アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■はるみねーしょん でた■
2009-02-25-Wed  CATEGORY: 書籍

「祝 大沖さんの初単行本」

生存報告を兼ねて近況など。
090225a090225b090225c
「はるみねーしょん1巻」発売。東方ジャンルで、そのサークル人気の理由を第三者に説明するのが大変難しい「ダイオキシン」の作家、大沖さんの商業連載初単行本が発売になったので買ってきた。四コマ専門誌は読むと非常にストレスを感じるので殆ど読まないせいか「はるみねーしょん」も初見の作品が殆ど。「駄洒落」「勘違い」「無関心」が持ち味の大沖さんの魅力が詰まっているような気がする「ぬるま湯」のような作品です。しかし冬コミの「ダイオキシン」行列はまさに…「すげえ!!」って感じでした
最後に一言。カバーを外すのは止めておけ

COMIC ZINは良いお店。「こだわり」を前面に押し出しているだけあって、棚の陳列に興味がわく。大石まさる先生の「水惑星」シリーズが面出しで陳列されているのに好感。最近気に入っているオノ・ナツメ先生の単行本も一通り揃っていたし、森薫先生が推理小説のあとがきを手がけていたのは初めて知った。谷口ジロー先生の「シートン動物記」シリーズが揃っているのも素晴らしい
同人誌と同人ROM関係は少なめ。でもここでもこだわりが強烈に出ている部分がある。「てれまん」さんの同人誌をこれほど揃えている本屋は日本に他にないと思います
今日寄ったら、何故かガンスリ10巻の特装版があった。「ゼラチン」の発刊告知フライヤーもあった。これは本誌に掲載された作品のラフなどが載っているので微妙に貴重です

■青池保子先生の「アルカサル王城・外伝」を買ってきた。少女漫画界の大ベテラン青池先生によるスペイン歴史ロマン作品だが外伝の一部は雑誌に掲載されたのが10年以上前なので日の目を見ただけでも嬉しい。男性キャラの顔の描き方に個性がある人なので好き嫌いが分かれるらしいが、「アルカサル」は少女漫画のジャンルを踏み越えて高く評価されるべき、素晴らしく、面白い漫画ですよ

■久しぶりに車を動かす。錆びつきそうだったので。でもあまり遠くまで行くのも気が乗らないので奥多摩湖を見下ろす気の利いた場所にある温泉宿「馬頭館」を目標に出かけた。途中のブックオフなどに寄り道しつつ、昼過ぎに目的地に到着…しかし運悪く休業らしかった
090225d090225e
仕方ないので奥多摩駅前にある観光案内所で教えてもらった「もえぎの湯」で露天風呂を楽しんできた。平日の昼なので年寄りが何人かいるだけだったが、連休や週末になるとさぞかし混むだろうなあ
090225f090225g
小河内ダムの近くにある郵便局。こーゆーのを見るにつけて郵政の民営化で「郵便配達事業」だけは別にしておくべきだったと切実に思う
奥多摩で買ってきた2年熟成味噌でみそ汁を作ってみたら、これが実に美味しい。野暮な一人暮らしながら地産地消を心がける編集長でした

●最近のニュース●
コンビニで凄いエログッズ売ってた
>もうやだ…この国…(泣)
クリエイターズカフェ・秋葉原製作所オープン
コンビニでは恥ずかしいコピーが出来る場所が!
マクロスF「ランカ・リー」HJ限定版発売
>ランカさんはやはりグリーンの髪でないと
サバイバルホラーFPS『ストーカー ~クリアスカイ~日本語版』 2月27日発売
>待っていました!次は「F.E.A.R2」を是非!
蛇口交換12万円/トイレ詰まり修理16万円 法外な費用請求 業者に停止命令
>このような不埒な業者の名前はメモに書いて台所に貼っておきましょう
いざというときに間違えて電話しないようにね
パチンコをやめろ
パチスロもだ。ただ…学生時代に遊んだ「ビックシューター」が懐かしくなる時がある
今は国の重大事だ
>なんでもかんでも欧米を見習えとは思わないが、昨年秋からの野党、特に民主党の発言は信じがたいくらい自己中心的で、ほんの一時でも期待した自分が情けない
炊飯器一つでカレーとご飯を同時調理
>ものすごく簡単だったのでメモ
ドバイで軌道エレベーター建設中?
TOPの画像を見ると他の物を建設しているようには見えない。作業員はパラシュート装着しているのかしら?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■コミティア87 開催■
2009-02-15-Sun  CATEGORY: イベント

「翌日でも華やかでした」

090215z今日は有明のビックサイトで開催された創作系同人即売会の「コミティア87」に出かけました
目的はサークルの売り子から1日遅れのチョコレートをもらうためです…チロルチョコばかりだけどな

…あれ…なんでだろう
………………目から汗が…


昨年秋のティアに比べて天気も良く、来場者も多かったように感じました。ご無沙汰していた方々にも挨拶が出来たので良かったです
購入した本はいつもに比べて多くなかったのですが、先週サンクリがあったばかりなので正直、財政が厳しい折でしたから仕方ありません。初見のサークルの本で面白そうな本も数冊は見つかりましたので、後日ゆっくりと読みたいと思います
「ボストーク通信社」速水さんの新刊は折り本。イラスト+タイトル+短い文章というスタイルはエドワード・ゴーリーの絵本を思い出させてくれます
炬燵で寝込む女の子は何故にイヤらしく見えるかと小1時間…
「トラツグミ」中村さんは長年お仕事をしている「ライアーソフト」の会報に執筆した原稿をまとめてくれました!これは嬉しい
「マタタビMIX」のCATさんの所に「惑星探訪MEMO」という冊子があったので思わず「いつのまに大気圏外に出たんだ?」と勘違いした。だって世界中のあらゆる国に出没している人ですよ?行き先が無くなってとうとう宇宙に…と早合点したのです(アホだ)…という事を御本人に言ったら「未だ準備中ですから」と言われた。準備中なのか…
冬コミで買いに行けなかった「バリクバパン」の新刊を買えたのが嬉しい。相変わらず凄い行動力の人だ。アルバカーキまで行ったのか…

帰りに友人のI波さんと大崎で遅い昼食。「オリーブの木」でパスタ。美味い。この店があるならイベントの帰りに食事をする場所でこれからは悩まなくて済むなあ

●アキバ最新当たり屋警報●
アキバ系の板を読んでいたら珍しい報告があったので
かなり胡散臭いが上げておく

364 名前:ロバくん ◆puL.ROBA.. 投稿日:2009/02/15(日) 21:08:20 pqJ6ezlq0
昨日19:00頃、ラジオ会館でナマカが当たり屋に遭った
そうなので報告しまつ!>(;・∀・)ノ

何か、コトブキヤのショーケースを見てたら
180㎝やせ型眼鏡ありの男に呼び止められて
「私の血が付いてしまってすいません」と
ナマカの手提げに付いた大量の血を拭き取りながら
「イエローサブマリンで手提げバッグが顔に当たり歯が折れた」
との事で「店に迷惑だから」と外に連れ出されたそうでつ!
終始丁寧語&カネの話は自分からしないが、
「どうするんですか?」、「警察に行きますよ!」みたいな事を言うので
「じゃあ、察に行きましょう!」と言ったら
「いや、私も急いでましので、とりあえず謝って下さい。」ってなったそうで
大量の血を見て気が動転して謝ったら
走ってJRの駅に消えたらすぃ!

補足説明しまつ!>(;・∀・)ノ

Q1:何で手提げバッグが顔に当たるの?
A1:ショーケースの前でしゃがんでたから!

Q2:何でイエローサブマリンでぶつかったのにその時に言わないの?
A2:痛くて、ずっと蹲(うずくま)っていたから!

だそうでつ!>|∀・) ジー
 

~大変に読みにくい文章ですが行変え以外は原文のまま
とりあえず大きな荷物を持っている人は狭い店内では注意しましょう
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間⑫~サークル名不明■
2009-02-13-Fri  CATEGORY: 書籍

「お狐様の簡単クッキング」

090213a「あぶりゃーげのつくりかた」
サンクリ42で購入した本です。どこで購入したのか分からなくなってしまったので情報を求める意味から掲載するのですが、内容も面白かったので一石二鳥と言えなくもありません
10ページのコピー誌で内容は「市販の木綿豆腐を材料に油揚げを作る方法」となっています。下記の画像のようなスタイルで描かれていて、表紙に作者の名前が「梅」と書かれています。これ以外にサークルの情報とおぼしき記述が全くないので困っております
お狐様と分身のちび狐たちが可愛いのです。堪りませぬ。なにかご存じの方はお知らせいただければありがたいです

090213b090213c
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
■冬の同人読書週間⑪~ゆかい絵本■
2009-02-12-Thu  CATEGORY: 書籍

「同人即売会実況2008年版」

090212a「2008」ゆかい絵本
その特異な(唯一無二の)参加スタイルでファンを増やしているサークル「ゆかい絵本」のサンクリ新刊が、2008年の即売会実況総集編「2008」です
このサークルをご存じない方のために説明しますと「ゆかい絵本」は作家の「すえ」さんの個人サークルです。「サンクリ42」のカタログ、184・185ページにインタビューが掲載されていますので興味のある方は読んでみて下さい
数年前から中小のイベントに参加して、会場の中でイベントの進行や周囲の状況を「イラスト+コメントの速描き」というスタイルを用いて分刻みで実況するという…いささか常軌を逸した離れ業を演じているのです。様々な漫画やアニメのキャラを描きつつ、コメントを交えて即売会の状況を描くという、正に真似の出来ない独特のスタイルは多くの熱心なファンを生み出しました
こうして昨年の実況がまとまると壮観です。未参加イベントや、参加予定の無かったイベントの状況や空気が断片的ながら読みとれるのでとても楽しめます

「2008」には以下のイベント実況が収録されています

●1月
「長門祭2」涼宮ハルヒの憂鬱・長門オンリー
●3月
「LastStage~10年目の奇跡」ホワイトアルバム・オンリー
「みみけっと18」耳キャラ・オンリー
●4月
「サムライHeart&解禁」
(同時開催の「バンブー」「絶チル」「マリみて」「シューティング」の横断実況)
「君は僕の輝ける星」ローゼン・蒼星石・オンリー
●5月
「都産祭2008」多ジャンル合同即売会
「ふたけっと4」ふたなり?オンリー
「博霊神社例大祭5」東方総合
●6月
「ぷにけっと17」ぷにキャラ・オンリー
「ComicCommunication12」?
●7月
「月の宴」東方・永夜抄系?・オンリー
●8月
「第47回日本SF大会」
「Operation831」?
●9月
「執事とらのあな3」ハヤテ・オンリー?
「長門祭3」涼宮ハルヒの憂鬱・長門オンリー
「わたしの十字架3」マリみて・オンリー
「レベルセブン」絶チル・オンリー
「みみけっと19」耳キャラ・オンリー
●10月
「サンクリ41」オールジャンル
「狼と収穫祭」狼と香辛料・オンリー
「ぷにけっと18」ぷにキャラ・オンリー
●11月
「東方紅楼夢」東方
「スキマフェスティバル3」小規模ジャンル合同
「リリカルマジカル5」なのはオンリー
「さくらFestival」CCさくら・オンリー
「まきまき8」ローゼン・オンリー
「ヒナギクの微笑む頃に」ハヤテ・オンリー
「来るべき狂乱」狂乱家族・オンリー


以上の28イベントです…こんなに参加していたのか…

個人的に楽しめたのは…
「例大祭」>参加したけど、あまりの混雑で周囲1メートルくらいの状況しか分からなかったから開場前の雰囲気や列形成の様子、スタッフの奮闘ぶりなどが興味深かった
「日本SF大会」>1度も参加したことが無い歴史の古いイベント。1泊2日の日程なので枚数も多く面白い。死ぬまでには1回くらい行っておくべきかな…でも排他的な雰囲気が濃いとも聞くので二の足を踏んでしまう
「11月のイベント全て」>サンクリとスキマ、まきまきは参加したけど他の4つは未参加なのでどれも興味深かった。狂乱は行くべきだったなあ…

とにかく月平均2回以上のイベント参加となると「釣りキチ」並です。今年もあちこちで実況を拝見することとなりそうです。そろそろ有志による実況支援のファンネルが出てくるかもしれませんね
未見の人は是非1度読んでみてちょ。価格も安いし、他のイベントの空気を感じられるのは楽しいものです
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間⑩~RIX■
2009-02-11-Wed  CATEGORY: 書籍

「絶対可憐な女達の饗宴」

090211a「Fallen angel」 RIX
椎名高志先生の「絶対可憐チルドレン」には主人公の3人以外に魅力的なキャラが沢山登場します。しかし18禁同人誌で描かれる場合、メインの3人か不二子がほとんどで他にキャラの本はあまり見た記憶がありません(いろいろと探しているのですが)
今回紹介するサークルRIXの「Fallen angel」は「明×初音」+「不二子×兵部」+「賢木×志穂」という盛り沢山なHが楽しめます。「明×初音」は高校生ver。「不二子×兵部」は戦中の若い頃。そして「賢木×志穂」は薫が転向した後の大人ver。なんだかどれも珍しい作品を見たような気がします。「チルドレン」本では冬コミの「bolze」の新刊も楽しめる1冊でしたが、傾向がロリだと気分的に痛々しくてどうも…という方にはお薦めの本です

●コメント返信>呉●
頑張った…というか、書き込み禁止に設定していた「IP」を全て削除しただけなのですね。今まではどれかが不幸にも合致していたらしいです。これからも冷やかしをよろしく
あと自分が言ってもギャグになるけど「ネタ」のための買い物はヤメレ。金の無駄だ
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■マクロス宝くじ 買ってみた■
2009-02-09-Mon  CATEGORY: イベント

「スタンプラリーの推奨コース」

7日の土曜日から始まった「マクロス・スタンプラリー」に参加してみた

先ず「アニメセンター」で1050円の(高い!)ポスターを買う
スタンプカードをくれる
それを持って加盟協賛店のうちの3カ所で買い物をする(金額は問わない)
それぞれの店で異なるイラストのスタンプを押してくれる
スタンプが3つ捺印されたら再度アニメセンターに行く
「ガラガラ」を回して当りが出たら>良かったね!


という仕組みです
販売されるポスターは1万枚とのこと
ポスターの売り上げで1000万円ですか…凄いですね(棒読み)

つまり1回の抽選をするために1050円+3回分の買い物代金がかかるわけです
そうなると3回分の買い物をできるだけ安く済ませたいのが人情というもの。ありがたいことに加盟協賛店の中にコンビニの「ファミリーマート」が2カ所入っています。これで2カ所は決定ですので残りの1カ所をどこにするかが思案のしどころですが「ヨドバシ」の中に入っている書店の「有隣堂」でコミックか文庫、雑誌でも買うのが良いでしょう。「イエローサブマリン」あたりに行って叩き売りのトレカか「神羅万象チョコ」とかを買うのも安上がりで良いかもしれません

自分の場合は「ファミマ」>「有隣堂」>「ファミマ」のコンボで済ませました
画像のスタンプの左上「ミリア」が「ファミマ秋葉原駅中央口前店」。右上「早瀬」が「有隣堂」。左下「マックス」が「ファミマ秋葉原富士ソフトビル店」となります
090209a090209b
ファミマで買った缶コーヒー、菓子、書店で買った文庫本

平日の午後にもかかわらず、アニメセンターでも、ファミマでも書店でも自分と同じようにスタンプを求める人と何人も出会いました。ポスターを3本、5本と持っている「よく訓練されたヲタ」もいましたよ。気合い入ってます。開催期間中はファミマで「チロルチョコ」がよく売れるかもしれません…

一部の人の「ヤル気」に先日のオークション結果が影響しているのかもしれませんね
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
■アキバで食べるお雑煮■
2009-02-06-Fri  CATEGORY: お買い物

「都心で消えつつある家庭の味」

090206z以前から気になっていたお店「繁栄堂」
ジャンク通りにある弁当屋さんで、昭和の雰囲気を色濃く残す店構えだ。以前から前を通りかかる度に入ってみる誘惑にかられたがなかなか機会がなかった。アキバで昼飯を食べるときには「小諸そば」「カレー弁当450円」「日替わり定食650円」のどれかになっていたのでジャンク通りを歩く時間には弁当を食べるほど腹が減っていないからだ

ところが先日前を通ったときに「お雑煮」「お汁粉」の張り紙があるのに気が付いた。編集長も正月には実家で雑煮を食べるのが習わしだが、よそのご家庭の雑煮を食べてみたい。しかもお値段が「250円」と手頃だ。ちなみに汁粉も250円らしい。そこで今日の午後に食べに行ってみた
090206b090206c
昼の忙しい時間を過ぎていたので客は自分一人。店のおばちゃんにお雑煮を頼むと、大きなマグカップにお茶を入れてくれた。餅は年末に店頭で臼を使ってついたらしい。5分ほどして大きめのお椀にたっぷり入った雑煮が運ばれてきた。醤油の薄味仕立で豆腐、ネギ、モヤシ、大根、餅が入っている。肉や魚介類が入った日本各地の雑煮に比べると地味な味わいだけど、お隣さんの台所にお邪魔して雑煮を分けていただいたような気持ちになった。正直、ホッとするような味だった

それとともに「お赤飯」を小鉢に取り分けて漬け物とともに出してくれた。こちらは150円。両方を食べ終わると腹がいっぱいになった。とても満足
おばちゃんはとても話し好きのようで最近のアキバの変化などを話した。地元住民の実感としては歓迎できるようなことは皆無らしい。そりゃそうだろう

弁当も実に美味しそうだった。特に厚焼き卵が美味そう。来週には昼ご飯を食べに行こう。ついでにお汁粉も試してみたい

●最近のお買い物●
090206d090206e090206f
■ゼノサーガのコスモスさん
>プロポーション的には水着ライダーさんといい勝負。クリアパーツの髪の毛にホコリが付着しないか心配
■映画版「WATCHMEN」ロールシャッハ・アクションフィギュア
>翻訳版コミックも再販が決まったし待ちに待ったフィギュアもようやく日本に入ってきた。ラジ館4階の「宇宙船」で購入
■復刻版「アフターマン」
>手頃な大きさになって読みやすくなった。これも絶版になっていたときには中古価格が高騰してしまったのでありがたい

●最近のニュース●
イーストウッドの『グラン・トリノ』はデトロイトへの挽歌
>久しぶりに監督から主演に復帰して、しかもハリー・キャラハンがそのままジジイになったような頑固老人を演じているらしいので激しく期待
反捕鯨「シー・シェパード」船、南極海で日本の調査船と衝突
>こいつらの船が転覆して海の藻屑となるよう毎日祈っている
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■鳴子ハナハル原画のエロフィギュア■
2009-02-04-Wed  CATEGORY: 趣味とか

「フィギュアメーカー「native」が製品化?」

090204b090204z
アキバ「とらのあな本店6階」で配布していたチラシを見る限りでは「少女マテリアル」 の時の1枚を立体化するのだと思われる。エロ専門だけに期待も高まる

●予想以上に面白かったスターレック

090204aスタートレックマニアには語る必要のない作品
「スターレック」
WEB公開の時点で雄志の作成した日本語字幕があったのだけど当方のPC環境では何故かうまく機能しなかったので原語版で見た。物語の詳細は解らずとも映像の凄さは十分に堪能できた。ところがいつのまにか日本語吹き替え版が正式に発売されていたのですね(一昨年の9月だよ…)
しかもありがたいことに近所のレンタルショップに入っていたので早速借りてきた
かくして映像の歴史に残る「アマチュア制作作品」をきちんと鑑賞することが出来たのだが、これが予想よりはるかに面白かった。レンタル専用作品にありがちなパッケージ詐欺(パッケージの印象と作品の出来があまりに違う場合を指す)ではなく、映像は素晴らしいし(ハリウッド映画のB級作品より出来が良い)吹き替えもレベルが高い。物語も1本の作品として手堅くまとまっている
特に声を大にして訴えたいのが大艦隊同士の大がかりな宇宙戦闘シーンの凄さ。例えば劇場版スタートレックシリーズで最大の戦闘シーンと言えば「ファーストコンタクト」の冒頭の惑星連邦艦隊がボーグキューブを迎撃するシーンだと思う。極めて激しい戦闘が描かれているのだが致命的に時間が短い。これがTVシリーズだと「DS9」のドミニオン戦争という最大の見せ場があるのだが比類する映像作品が無かったように思うのですね。しかし、そこはマニアが魂を込めて制作した作品だけあって戦闘シーンが映画後半の殆どを占めている。基本がギャグなので合間に出てくるヌルいギャグが寒いのだが、そういった減点要素を補ってあまりある熾烈な闘いが描かれている

レンタル屋で見かけたら借りて観ることをお勧めする。損はしないぞ

●最近のニュース●
日本語版「WATCHMEN ウォッチメン」再販決定!!!(amazon)
>速攻で予約完了。絶版になってから中古価格が高騰していて最近だと2万円近くまで上がっていたから激しく嬉しい。昔、手元にあったのに僅かな金額と引き替えに手放してしまったのを忸怩たる思いでいたから喜びもひとしお
ロシアのサバゲーマニアの皆さん
>1枚目からして映画に撮影にしか見えない。力入り過ぎ
旧ソビエトがかつて建造した巨大飛行機「K-7」の復元CG
>本当に空を飛んだのが信じらん。重武装にも程がある
民主対応遅れ いまさら「海賊の定義」議論
>~まず民間船舶会社の自己責任と国の責任の区別をきちっとすべきだ~
本気で言ってるのか?正気か?
沈没から119年、トルコ軍艦から引き揚げられた調理鍋
>100年前とかのクリスマスケーキを保管しているところもあるらしいし…
マクロス進宙式典が秋葉原で開催決定!!
>たぶん一番売り上げを伸ばすのは2軒のファミリーマートだろう
スウェーデンの海軍秘密基地跡
これを見学に行くツアーがあったら良いのに!
元慰安婦の損害賠償請求権譲渡を可能に、法改正推進
>そうして地球最後の日まで騒ぎ続けるのですね
小沢外交「政権取れば豹変」
~今は自民党を倒すことが大義~経済の失速や近隣国との軋轢など逼迫した優先事項があるだろ。しかも「豹変」となると党首の発言は無意味と認めたのだな
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間⑨~へそのあるかえる■
2009-02-03-Tue  CATEGORY: 書籍

「メリー号!嵐の海に挑め」

090203a「嵐来る」 へそのあるかえる
「よつばの。読書会」にて参加者のどなたかが持参した本です。とても気に入ったので冬コミで買い求めました。「ワンピース」の二次創作で160ページ近いオリジナルのコミックです
物語は原作の「空島から帰ってきて次の島につくまでの間のお話。VS.O.P.の続き」で、空白の時間を原作より長く設定してその間の様々な出来事を描いたモノです。ゾロとサンジが中心になって話が進みます。基本的な位置づけは「ゾロサン」らしいのですが、カップリングというやつには今ひとつ馴染みがないので「らしい」ということで
大筋としては「嵐に巻き込まれ、満身創痍のメリー号を気遣いつつ、全員が力を合わせて難局を突破する」といった感じになります。冒頭の山場、海賊船団との一触即発の危機、中盤の山脈のようにそそり立つ波との闘い、後半のゾロの救出からエンディングまで、一瞬たりとも飽きさせない見事な物語構成と作画で大きな満足感を得られました
御本人の弁では「おだやかな普段の海上生活や他の海賊団との遭遇・嵐との戦いなど。 昭和の匂いのする冒険活劇な一冊」とあるように、確かに昭和30年代くらいまでの少年向け冒険小説を彷彿させる見事な物語になっています(編集長の本棚にはそのような本が沢山収められている)
次々と襲い来る難事だけではなく、サンジがメンバーに供するメニューで苦労する話や海上レストランにいたころの思い出話、ゾロがルフィと出会う前の武勇伝など、合間に挿入されたエピソードもパズルのピースのように原作の世界に馴染んでおり見事としか言いようがありません

原作者の魂が憑依したような二次創作って本当にあるのですねえ

「ゾロサン」とありますがカップリングに詳しくない人なら「それ」を感じさせる「1コマ」にも気が付かないほどさりげなく描かれています

HP「へそのあるかえる」にて通販もしているようなので興味のある人はどうぞ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/02 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.