アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■5巻 発売記念に少し懐かしいものを■
2006-04-28-Fri  CATEGORY: 書籍

「載せてみよう」

●2002年のC3限定Tシャツ●
YotsubaStudio
また どこかのイベントでやってくれないかな

●本日のお笑い大賞●
クワガタがいっぱいいるって有名な森で…
死ぬかと思った

●本日のCOD戦闘レベル●
war08

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
■よつばと⑤ と 東京クレーターのアカリ■
2006-04-26-Wed  CATEGORY: 書籍

「コミック新刊とコミティアカタログ」

今日はコミック新刊やらをいろいろ買った

yotsubato5 akari2 repuri
「よつばと⑤」+「東京クレーターのアカリ②」+「レプリカント24」

「1号」ようやく出ました 「よつばと⑤」(あずまきよひこ)
「2号」本当に待っていたよな 「海水浴」の話
「1号」風香の久しぶりの水着だからね 相変わらず美味しそうな体形だ
「2号」とりあえず他の話はスルーか
「1号」ほのぼの日常話も 5巻続くと 少しね
「2号」あさぎと風香しか楽しみが残っていないのか…
「1号」…そんな目で見るのはやめれ
「2号」昨年末の電撃大王の福袋も いまいちだったしな
「1号」あの描下ろしポスターの図案を見たときに あずま先生はFANのことを全然考えられなくなっているのかと心配になったから
「2号」せっかく風香の描下ろしなのに 日陰に入った図柄だったからな
「1号」だから 今回の海水浴の話も 前の話から引かないだろうと思ってた
「2号」海に向かって走っていって…終わり
「1号」そう で翌月には全然関係ない話になる と思った
「2号」んなこと考えたの 宇宙でアンタだけだ
「1号」…宇宙…

「1号」「東京クレーターのアカリ②」(磯本つよし)ですよ
「2号」地味だが 良い作品だ
「1号」好きなんだが 他人に良さを説明しにくくてな
「2号」口の悪いやつなら 「少し絵が達者だが中身のない話を描く」 とか言うだろうな
「1号」それは全く同意できない。 先ず 少しでなく 凄く絵が上手い それとキャラが生き生きとしている 架空の近未来世界で登場人物たちが一生懸命に生きてるのが伝わってくるよ
「2号」2巻に登場した アカリの母親がナイス ちょっと欲情した
「1号」激しく同意
「2号」浮雲亭の「特製ハンバーグランチ」は 長崎の「トルコライス」が思い出されるなあ
「1号」今日の晩御飯は 御飯とニラの味噌汁とキムチです
「2号」(´・ω・`)

「1号」買っておいてなんだが…「レプリカント」 やめときゃ良かった
「2号」ワンフェス後なのに 実にツマラン内容だ
「1号」最近はWEBのレポが充実しているから この程度の内容では話にならん
「2号」だいたい「南極2号」の綾波なんか 有り物のコンパチキットにしか見えん
「1号」アマチュア版権キットでも もっと良いキットがたくさんあったのに
「2号」取材班の眼が腐っていたんだな
「1号」佐藤さんのスクラッチも 塗装はともかく 形としては酷い
「2号」頭だけ遠近感あるな
「1号」ただ 聖咲奇さんの「フィギュア見世物小屋」が始まったのは嬉しい
「2号」HPも行方不明だしな
「1号」雑誌の方向性からは外れているが がんばってほしいよ 老人代表として

comiteia
「ティアズマガジン76」
「1号」今回のティアは 事情あって行けません。・゚・(ノД`)・゚・。
「2号」エロいガレキを買うので忙しいからな
「1号」あんまりだ…
「2号」お買い物は知人の善意だけが頼りか 悲しいな
「1号」I垣さん M場さん よろしくね 100サークルくらい
「2号」ここまで非常識な奴とは…
「1号」…じゃあ 3サークル(泣)
「2号」おなじビックサイト開催でも 両方は難しいな
「1号」とりあえず「ドクドクロン」来ていれば嬉しいんだが
「2号」ヘンなキーホルダーとか作っているサークルだ
「1号」奇妙な「一言」を彫りこんだタグとかが売りなのだ 一つ愛用しているよ 自転車の鍵に付けてる
「2号」それには なんと書いてある?
「1号」…「女房の母親がクトゥルー」
「2号」(゚Д゚)ハァ?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■萌えよ!戦車学校Ⅱ型■
2006-04-15-Sat  CATEGORY: 書籍

「戦車少年は止まらない」 ●萌えよ!戦車学校Ⅱ型●

萌え戦車

田村尚也 著 野上武志 絵 の困った本 「萌えよ!戦車学校Ⅱ型」
前回の本が結構HITしたらしくボリューム大幅アップで続巻が出ましたよ

「1号」…とうとう買ってしまった…前の「Ⅰ型」は我慢したのに…
「2号」「Ⅰ型」の時は恥ずかしくて仲間に「あんな本買えん!」とか言ったくせに
「1号」根拠の無い自負があったから…戦車スキーとしての
「2号」スキーだけどマニアでもプロでもないからな
「1号」そうなんだ 田宮のMMで育って70年代の戦争映画LOVEな人なので 「こんなん読まんでも知ってらい」とか思ってたからね
「2号」実際には普通の人が「ポルシェ」と「BMW」を見分けられるのと同じ程度だ
「1号」スンマソン その通りです
「2号」で殊勝にも基本に立ち返って知識を補完しようと思ったわけだ
「1号」それもあるけど…負けたの…欲望 というか生存本能
「2号」生存本能?なんの関係がある?
「1号」いや、ほら明日のことは誰にもわからないでしょ?

なんか中国とか攻めてきそうだから

戦車のこととか基本として知っておいた方が生き残れそうじゃない?
「2号」…無理だ…
「1号」…駄目ですか…そうですか
「2号」まあ「Ⅰ型」より読み物のとしては面白くなったがな
「1号」いつ読んだ!
「2号」秘密

野上武志氏のHP
弱そうな戦車が大挙して登場するナイスな本です
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。