アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■冬の同人読書週間⑥~FPstyle‐mini■
2008-01-25-Fri  CATEGORY: 書籍

「個別の11人 参上!!…なんてね」

080125a「個別の11人カード」FPstyle‐mini
今回は本でなく同人グッズの紹介です 編集長はコミケ等で頒布されている同人グッズが好きで色々なモノを買いますが久しぶりの大ヒットに感じたのが「FPstyle‐mini」さんの
名刺サイズカード
「個別の11人」マーク入りの物です
(参考→ 「個別の11人」wikipedia
見るものを震撼させる図案とは正にこれのことでしょう 実際にどう使うか悩みますが

こんな文面が良さそうです

080125c
受け取った人が顔面を蒼白にする様子が目に見えるようではありませんか…
恐ろしいぃぃぃい!!

「FPstyle‐mini」さんは「サークルさんがイベントなどで使えるPOPやシールなどを製作」しているようでHPを拝見すると他にも楽しそうなカードなどが沢山あります 「鋼錬」とか「ワンピ」とかが面白いなあ カードに文面を入れてくれる有料サービスがあれば「個別」カードを名刺にして持ち歩けるのだけど…

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■パソコン製作始末記■
2008-01-24-Thu  CATEGORY: 趣味とか

「CRYSISが マキシマム悪い」

未だにOSの「Windows 98SE」を使用していてもマルチメディア関係以外は殆ど不都合を感じていない編集長ですが 年末から正月にかけて新型PCを自作したわけです
080124t
それも…これも…みんな「CRYSIS」が悪い!!

あんな素晴らしく美しい画面で…あれほどの自由度の高さで…壊して殺して暴れまわる快感を体験してしまったら後戻りなんかはできるわけ無いじゃないですか!!
なんと罪深いゲームなのでしょう(罪深いのは自分の頭だという意見もあるが…)

●完成間近の新型機●
080124s
>ケースの寸法と構造の為に余裕の無い空間構成になっている
HDDは上のベイに装着したかったがネジ穴が合わなかったので断念

新型機のスペックは以下のようになっています

OS「XP HOME SP2」8000円(電気街某所にあるレンタルショーケース)
>これでもう大阪のS氏に「化石OS使い」とは言わせない!

CPU「AMD 64×2 BE2400」12054円USER'S SIDE
>消費電力45Wという優れもの 現在使用中のセレロン1.7Gよりも低い

ケース「HEC 7K09BK270」8480円+配送料990円ark
>年末に発売になったばかりの新型ケース 細かいことは下のほうに

HDD「HGST 7250GLA380(250G)」7380円(ark)
>これも消費電力が低い新型で嬉しい日立製

MB「ASUSTEK M2A-VM」9200円(ark)
>690チップセットの概ね最新型

VGA「玄人志向 GF-8600GT」9980円(石丸)
>正月開けのセールで突然安くなっていたために衝動買い 他店の半額近い安さ

メモリ「ノーブランド PC6400 1G×2枚」9980円(ark)
>07年の7月の価格なので(´・ω・`)ショボーン 同じ金額で今なら4枚買える(泣)

光学ドライブ「PIONEER DVR-212BKMP」5980円(ark)
>奥行き180ミリはケース内の狭さを考えると失敗

全体のうちarkでの買い物が多いのは あのお店で散々DEMO版を遊ばせてもらった罪滅ぼしデス

●その他の細かい物(ケーブルとか)3000円くらい
●GAME「CRYSIS日本語版」5880円(ark)

以下の2点は結局使わなかったパーツ
●VGA「GALAXY GF-7900GSLP」15000円くらい?
●HDD「HGST 7250GLA380(250G)」7959円(USER'S SIDE)

総額で10万円少し…orz 自作にしては無残な金額になった…

HDDとVGAが重複しているのとメモリの値段が昨年の後半に劇的に安くなったので悔いの残る出費になってしまいました

今回のパーツ選択で特筆すべきはケースの「HEC 7K09BK270」です

このケース ブックサイズでありながら前面に8センチファン(約2000回転)が搭載されているエアフローを考慮した今までに無い画期的な製品なのです 側面にファンを搭載したケースは今までも有りましたが前面に搭載したのは 自分の知る狭い範囲では初めての製品です(あくまでブックサイズ以下のケースに限る)側面と天板にも排熱用の穴が設けてあり「小さいケース」愛好者の編集長としてはスルーできない魅力がありました
PCパーツショップ「ark」のHPに「入荷待ち」の表示が掲載されてから店頭に入荷するまでの間…どれほど待ち遠しい気分だったか説明が難しいほどです

ようやく入荷したケースを見に行くと 概ねメーカーのページに記載されていた内容と同じで全体の造りもシッカリした製品に見えました ひとつだけ気になったのは前面パネルの外し方が分からなかった点です(後で大きな問題が判明する)

それでも細かい事を気にせずに代金を支払って配送を頼むと 必要な最後のパーツが揃ったこともあり幸せイッパイな気持ちで自宅に帰りました

翌日 自宅でケースを受け取り 分解してみると大きな問題が2つある事が判明した

一つ目は「ケースの前面パネル」が外れないこと

~これは側面と前面の上下にツメが付いていて これらを同時に緩めないと外れないのだけど「びくともしない」状態に30分ほど悪戦苦闘する 最終的に販売会社のサポートに電話して外し方を教えてもらったのだけど添付されていたケースの分解図面に前面パネルイラストが描かれていなかった為に問題が複雑化したのですよね 図面に描かれていなかった為に「ツメ」が6枚もあるのに気が付かなかったのと前面上下のツメがメーカーの説明より硬くはまっていたために泣く羽目になった

二つ目は「3・5インチと5インチベイが固定されていて外れない」構造

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)


~これは正直参った…店頭で前面パネルを外せなかったので確認できなかったことが激しく悔やまれる…というか…
省スペースのケースでこれが外せないなんて正気か?
メーカーは勘違いしている気がするが ブックサイズのケースユーザーだってエアフローに注意を払って自作するのですよね むしろケースが小さいとか狭い為にフルタワーのような大型ケースを使うユーザーよりもコードの纏め方やレイアウトに苦労するのに「外せない」なんて…
間違いなく メーカーの設計者やGOサインを出した責任者は「絶対このケースで自作しない」よな!! 販売会社の人の説明では「コストダウン」と「安定性」の為(振動などでの共鳴などを少なくする)らしいのだけど
そもそも一番重要な組み立てやすさを犠牲にするか?
080124xx
おかげで長すぎるLEDケーブルやスイッチケーブルなんかを結線して隅に収めるようなキチンとしたまとめ方が出来なかったので悲しい

と言うわけで「HEC」のスリム型ケースの購入を検討している人は注意するように

●キツキツのドライブ後部付近●
080124y 080124z
あと販売会社「コンピューケース・ジャパン」のサポートの人は親切で大変に感じが良かったことは言っておく その節はお世話になりました 感謝しております

~完成した自作機2号は現在「クライシス」の為だけに稼働しております
「BIOSHOCK」や「CALL OF DUTY4」とか「レイルロード」に「TIME SHIFT」などの魅力的なゲームが沢山ありますので楽しみです…しかし今はエイリアン+北朝鮮軍と全力で闘う忙しい日々を送っております

合言葉は「マキシマム」!!

しかしI氏までハマるとは予想外の結果だ 既に3周目だもんな…
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間⑤~ふたつ星倶楽部■
2008-01-23-Wed  CATEGORY: 書籍

「600万ドルの女教師」

080123a「THE BIONIC TEACHER Jemmy」
ふたつ星倶楽部
アメリカのTVドラマ「600万ドルの男」の人気を引き継いで女性を主人公にしたサイボーグシリーズの「バイオニック・ジェミー」(以後BJと省略)の主人公ジェミー・ソマーズがOSIから休養を認められて日本に女教師として赴任する…というのが
「ふたつ星倶楽部」の主筆「さつき仁」さんの描くオリジナルシリーズの基本設定です
OSIの任務遂行において数々の難事件を解決しつつも 苦悩や葛藤に苛まれた結果 ジェミーは任務遂行に支障有りと判断されて特殊任務から外されます そんな彼女を気遣って上司のゴールドマンは日本への休養を兼ねた「女教師」としての赴任を勧めます…こうして日本の地を踏んだ彼女は ある街の小学校で教師として暮らし始めるのです 子供たちと過ごす日々の中での彼女は バイオニックでもOSIの特殊工作員でもありません 一人の年上の女性として子供たちと交わりながら過去の闘いの日々で負った心の傷を癒しはじめたのですが…休息の時間は残り少なくなっていたのです

080123b二次創作の範囲を超えて 「バイオニック・ジェミー外伝」と言える内容になりつつある「THE BIONIC TEACHER Jemmy」は2007年の夏発行の4号が最新刊です 彼女の前に敵の姿が見え始めたところで物語は続く形になっています この先 彼女がどのような敵と遭遇するのか…敵の目的はなんなのか…ゴールドマンの思惑は…そしてスティーブの登場はあるのか? 期待に胸が高鳴ります

それにしても「さつき仁」さんの描くジェミーはキュートです 時々嬉しいサービスカットがあるからまた堪りません 自立しつつも幼さを残した表情で子供たちと過ごす彼女を そっと見守りたい編集長でしたよ

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
■冬の同人読書週間④~貧血エレベーター■
2008-01-19-Sat  CATEGORY: 書籍

「真紅の闘いを目に焼き付けろ」

080119a「冬の宮殿」貧血エレベーター
ウエダハジメさんの本に関して感想めいたことを書くのは自殺行為というか無謀な気がしますので文芸評論っぽい文章は書きません&書けません では何故今回の新刊を取り上げる気になったのかと言うと…「ローゼン」のためです 個人的な嗜好としては「ディアナ様」のヌードがポイント高いのですが…10ページから12ページにかけて展開する「ローゼンメイデン」の真紅を主人公にしたBATTLE漫画?が激しくツボに入ったので書きたくなったのです
簡単に展開を説明すると…桜田家にやってきた水銀燈を迎撃するために真紅は「ボトムズ」のAT装備を身につけて可変バイク(ガーランド?)にまたがった水銀燈と対峙する 闘いは桜田家を炎上させ…ジュンはノリをやっとのことで外に連れ出すと燃え落ちる我が家を呆然と眺める その姿を遠くから眺めるドール達 真紅はジュンに最後の言葉をかける
「こもるだけで 何ができると」
「教えてやったぞ 家を出たオマエのこれからが実人生なのだと」
そしてドール達は去ってゆく・・・

前半の描写は置いといて…最後のくだりは味わい深いものがあります 最も途中で風呂に入っているノリに真紅が「色気担当」の見せ場の作り方を指導したり 相変わらずお腹の部品が欠けている水銀燈がジュンの模型パーツの中から「ダイラガー」のパーツを差し出されて感心したりと なにげに気の抜けないギャグが詰めこまれています クロゼットに隠していたフィギュアを発見した真紅がジュンを厳しく指導するシーンや そのフィギュアが体の各部パーツ毎に細かく整理されているあたりに「病」の気配を汲取って
「消毒!!」 と焼き尽くす姿に心が熱くなるのを止められませんよ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間③~和尚のアトリエ■
2008-01-15-Tue  CATEGORY: 書籍

「皆様お待ちかねの初音ミクで御座います」

080115a「屈強な初音ミク」和尚のアトリエ
「読書会」で出会った最凶同人誌「屈強」シリーズの最新刊がコレだ! 「水星工房」さんの手になるミニ絵本も良いのですが 今回の「ミク」本はミクの 煮えたぎる闘志がミニ絵本に収まらなかった為 A5サイズのコピー誌となって登場したのです(嘘)

ミクの歌声はパワフルです その威力は山を噴火させて 海を二つに割ります
世界に敵などいない…と思われたミクの前に 戦慄すべき強敵…リンが現れました 宇宙を震撼させるふたりの闘いが…いま始まったのです

…決定的に間違った感のある内容ですが今回の冬コミで1冊も買った「初音ミク」本の中では最高の傑作と言っても差し支えないでしょう 「和尚のアトリエ」の作家 藤沢さんは思いつきで作ったような本でもシッカリとオチをつけてくれるので感心します 個人的な好奇心では「とらのあな」「メロンブックス」の委託コーナーにこの本をコッソリ置いといて 客の反応を見てみたいものです

凡百の「初音ミク」が何億人束になってかかってきても 「屈強な初音ミク」には敵わないでしょう なんといっても「イデオン」に匹敵するパワーを秘めたボーカロイドなのですから
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間②~nixious Planet■
2008-01-13-Sun  CATEGORY: 書籍

「クロイツェル伍長の18禁本…」

080113a「英雄娘」nixious Planet
「ありえないネタ」に遭遇してしまった時には とにかく人に話したくなるものですね この本「英雄娘」もそんな1冊です
日本が誇る大河SF小説「銀河英雄伝説」 現在も女性を中心にして少なくないサークルや作家が活動しております 自分の勉強不足だと思いますが…いままでこの「銀英」ジャンルで「ヤン+フレデリカ」以外のノーマルカップリングの本を見たことがありません 「ウオルフ+奥さん」とかならありそうですが ギャグの本か腐女子向けの「野郎カプ」ばかりだと思っていました それでも女性向ジャンルでは未だ可能性がありますが男性向けのジャンルにおいて「銀英」は信じられないくらい同人誌がありません 筆者の編集長が20年を超える同人人生で初めて見た「銀英」18禁本が…この「英雄娘」でした 内容は前線に出る前…上等兵時代の「カーテローゼ・フォン・クロイツェル」が駐屯地の兵達に陵辱される姿を描いた 情容赦の無いエロ本です

内容は3ページ目からいきなりエロ展開で奥付のページまで妥協の無い陵辱描写が続いていますから詳しく説明無用ですが エロ本として普通に実用的な本です

しかし…貴重なモノが見られたことに感謝しますよ ちなみにこちらのサークルでは以前に「ARIAL」のエロ同人誌を出していたところなので納得しました
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間①~てれまんプロ■
2008-01-12-Sat  CATEGORY: 書籍

「ヒーローに残酷な死を」

080112a「てれまん王SPIRITS 2号」
てれまんプロジェクト
恒例の個人応援団の時間です(笑) 「サンダーマスク」と言えば昭和の特撮ヒーローの中でも存在感が希薄であります 先ず実際に見ていた人が思ったほど多くない点(周囲の同年代男性に訊ねても見ていた人が殆どいない)かくゆう自分も初回放送の一部を見ていただけで再放送なども全く見た記憶がありません そんなわけで今回の新刊を読んで主題歌に登場する「宇宙の魔王デカンダ」が実は下っ端で「大魔王べムキング」などが居たことを知り驚きました…だって「サンダーマスク」はとにかく観る機会に恵まれない作品でレンタルSHOPに置いてあるのなんか一度も見たことないしYAHOOのオークションで試しに検索してみたのですが映像としての「サンダーマスク」は1つもHITしません そんなわけで「てれまんプロ」さんのコミックシリーズは大変に貴重な存在であると言えます そんな「サンダーマスク」のエピソードの中からAB-ONSENさんが選んだのは「第12話 残酷!サンダーマスク死刑です」

ネタ好きな人が「サンダーマスク」について語る時 好んで選ぶのは「シンナーマン」のエピソードが多いので自分も最初に「てれまん」の新刊を見たときには「シンナーマン」本だと思いました しかしAB-ONSENさんは選んだのは「死刑」のエピソードでした
「シンナーマン」の話は物語的にシリーズに貢献する重要な部分があるとは言えない内容で「封印」だけが取り上げられている感じがあります それとは違って「死刑」のエピソードでは11話までサンダーを苦しめていた?デカンダが流星鉄仮面に座を奪われる点や主人公の妹が登場する(敵が化けていたのだけど)点とサンダー星人を狂わせる電磁波装置を取り上げるなど重要なポイントが多く登場するエピソードなのですね

続く13話のサンダーの復活をAB-ONSENさんが描くのかは興味深いところですが一人のファンとしては静かに待ちたいと思います

さてもう1冊の本は「スペクトルマン」の本です

080112b「てれまん王BLOOD 6号」
こちらは全米を震撼させた問題作「ダストマン」を登場させた「第11話 巨大怪獣ダストマン出現!」のコミカライズです ダンプカーの運転手がゴリによって改造されてゴミを食べて巨大化する怪獣「ダストマン」に生まれ変わるエピソードをAB-ONSENさんがいつもの丁寧な筆致で描いています
高度成長期の日本 全国が公害問題で揺れていた時代に登場した異色のヒーロー「スペクトルマン」彼が戦った怪獣達は社会が産み出した多くの問題をTVから子供達に知らしめました ゴミを食べないと生きられない「ダストマン」しかし食べれば食べるほどに体は大きくなり狂暴化してゆく様は悲惨そのものです あまつさえ自分の息子に正体を知られてしまっているのに意思に反して化け物として行動する「ダストマン」をスペクトルマンは倒さなければなりません 「俺は人間なんだ!!」人間としての自我を取り戻したダストマンにスペクトルマンはどのように立ち向かうのか?

…毎度のことでスミマセンがこのエピソードも最後にTVで見たのは30年以上前なので結末が思い出せません 「続きを超!読みたい」とだけ言わせていただきますよ

ヤバイ!ベーコン!ヤバイ
080112c
正月に実家から貰ってきたお歳暮の残りのベーコン 普段馴染んでいるベーコンと言えば喫茶店のトーストに添えられたポテチみたいな薄いヤツです ところが昨年 ある店のランチで食べたパスタに厚切りのベーコンが入っていて・・・それがじつに美味かったのですね それを思い出して このベーコンを厚さ1センチくらいに切って焼いてみました…

信じられない美味さです!!
いままでベーコンと信じてきた物体は何だったのでしょうか?これを毎朝食べたら確実に1か月で体重が5キロは増えそうですが病み付きになるそうな美味さでした

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■01月06日 本日のフリマ~明治公園■
2008-01-08-Tue  CATEGORY: お買い物

「初フリマはお宝いっぱいで」

080106a
主催団体「ワールドリサイクル市民の会」出店率 90%くらい
飲食屋台「クレープ」「ケバブ」の2店

2008年度の最初のフリマは恒例の明治公園に行きました 予想外に充実した内容だったので久しぶりに沢山買い物をしましたよ

●本日の会場の様子●
080106b 080106c 080106d
画像左から
●「ケバブ屋さん」「クレープ屋さん」「角角角…」
>獣のツノのインパクトが…

080106e 080106f 080106g
●「スーツ上下100円」「ゴールデンエイジの広告」「本日の1等賞」
>男性用スーツ上下で100円はありえない…

080106h 080106i 080106j
●「木製のレジmade in USA」「美人画」「イス」
>使い方がよく分からない木製のレジスターが欲しかった(2万円)

正月開けのフリマはお歳暮の残りや福袋の余り物などが沢山出るのでフリマ好きとしては外せない機会なのですね 天気も良く来場者も多く見えました

●本日のお買い物●
080106k
画像上から
「謎の円盤」2000円
>正体は下に
「2008年度 マツダのカレンダー」100円
>今年は100均ショップに手頃なカレンダーが無かったので
「ポストイット」1個50円×4
>消耗品の補充
「色鉛筆セット」100円
>絵手紙を描くために
「怪獣美術 成田亨 回顧展図録」2000円
>昨年あちこちの美術館で巡回展示をしていたが買いに行けなかったので
「ニットの手袋」300円
>まだまだ寒いから
080106l
「旧バンダイ印のプラモ 零戦」6000円
>衝動買い…小松崎茂のパッケージでバーコードもない時代の空気が良い
080106m
「マジカルエミ ボードゲーム」500円
>衝動買い2…つぶしの効かない物を…

●本日のビックリ大賞●
080106p
画像は盤面の両面で大きさはドーナツ板よりひとまわり大きい
…それでこれが何かと言うと…鍋敷なのです
1960年代あたりに配布されたもので厚紙にコーティングした耐熱仕様のモノです
片面はダーツを写した写真で反対側は綺麗なお姉さんのHな写真…60年代から70年代には販促物でも様々な品物が世に出まわりました 自分も骨董市やフリマでずいぶん変なものを沢山見てきましたが…このような物は初めてです 解体屋から古物を買い取る業者が売っていたもので他にも図案の違う物が5~6種類ありました 全部欲しかったのですが予算不足で泣く泣く1枚選んできたわけです こんな物が見つかるからフリマは止められませんよ!


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■福袋…最後の希望はドコだ?■
2008-01-04-Fri  CATEGORY: お買い物

「答は雑居ビルの4階にありました」

今年の正月の福袋作戦にことごとく敗れた編集長
「コトブキヤ」「ウエーブBJ」「海洋堂」「宇宙船」「ヨドバシ」「ミスタードーナッツ」「ソフマップ」「TWO-TOP」「ark」「高速電脳」…etc
全て買えなかった敗残者が最後の希望として向かったのは雑居ビルの4階にある…
「風香」の時にもお世話になった「かしばこ商店AKIBA本店」です

階段を上がって4回までたどり着いた時に入り口の横に見えた袋の塊こそ… 「福袋」
これで最後の勝負に興じることができます!!正にアキバ最後の穴場!!
価格も3000円・5000円・10000円と3種類あります ここで躊躇して安く済ましたのでは男とは言えません!ハートマン軍曹にオカマ野郎と罵られても文句が言えないので10000円の袋を購入しました

●自宅に鎮座した10000円福袋様●
080104a 080104b
>恒例の騎士王様は大きさの比較の為です ただでさえ大きい袋をガムテープで二つ組み合わせた強引な梱包にしびれます

中身は以下のようでした
080104c
●「MAX-FACTORY」ハルヒの長門有希
●「コナミ」武装神姫アーシヴァル
●「アガツマ」マイメロの夢野歌
●「グッドスマイルカンパニー」スクールランブルの沢近愛理
●「海洋堂」リボルテックよつば
●「海洋堂」リボルテックダンボー
●「WAVE」一騎当千の孫策

●「バンプレスト」苺ましまろのアナ
●「ユージン」ARIAのアリス
●「ケロロ軍曹」クリアファイル1枚
●「ケロロ軍曹」ゴシゴシマスコット
●「ガシャ」ハルヒのキョン

基本的に手元にあるものが一つも無いのが嬉しい ケロロの2つとガシャを除くと気分的には全てアリの大福袋でしたよ!特に嬉しいのが「長門」と「孫策」「沢近」も好きなキャラなので嬉しいところです 海洋堂のよつばとダンボーも未購入だったのでありがたい
昨年の正月の「ヤマギワ」には今一つ及ばないものの 得した気分になれました
「かしばこ商店AKIBA本店」は基本的にレンタルショーケースなので玩具マニアも「福袋」の視点では見逃していたように感じましたが密かに期待していただけに大満足です これなら残りの3000円と5000円も一つずつ買いに行ってもイイかもしれません

今年の福袋に今一つ満足できなかった人は ビルの4階まで上がってみることをお薦めします 運試しのラストチャンスかもしれませんよ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■コミックマーケット73終了■
2008-01-03-Thu  CATEGORY: イベント

「恒例の反省会デス」

080103a
(画像は「ステファノアンナ」のクリスマスケーキ)
年末の冬コミに全日程参加しましたが恒例の独り反省会を催したいと思います

当日の行動に関して振りかえると

●29日=AM8時に友人と待ち合わせ入場>ガレリアにて簡単な担当の振り分けをした後…各々東ホールの1~3と4~6に分かれて行動開始
初動は4ホールの「SWS」購入後直ぐに反対側のホールに移動して「突撃ウルフ」>「塩こんぶ」と続いた後にジャンルの掃討作戦開始…「EVA」「らきすた」「プリキュア5」「セーラームーン」「ミリタリー」「舞-HiME」「ペルソナ3」を島毎にチェック…書店委託の無さそうなサークルを重点的に購入・・・東ホールを離れて西ホールへ移動…「特撮(除く腐女子向け)」をチェックした後に企業ブースへ…テレカ類をいくつか購入し予定終了

●29日の雑感
~壁サークルやシャッター前を殆ど捨てたので自分は長時間の拘束を体験しないで済んだが同行の友人が大手サークルの一つに捕まって1時間以上の並びを余儀無くされたのが申し訳ない感じ…ホールの中に出店していた「仏蘭西パンのホットドック(500円)」が激しく美味そうだったが500円は…ちなみにトラックヤードに出店していた店の豚汁(300円)は量もあり暖かく美味しかった…しかし食料品を扱う店の店員がペンキ屋みたいな服装をしているのはどうかと思う

●29日の反省点
①国際展示場駅では先頭車両から2両目の前から3番目のドアから降りること
②切符の現金精算が一番早く改札を出られる(Suikaを持たない為)
③カタログに付いてくるMAPを1枚で2日間使いまわすのは止めよう
④歩く時間が長いので底の薄い靴は止めて頑丈な靴を履いて行こう

●30日=AM8時に友人と待ち合わせ入場>ガレリアにて簡単な担当の振り分けをした後…各々東ホールの1~3と4~6に分かれて行動開始
初動は「ローゼン」系で…その後「攻殻」「皇国」「モーニング」「絶対チルドレン」「よつばと」「ネギま」「絶望先生」等のジャンル総当り 残念ながら女子向けの本が多すぎて(配置からすれば当然だが) ほとんど買えずに終わる…友人と一緒に西ホールへ移動 「バリクバパン」のジョブス×ゲイツ本の新刊を購入「えげつないやん家」は新刊無し「chickinzombies」は鋼錬の新刊有りで購入…その後「少女創作系」を一通り眺めて休憩 西ホールの裏側トラックヤードは海からの風がきつくて寒い 漫レポを読んでいて不思議に思っていた「寒い」が実感として理解できた 企業ブースへ上がり初日にゆっくり見られなかった場内を端から順番に見ていく 人が多く歩くだけで体力が往年のアメ車のような勢いで減ってゆくのを感じる…年寄りはお呼びじゃないようです 滞空時間は短かったけど疲れが出たのでワシントンに宿泊している友人の部屋まで避難 これで2日目は終了

●30日の雑感
~「攻殻百貨店」は攻殻の本でない場合 今後はスルーすべし…「よつばと!」ジャンルは「とーちゃん×ジャンボ」とかがメインらしいorz…「モーニング」ジャンルに配置されたサークルで「もやしもん」のグッズの人気が半端でなく凄かった あれは準備会も予想していなかったと思う…「ワンピース」で「たしぎ」本を作るサークルが見つからなくなった…良く探せば有ると思うのだが状況がそれを許さないなあ 初日も2日目も夜半に雨が降ったおかげで朝の冷え込みが緩く楽だった

●30日の反省点
①打ち上げの店は大崎に適当な店が見つかれば理想的

●31日=AM8時に友人と待ち合わせ入場>東ホールで友人たちと簡単な割り振りをして最終的な担当を決定する フットワークの軽さが武器 共同購入も人数が少ない点を逆にメリットと考える 知り合いの共同購入グループで50人近い大人数には多くの点で敵わないけど数や巡回ルートを当日ギリギリまで変更可能なことが精神的に楽だ
さて自分は東2ホールの「あきまん」からスタート 中央通路にまとまった人数が遊弋したため直前の列固定で割りを食い30番くらいに…「一般入場開始後」…何故か準備会スタッフとサークル関係者らしき人物が打ち合わせをしている!!実質的な時間の経過は1分くらいだったが「最初の30分」の重要性は他のものに換え難いので激しくイラつく
…販売が開始されても前方の人が軒並み10冊とか20冊とか買うので進みが遅く悲しくなる ようやく買い終わって2番目サークルに到着した時には25分ほどが経過していた
自分も友人も基本的には壁サークルやシャッター前は捨てているので島中をどれだけ早く動けるかが肝心なので痛かった
その後予定のサークルを順番に消化する 東4ホールに移動したときに完全に諦めていた「70年式」の列の長さを確認しに行くと予想より短く小刻みに動いているので思いきって並んでみる ありがたいことに15分程度で新刊を購入できた 夏コミの時に凄まじい列の長さに驚いて今後5年くらいは買えないと思っていただけに嬉しい 要はタイミングなのだろう
実は31日の西ホールに配置された「東方」系サークルで死ぬほど欲しい本が1冊あったのだけど 今日ばかりは東ホールから離れられない身が辛い 評論ジャンルも西に行ってしまったのが悲しい 「東方」と「評論」だけは東ホールに配置してくださいと漫画の神様にお頼みします
午後に入っても5分ほどの休憩を除いて歩きつづける 一つでも多くの島を見て回る為に動き続けなければならない しかしこの時間になると「買えない病」が発症してくる

「買えない病」>イベントなどに行って物欲は溢れているのに肝心の品物に財布を開けなくなる心の病。特に最終日の午後に多発する。一部の医療関係者は荷物の重みや人の多さに疲れて神経系に一時的な異常が発症することが原因と主張している(引用=「家庭でできるヲタの治療」民明書房)

この病はかなり深刻で 本人は財布にお金を残すつもりは全く無くて 紙袋がいっぱいになったときの為にクロークにキャスター付きのトランクを預けてあるくらい買う気満々なのに荷物が全然増えないという悲惨な事態になる ここ数年の悩みであったのだけど今回も発症してしまった…頑張って15時半くらいまで会場をさまよったけど14時以降はほとんど本が買えなかった これが気力と体力の限界というヤツなのかしら…

結局 16時の閉会時間にはガレリアのカレー屋で友人と拍手をした…

●31日の雑感
~最終日とあって体調も気合も充分だったが存分に買えたとは言いがたい 思い残しも多く悔やまれる 最大の失態は「ねりま村」の列形成を直ぐ近くで見ていたのに並ばなかったことだ!!モバイル機器を携帯していれば事態を直ちに把握して並べたかもしれないと思うと…アナログ生活を返上したくなる今日この頃…話は変わるが「極上レジスタンス」の新刊の数と売り切れの早さは異常だ 「ABC」も次回の開催が未定?なのに「"こまたん"の新作が読みたい」この衝動を何にぶつければ良いのか…「評論系」も丸ごと逃したのが痛い まめに見て周れば面白い本が山のようにあるジャンルだけに西館配置は悲しいです 今年の夏はどのような配置になるのか心配です ビックサイトが臨時開設しているクロークは便利だが会場の中央だけではなく東ホールの端(海側)と西ホールの1階にも設けてくれれば至極便利になって良い 荷物に買い物を納める為だけに東ホールを離れるのは時間的に難しいので

●31日の反省点
①最終日の非常食はもうすこしボリュームのあるものを探した方が良いだろう スニッカーズとカロリーメイトでは無駄なエネルギーだけが蓄積されて体がもたない
②「B○A」すみれ本を買いに行くのはもう止めよう 何故に毎回あれほど不機嫌そうなのか理解できない 応対がそれほど嫌なのか?
「おまけを全部欲しい」とかの理由で同じ本を9冊も買うのは止めましょう
④携帯電話やボールペンは紐付きで首からぶら下げるのが便利だと思うのだが あの人ごみでは千切れて無くしそうなので怖い なにか代案を考えておこう
⑤財布から不要なものを全て出しておくのは良いがメモ用紙くらい持ってろ>俺…何故か忘れて面倒だった
⑥「とらのあな」紙袋はもう少し多めに用意しよう 本を小分けに収納するのに便利だ
⑦スケブも増やさなくちゃなあ…

●今回の優れもの●
080103b
画像だけ見るとなんだか分かりにくいと思うが 下側の金属の部分にペットボトルの首の部分をはさんでベルトに引っ掛けるホルダーです 扱いは簡単で邪魔にならない 価格は100円と安い(秋葉原の「あきばおー」にて購入) ベルトの部分が既によれているが万が一ベルトが切れても他のもので代用できるので問題無し お勧めです
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■新年は福袋から始まります■
2008-01-02-Wed  CATEGORY: お買い物

「ジャンクショップの福袋という時点で…」

あけましておめでとうございます
冬コミの5日目に当る今日 アキバに街の様子を見に行きました

080102a 080102b
とらのあな開店5分前
冬コミ新刊の大量入荷とトレカプレゼントもあって1号店の開店待ちが列を作っています ちなみに本店の開店待ちの人は殆どいない様でした
自分も冬コミ新刊の入荷状況と中古価格の確認のために6階から3階までを見てきました 苦労して買った…と思っていた「TABLET」のカレンダーが沢山売っていてガッカリしたり「マキノ事務所」の新刊の表紙が相変わらずエロいのに感心したりしつつ委託フロアに移動 5階で「ダイオキシン」の新刊(150円)を購入した後4階に降ります そちらではレジ待ちの人数がかなり多かったので挫けて出直す事に
080102d 080102c
あちこちに福袋が
「むだ屋」の店頭にも福袋発見 ここの福袋こそ本当の「無駄」な浪費でしょう…「Faith」本店にあった「ロシアン袋」店員が何を入れたのか思い出せないという極めて無責任な袋…価格6000円は恐ろしくて出しにくいが勇者が必ずいるので報告を待ちましょう
080102e
クレバリー特製「不幸袋」を買い求める勇者の群
この店の正月名物「不幸袋」は名前の示すように買った人が「不幸になる」ロクでも無い商品ですが大変な人気…これがアキバクオリティ!!

さて本日のメインイベント「パレットタウン」福袋の登場です
080102f 080102g
「パレットタウン」と聞いて店が直ぐに思い出せる人になら説明不要ですが…この店の商品構成で「福」は1%もありえません(断言) 正にネタ以外のどんな理由でも買うのが不可能なシロモノです しかし店は売る気満々で値段も3種類用意されています 1000円・1200円・3000円の3種類です じつは今日はHOBBY系の福袋を探しに来たのですが昨日に殆どが売り切れたらしく影も形も見られません…その悔しさから特攻してしまいました

080102z
●「パレットタウン」福袋(1200円)の中身
①PCソフト「XP-turboⅡ」
>XPの快適化ソフトだがフリーソフトでこれ以上のカスタマイズができるはず
②PCソフト「ウーリーズフレンズコレクション」
>デスクトップマスコット…女と子供向けのゴミソフト
③WEBカメラ「IPCV054A」(東芝dynabook用)
>30万画素…
④記録メディア「SPARQ1.0」
>DVD-Rが一般的になる前の製品だと思うが記録容量が1Gと半端…しかも専用のドライブが無ければ使いようが無い・・・まだ未使用FDDの方がマシだった
⑤詳細不明のカード「HDD KEEPER」
>HDDのクラッシュを防ぐ為のものか?初めて見たのでなんだか分からない
⑥USBマウス「DELL」の付属品
>価値的には100円くらいの物だ…
⑦USBメディアリーダー
>GREENHOUSEの製品だが以前同じ物を使ったことがある…直ぐに壊れたが
⑧i-Pod用のカバー?
>そもそもi-Podを使っていないのでゴミ
⑨「遊戯王」下敷き
>何故?
⑩子供用のお面3枚
>「ポケモン」「ライダー」そして「ダグオン」…もう意味不明…

以上が「中」サイズ福袋の中身でした…orz

確かに予想とは違った…ジャンクケーブルとかが山のように入っていると思っていたから…しかし産業ゴミをお金を払って処分する為に買ったのが事実
本来…この被虐的欲求はアニメイトの福袋で味わうのが毎年の正月の慣わしなのだが今年は福袋の販売が無いというので浮気してしまった

2008年…終わったな…
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.