アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■ステファノアンナという名の店■
2007-05-31-Thu  CATEGORY: お買い物

「エクレアがあればいーのだ」

近所に素敵な菓子店が出来た

以前はサバゲー用品を売っている店があった場所ですが そこが閉店した後 個人的には焼き立てのパンを売る店が出来たら嬉しいなと思っていたのですね
その場所に先週、ようやく新しい店が出来たのですが それがイタリア風の手作り菓子の店「Stefano Anna」です
070531a
「Stefano Anna~ステファノアンナ」
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-36-4
0422-43-1168
09:30~19:00 月曜日・第1火曜日定休

オーナー兼パティシェリ?はまだ若い女性です 「クッキー」「プリン」「フルーツケーキ」等の定番の他にあまり見かけない小さなお菓子がたくさんあります
この店の商品で1番のお気に入りは「エクレア」です お店での商品名は違う名前ですが「エクレア」で統一させていただきますよ
070531b
大きさは「コージーコーナー」の物より僅かに大きいくらいで180円
皮は厚めでシッカリとしており中にはチョコレートムースっぽいクリームがたっぷり入っています 表面のチョコの上に乗っているのはナッツです
厚めの皮と中身が詰まっているため食べ応えがあります 例えて言うなら「コージーコーナー」とか「ヒロタ」の柔らかいエクレアは食欲が無い時に食べたくなる穏やかな菓子ですが「Stefano Anna」のエクレアは軽食のようにタップリのコーヒーと共にいただくのが良いように思えます

今までは駅の近くまで行かないと菓子類はコンビニでしか買えなかったのでありがたいです 100円で5~6個買えるミニクッキーとかもイイですよ プリンも個人的には「闘魂プリン」と名付けています オーナーさんは泣くかもしれませんが(笑)

■美味い物関連で■
「六本木バーガー復活」
>美味しい物を食べるために捧げられる労力は美しい ただし ラーメン屋の前の行列とかは除く

Firefox 2
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■劇画ロードショーの世界■
2007-05-24-Thu  CATEGORY: 書籍

「スクリーンの興奮を誌上で楽しむ」

「劇画ロードショー」という言葉に聞き覚えのある人は少ないと思います
試しに日本版の「Wiki」で調べてみましたが該当する項目はありませんでした
Googleでも断片的な情報しか出ないので自分の知っていることを書いてみます

「劇画ロードショー」とは?
>劇場公開される映画を宣伝するために出版社と映画配給会社がタイアップした漫画作品のことだと解釈しています

宣伝のため、最新の映画を雑誌で漫画にして公開し、幅広い年齢層にアピールすることを主たる目的としています(と思う)
080808a
自分の知る範囲で最も盛んだったのは70年代の中期でしょう
この時期には「月刊少年チャンピオン」が3年近く毎号掲載していましたし「月刊少年マガジン」でも何回か掲載がありました
またアダルト向けの雑誌「月刊プレイコミック」でも比較的にハードな内容の作品をコミカライズして掲載しています

80年代以降は資料が手元に揃わないので状況が不充分ですが少年誌では「劇画ロードショー」もしくは同じような試みは少なくなったようです。しかし比較的最近の2006年に「月刊少年ジャンプ」で新作の「キングコング」が2回にわたって掲載されたのが記憶に新しいところです

この辺で少し参考画像を見てみましょう

「月刊少年チャンピオン」に掲載された作品から080808b080808bb
080808c080808cc
右の「キングコング」「月刊少年マガジン」掲載分から
「月刊少年チャンピオン」掲載作品は現在でも有名な作品が多かったと記憶しています。「マガジン」は作品数が少ないのでどのような経緯で掲載されたのか良く分りません
しかし「キングコング」などは どの雑誌でも掲載されても不思議でない大作です

「月刊プレイコミック」に掲載された作品から
080808d080808dd
080808e「プレイコミック」は流石にお子様お断りなハード路線です。セクシャル、バイオレンス、アクション作品が中心でした
















「劇画ロードショー」は版権の関係で単行本になることが稀ですが、何冊か書店で販売された物もあります
「東京スポーツ新聞社」が発売した「トウスポ・ブックス」のラインナップに、角川映画の「野生の証明」「悪魔が来りて笛を吹く」が見られますが、同時に洋画の「コンコルド」「ゴルゴ13」で有名な「さいとう・プロ」で劇画化されました。しかも上下巻2冊での発売と力が入っています
080808h080808hh
その他にB5の雑誌サイズで「特集号」的な位置付けの本として洋画の「ジャッカルの日」と邦画の「皇帝のいない八月」が確認されています(どちらも手元にないのが残念です)

それでは作品の作画を担当した漫画家について書いてみます
少年誌での掲載作品は多くの場合、若手の漫画家が起用されたケースが多く、特に「少年チャンピオン」関係では田辺節雄氏と 桜多吾作氏の活躍が目立ちました
080808g
ベテラン作家では 桑田次郎(洋画 ミスターノーボディ)
石川球太(日露合作 デルスウザーラ)
鈴原研一郎(邦画 スプーン1杯の幸せ)
南波健二(洋画 レッドサン)
ジョージ秋山(邦画 紅の拳銃)
古賀新一(洋画 ヘルハウス) などが挙げられます
なかなかにツボをついた人選ではないでしょうか。「デルスウザーラ」の石川氏や「ヘルハウス」の古賀氏は正に適任と言えるでしょう

これらの作者の中で郡を抜いて活躍したのが田辺節雄氏です
080808ee080808f
080808ff田辺氏は「ワイルド7」の望月三起也氏のアシスタントを経てデビューした地味ながらも実力のある作家です
「劇画ロードショー」を執筆していた頃は師である望月氏の影響があまりに強かったので 当時既に「望月戦争アクション漫画」の洗礼を受けていた筆者は 何か「大人の事情」があって別ネームで描いていると思っていました
wiki「田辺節雄」









さて最後に編集長が読んだ範囲で
「劇画ロードショーの最高傑作」と思うのは この作品
080808i
「惑星大戦争」 です
作画は「紺碧の艦隊」で有名な居村真二氏。適度にアニメっぽい画風が特撮映画の漫画にうってつけでしたが、筆者がこの作品を推すのには別な理由があります

それは劇中に存在しない描写が有り、若かった編集長に映画本編を見るまで「 夢 」を見させてくれたからです。その問題の描写とは…
080808ii
敵に囚われたヒロインが裸で責められているシーンです!

当時小学生だった編集長がこれを読み「なんてけしからん映画だ!」
と憤慨して、是非とも親に内緒に見に行かねば…と勇んで映画館に行ったものの、そんなシーンは微塵も無く激しく落胆したことを良く覚えております。その落胆が今に至るも映画本編の評価に著しい影響を与えているのですから、なんとも罪な漫画です(でも個人的にはお宝)

時期を見てもう少し細かい補足を追加したいと思います

コメントレス
>現在、いろいろ忙しいので月末までに細かいご返事をいたします
ページトップへ  トラックバック0 コメント11
■春の同人読書週間⑤~Weather Factory■
2007-05-11-Fri  CATEGORY: 書籍

「建設工事用特殊車両偏愛者の声を聞け」

GWに開催された即売会で異彩を放っていた「第10回東京のりもの学会」
入り口から見ると会場の人達がとても楽しそうなので寄ってみました
そこで購入した本がこれ
070511a
「C! #6」 Weather Factory 重機部
最初にハッキリさせておきたいのですが 編集長は基本的に車や電車には自分の懐古的な思い出が絡まないと興味が見出せないのです そんなわけでこの本に掲載されている車両も「そもそも何なのか」分りません
では何故この本に惹かれたのかと言いますと
「印刷の美しさ」に驚いたのですね

本の内容は2006年の9月に千葉県の幕張で開催された建設工事用車両見本市?「CONET2006」のレポートになっています
本はB5サイズで38ページのコピー誌ですがフルカラーで写真が180点近く掲載されています しかも画像の美しいこと!! データの大きい画像を高性能なプリンターで出力したと思える自家製本ですが普段からコピー誌に親しんでいる編集長でも これほど印刷レベルの高いコピー誌は初めて見ました

この本の素晴らしい点は画像だけではありません レポートの内容が実に楽しいのです
見本市でお披露目された各社の新型車両の解説やデモンストレーションの様子 特にパワーシャベルを操作してカクテルグラスにドリンクを注ぐ画像は驚きました
また災害時に水道の止まった地区で給水に従事する造水車(給水車ではない)
この車両は汚れた水を濾過し飲用可能な水を作るための装備を搭載しています
なんと1日に3万リッターの水を提供できる優れた機能を有しているそうです

美しい画像と読みやすい解説で門外漢にも楽しく読める「特殊車両マニア」の同人誌 建設工事現場などでクレーンを見てトキめくような人に熱くお薦めしますよ

070511b
「東京のりもの学会」
5月4日(祝) 都立産業貿易センター2階
11時~15時30分
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■春の同人読書週間④~アトリエわだつみ■
2007-05-10-Thu  CATEGORY: 書籍

「沈没船に潜む恐怖」

今回は同人誌ではなく自主製作のオリジナルアニメ作品です

070510a
「水中触」 アトリエわだつみ
とらのあな 他でパッケージ版が販売中
ダウンロード版も「DLsite com」「デジケット・コム」で購入可能

物語は海面に浮かぶ小さなボートで眠っている少女の姿から始まります
特に説明などはありませんが 彼女は普段からボートで沖合いに出て 海底の散策を楽しんでいるようですね 今日の彼女は海底に沈んでいる古い貨物船の探検を試みるようです 服を脱いで懐中電燈一つだけ持ち素潜りで船に進入します そして船内で壁に書かれた警告とも解釈できる気味の悪い文章を目にします…
その彼女の背後に迫る物体が…

昔からホラー小説などによくある「禁断の場所」に入り込んでしまった悲劇を土台にして少女の遭遇する戦慄すべき出来事を描いた作品です
登場人物は少女だけですが台詞もあり(殆どの場面が水中なので極めて少ないが)
音楽と効果音で海底で遭遇するおぞましい出来事が目の前で展開します

さてこの作品の肝心な点は少女が 「全裸」 であるということですよ

美しい少女が生まれたままの姿で水中を泳ぎまわる映像…

なんか昔 劇場映画の「無人島モノ」にそんな場面があったような気がします 透明な水中で躍動する肢体の美しさよ…これだけでも十分素晴らしいのですが この作品はもうひとつの強力な要素「触手」があるのです
そう…彼女を襲う海底の魔物は「触手さん」なのです

「触手マニア」なら ここまで読めば「水中触」が必見作品であることは御理解戴けたでしょう 2500枚以上の原画・動画を費やして製作された同人アニメ
とりあえず サンプル版 を試してみることをお薦めしますよ

■追記■パッケージの動作環境には「2000・XP」とありますが当方の「98SE」でも問題無く視聴できました
同人ソフトでも「98SE」は不可が多くなり悲しんでいましたが 単に製作元に古いOS環境が無いため検証できない場合もあることを知りましたよ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■「WHF有明16」は暑過ぎでした■
2007-05-06-Sun  CATEGORY: イベント

「今年の運勢はこのクジで決まった」

ワンフェスの次ぐガレージキットの祭典「ワールドホビーフェスティバル」が有明の東京ビックサイトにて開催されました チビッ子をひとつ買いたくて行ってきました

070506a
「WHF有明16」
5月5日(祝)東京ビックサイト西4ホール
11時~16時30分

2月のワンフェスで大きな話題になった「リキッドストーン」「ヴィータ」
070506b
難易度の高い品物ですが是非とも入手したいのでトライしてきましたが

なんとかクジだけは入手できましたが安心できませんよ 購入希望者の人数が満員になるまでその場で待機になりました 開場から15~20分くらいかかりましたが希望者の人数も数え終わりクジの配布です 不正防止のためかスタッフさんが一人一人に1枚ずつ配る念の入れようです
並んでいる全ての希望者に配布が終わるとスタッフさんの掛け声で一斉に開封

結果
070506c
「ハズレ」

まあ運がありませんでしたよ…それでもクジの配布も受けられなかった人がいたわけですから潔く諦めましょう…

………

…ううん…別に平気よピチカート…
クジぐらいのことで…この編集長はへこたれないわ…クジぐらいで…(´;ω;`)


気を取りなおして会場を散策しますよ
話題のディーラーでも「ミリメトールモデリング」 「むげん@WORKS」 「希有馬屋
CerberusProject」 「リキッドストーン」その他にも中小の実力や個性に注目が集まる作家が集いました

070506d
「Little pink summer」の二見さん(キミキス)
前回のWFで一躍注目されたキットでしたが今回は瞬殺状態に(画像はWFで撮影)

070506e
「ま・わ・る王国」の綾波レイ
塗装を含む完成品で展示されました 年齢相応の華奢で幼さの残る身体を見事に表現しています ちょっと機嫌が悪そうに見えるのが良いと思いますよ

070506f 070506g
「工房金竜」の「おすわりゆのさん」(ひだまりスケッチ)
あえて潰れ顔で立体化したところが憎いところです 当然早々に完売orz

070506h 070506i
「ペットショップ」のオリジナルメカ
乗員の少なそうな「陸上砲艦」が一押し 不整地に弱そうな形が素晴らしい

●本日の査収物●
070506j

「むげん@WORKS」さんの「フェイト」
10時半くらいに購入希望者の締め切りがあったと聞き(あとで間違いだと判明) 一旦は諦めてしまったのですが 行列先頭近くにいた知り合いが急に「俺の目的が来ない」とか言い出したのでお願いして買ってきてもらいました 10個しかなかったのによく間に合ったなあ 超感謝!!

070506k
知り合いのディーラーさんが撮影した「突撃の瞬間」
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■COMIC1 レポ■
2007-05-03-Thu  CATEGORY: イベント

「CCとカレンの乳イパーイ」

同人即売会「COMIC1(イチ)」が無事に開催されました いまさら感がただよっておりますが毎度のヌルいレポをお届けしますよ

070503a 070503aa 070503aaa
「COMIC1」
07年04月30日 東京ビックサイト 西3・4ホール
10:30~15:30

朝8時に知人と待ち合わせ 本日は自分と知人の2人だけなので気が楽ですが どれほど買えるか難しい心境です
070503b
一般入場列の最後尾

本日の個人的なお目当ては「プリキュア5」関係と「ローゼン」関係…それと…
とにかく変な本を(笑)
しかし自分にも珍しく任務がありまして そのため開場後には先ず「UROBOROS」「bolze」へ突入する羽目に…

幸いなことに「ウロボ」が10分程で買えたので直ぐに「bolze」列へ移動
しかしTVカメラマンらしい不審人物集団に列に並んでいるところを映されるorz
なんの罰ゲームですか…朝早くから…

「bolze」は1セット1000円でお1人3セットまでという大変に簡単な会計のはずですがイマイチ進みが遅い感じ きっと開始直後から万札を出す非常識な輩がたくさん居たに違いない!!
なんとか20分くらいで終えて館内に移動

070503c 070503d 070503e
ジャンル的には「コードギアス」「グレンラガン」が多かった印象です
コミケと違って気持ちに余裕があるせいか サークルの展示が夏冬より目に入ったので許可を戴いて写真を撮らせて頂きました

070503f 070503g
特に「JACK-POT」さんの水着がエロくて素敵です>こんなページでスミマセン
サークルの皆様 ありがとうございました

070503h
まいどお馴染みの「ゆかい絵本」による実況

070503i
スティックポスター
~一般商品よりイラストに魅力的な品物がある

070503j
面白いサークル名表示

開催前に流れていた 変な噂の不安も解消して存分に楽しめたイベントでしたよ 新刊の発行率も非常に高かったし なんといっても価格が全体的にリーズナブルで大手の本でも1冊500円以上の本を殆ど買わずに済みました

そしてなんと言っても嬉しかったのが
コレ↓
070503k
「いもむや本舗」さんの壁貼りポスター
サークルさんに掲示物をもらうのなんか10年ぶりくらいですよ
「あずま」さん ありがとうございました 大事にします
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。