による区分けが細かくなっていますが、昔はコミケサービスの棚が非常に細かく分かれていたので、具体的な作家名やサークルが決まっていれば探すのが実に容易でした。店員さんの知識が恐ろしく深かったところも他店をリードしていました。

二号店に比べると倍は広かった一号店ですが、最後には通路に箱が所狭しと並べられて本の探すのが難儀になりました。この時期には男性向けアダルト同人誌も結構な量があったので他の店で値段が上がってきた本を少し安く手に入れたこともあったし、評論系同人誌をまともに扱っている中古店がここしかなかったので面白い本をいくつも手に入れることが出来たのは良い思い出です。

そして現在の場所にある下北沢二号店も今年の年末で閉店。場所柄、賃料も高いと思いますし更新時期や採算の問題でもあったかもしれません。なににせよ寂しくなります。
勤めの時間や休みが合わない知人とも、週末に行くと何故か会えたりすることが多かった場所ですので、同じような場所が新しくできれば嬉しいのですが。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■トランプ大統領を痛烈にパロった同人誌■
2017-07-01-Sat  CATEGORY: 書籍

「アメコミ世界でも暴れまくる大統領を見よ」


これはアメリカで頒布された同人誌でコミックアーチスト
「R. Sikoryak」氏による作品です。


編集長がこの同人誌を知るきっかけとなったのは、イラストレーター「横田守」さんによる5月22日のTWEET
「凄い本を買って来た!(多分同人誌)」
https://twitter.com/yokotamamoru/status/866821384772751362/photo/1
を見たことでした。

元ネタでは街中で暴れるハルクの姿を描いた表紙なのですが

こちらの「The Unquotable Trump」はハルクがトランプ大統領と入れ替わっていて、かの有名な台詞「I ALONE CAN FIX IT」(訳=問題は私が一人で解決してみせる)を叫びながらあらゆる攻撃を跳ね返しているという構図です。打たれ強さでは歴代大統領随一な感じのトランプさんだけにハマッた絵になっています。

「The Unquotable Trump」はTumblrに専用のページが開設されています。

「The Unquotable Trump」
https://unquotabletrump.tumblr.com/

こちらで大統領シリーズが殆ど見られるようです。これらのシリーズの元ネタが2016年の大統領選挙キャンペーンでのトランプ大統領自身による発言であることが、ある意味恐ろしい気がします。

折角なので他の作品もいくらかご紹介したいと思います。


こちらも非常に解りやすい作品です。元ネタは劇場映画が公開間近の「ワンダーウーマン」。最初期シリーズの表紙になります。

「NASTY WOMAN」とは日本語訳で「不愉快な女」「ろくでもない女」といった意味になります。これは米大統領選のテレビ討論会でトランプ大統領が対立候補のヒラリー・クリントン女史を評した発言「Such a nasty woman」が元です。

Trump: Clinton such a nasty woman(YOUTUBE)
https://www.youtube.com/watch?v=Q2KOQfZ0Zd0&feature=youtu.be

合衆国で初めて大統領の座にリーチをかけたパワフルな女性、ヒラリークリントンさん。姿はワンダーウーマンそのままですが、城壁の上からトランプを投げ飛ばす力強い勇姿にトランプが負け惜しみで「なんて不愉快な女だ!」と言っている愉快な構図です。

ヒラリーさんが大統領に就任していれば本当に負け惜しみとなったのですが…


元ネタはマイナー作品「NIGHT NURSE=夜勤看護婦」。元ネタでは病院に潜入した殺し屋から身を挺して患者を守る看護婦の姿を描いた表紙ですが、パロディの方では下に書いてある「THE CURE FOR OBAMACARE」のようにオバマ大統領の導入した健康保険政策「オバマケア」の改廃案がテーマになっています。

パロディ表紙での発言は2015年にダラスの「アメリカンエアラインセンター」で行われた演説から引用されているようです。

8 Donald Trump quotes on healthcare — 'Repeal it, replace it, get something great!
http://www.beckershospitalreview.com/hospital-management-administration/8-striking-donald-trump-quotes-on-healthcare-repeal-it-replace-it-get-something-great.html
編集長の語学力では正確な翻訳は難しいのですが、おそらく「我々はオバマケアの廃案を目指す。最悪でも改案することによって我々はより偉大になれる」と言った意味のようです。

元ネタの「夜勤看護婦」では殺し屋に「患者を撃つなら先に自分を撃て」と勇敢に言いはなっている看護婦ですが、パロディの方では一方的な暴言に困惑しているように見えます。賛成とも反対とも言いかねる様子はオバマケアが当初に意図した結果をもたらさなかったらしい米国の医療と健康保険事情を反映しているように思えてなりません。

その他にはこのような作品が描かれています。

























編集長が探した範囲では発言内容に相応しい元ネタをチョイスして多くの風刺作品が描かれています。アメコミを原著で読むような方なら大いに楽しめるでしょう。

ちなみに同人誌は以下のページで販売されているようです。

atomicbooks. unquotable-trump
https://atomicbooks.com/products/unquotable-trump

また作品そのものが話題になったのか、商業誌での出版も決まったようです。

The Unquotable Trump (英語) ペーパーバック – 2017/11/7
https://www.amazon.co.jp/Unquotable-Trump-R-Sikoryak/dp/1770463046

秋葉原ではアメコミ専門店「ブリスター」さんに入荷すると思います。

アメコミ専門店「ブリスター」
http://www.blister.jp/store/

アマゾンの大規模詐欺が収束したのかイマイチ解らないので、アマゾンでの購入に躊躇している方はお店に相談されると良いかと思います。

■最後に、文中の日本語訳はWEBの翻訳などを参考にしましたが、必ずしも正確では無いと思いますので、トランプ大統領の発言内容に興味のある方はご自身で調べて下さい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■艦これ運営には人の心があるのか。いや無い■
2017-02-27-Mon  CATEGORY: 趣味とか

「今月の愚痴。ようやく指輪を渡したが」

提督になって1年半。イベントでもさんざん苦しい想いをしてきたので「艦これ」を嫌いになりそうになったことは数え切れない位あった。

でも結局は楽しんでいる。楽しんでいたから続けていた。

初期艦がようやくレベル99になった。バレンタイングラフィックも素敵なので、これを機に指輪を贈った。

いままで「ケッコンカッコカリ」についてはイロイロ聞いていたので特別な事をするつもりでは無かった。ありていに言えば任務を消化したかったからだ。

だが驚いた。感情を込めた台詞。時間をかけた演出。はっきり言って心を動かされた。少なからぬ感動があった。電子データ相手になんだと思われるかもしれないが、1年半の間、苦楽を共にしてきた初期艦が相手となっては降参するしかなかった。

確かに艦娘と今まで以上に強固な絆を結んだと思わされる演出だった。やるじゃん。

問題はその後だ。リランカへの出撃任務。レベル100となった艦娘を旗艦に古参のメンバーを並べて御祝い気分での出撃。そらそうだ。3分前に指輪を渡したばかり。感動の余韻を味わいつつの出撃なのだから。

編成は手堅くボスマスに直行と思いきや、外れマスへ。しかもボロボロに叩かれて負けた。古参メンバーで固めたから 龍驤と鳳翔、神通、愛宕と高雄そして初期艦の駆逐艦。

戦力的に不十分だとは思ったが「ケッコンカッコカリ」後の初出撃。ボスマスまで一直線でドバッと勝利を決められると疑わなかった自分が愚かだった。

帰投後の入渠で初期艦が言った、何百回も聞いてきた台詞「服が汚れたわ」という一言が今までの千倍も冷たく聞こえた。この仕打ちを考えた開発者を心から憎む。

■コメントレス■
>レマ様。当方はどうにかクリアできましたが藤波と13には出会えませんでした。小規模というアナウンスでしたが実質4海域でしたし、面倒だったと思います。
秋刀魚イベントのような楽しいモノもありますが、昨年夏くらいからのイベントはユーザーをいかに悩ませるかがテーマになっているような気がします。時間がとれない社会人には辛いと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■劇画ロードショー発掘情報01■
2017-01-19-Thu  CATEGORY: 書籍

「2300年未来への旅&友よ静かに死ね」




別冊ビバプリンセス 昭和52年4月25日発行 春期号 掲載


「友よ静かに死ね」1976年フランス映画。主演=アラン・ドロン
作画=山智子。39ページ

アラン・ドロン主演映画の劇画(少女漫画)。本編を鑑賞していないのでコメントは省略。残念ながら紙とインク色の相性が最悪で裏移りが激しく見れた物ではありません。


「2300年未来への旅」1976年アメリカ映画。主演=マイケル・ヨーク
作画=岡崎沙実。51ページ

ディストピアを舞台にしたSF映画の劇画(少女漫画)。本編を観たのが大昔なので、うろ覚えですが、だいたい原作映画に沿った内容かと思われます。こちらもインクの裏移りが激しいのですが、後半のページはいくらかマシなのが救いです。

「別冊ビバプリンセス」は秋田書店発行の少女漫画誌。昭和52年という時期も月刊少年チャンピオンでの掲載が末期にさしかかっており、新たな方向性を模索していたのかもしれません。念のために前後の号数冊を確認しましたが劇場映画原作の作品は見あたりませんでした。編集部が予想したほど反響がなかったのかもしれません。秋田書店は少年誌、青年誌に加えて少女誌でも「劇画ロードショー」系列の作品を掲載していたことが確認できました。引き続き、系列作品の発掘を続けたいと思います。

■劇画ロードショー リスト■

■劇画ロードショーの世界■
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間2017~安奉工房■
2017-01-15-Sun  CATEGORY: 書籍

「ミリタリーイラストの世界に新星現る」


「Under the Light」

安奉工房

先ずは作者のPIXIVページにて作品を観ていただきたい

安奉工房=「安倍奉師さんのPixivページ

安倍奉師さんのTwitter

雰囲気バツグンの軍艦、戦車、航空機、そして潜水艦のイラスト

作者である「安倍奉師」さんが冬コミで初の個人誌イラスト本を頒布しました。それがこの本「Under the Light」です。

編集長がコミケでこの新刊を見たとき、てっきりベテランイラストレーターによる商業作品の再録本かと思いました。模型のパッケージイラストに使われていてもおかしくない荒々しさと情景を感じさせる戦場の風景。

ところが作者の安倍奉師さんはお話ししたところ二十歳そこそこのフレッシュな新人だったのです。いや、ビックリしました。

軍艦や航空機への愛情と情熱を持つ素晴らしい新人の登場です。諸手をあげて歓迎しますよ。どんな業界でも高齢化が進み若年層の新人が現れないと衰退します。軍ミリの世界でも中高年の層が厚く行く末が気がかりではありましたが、安倍奉師さんのような実力を感じさせるニューフェイスの登場は嬉しい限りです。軍ミリ界隈の自称「マニア」さんには是非とも重箱の隅をつつくような真似はせずに、新たな才能を善導していただきたいものです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.