アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■スーフェス行きました■
2010-04-25-Sun  CATEGORY: お買い物

「嫁の妻フェイトさん。お迎え」

100425a100425aa
今日は蒲田のPioで「みみけっと」が開催されていたのですが、イマイチそそるサークルが来ていなかったので九段下の科学技術会館にて開催された玩具系ホビーイベント
「スーパーフェスティバル」に出かけて「嫁の妻・フェイトさん(水着)」を買ってきました
おおむね定価の半額だったので連休前の寂しいお財布でも頑張れました

ふう…なんと(胸とか)デカいヤツよ。素晴らしい

今日は極初期から必ず参加していたサントラ屋が来ていなくてションボリ
空気読まない「ダルマ」売り(罰ゲームにしか見えなかった)が来ていてドン引きしたり、70年代ぬりえ博士とかに会ってイロイロとおしゃべり
ところで主催者が「ギャラクシークエスト」のサントラを死ぬほど気に入っているのは分かったがエンドレスはもう勘弁して下さい。普通にジャズとかポップスを流してくれた方が有りがたいと思うのは自分だけでしょうか?

あと、1年後の自分のために書いておくが…
「エクスプラス」のクレイジーゴン13Kの購入を断念しました
1年後に安くなっていれば自分を褒めてあげよう。30Kとかになっていたら首を吊る

100425bこちらは昨日アキバで普通に売っていた
「けいおん!」の唯
全滅だと思っていたが裏通りの某店に残っていた。ヨカタ
澪の学園祭ヴァージョンを予約するか迷う今日この頃…

あと今日の一言
チョコペースト+パンの耳=最強

だけど体重が1キロリバウンドした orz






スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■植田のあんこ玉■
2010-04-19-Mon  CATEGORY: お買い物

「今日、上野に行ったワケですが」

目的は秘密。言うとIさんが怒るから
先日出かけたときにゆっくり見ることが出来なかった「お菓子の二木」をたんねんに調査した結果、21世紀にもなって未だ、昭和40年代と全く変わらないお菓子「あんこ玉」が販売されているのを発見した。画像を見ただけではなんだか分からないかもしれないが「ビー玉」くらいの大きさに丸めた「あんこ」を「きな粉」で包んだ素朴な菓子です
60個入りで約500円
100419a100419aa
昔と違うのはバーコードが入ったことぐらいか。先ほど晩飯のあとにいくつか食べたけど「あんこ」が甘すぎないので、注意しないと食べ過ぎてしまいそう。東京の荒川区にある製菓会社で製造している物だが作りたてを食べてみたいなあ

「ゆるゆる」購入。とらのあな特典冊子付き。「たかみち」さんのファンなので購入すること自体は決定済みだったが内容に関してはノーコメント

そういえば「とらのあな」地下で「リトルウィッチ&大槍葦人氏のイラスト展示会」を開催していたので見てきた。原画の抽選販売なども行っているようなのでファンなら躊躇わずに申し込むべき。インチキくさい「人気原画家アート展」なんかで「単なるデータ出力プリント」に数十万円を払うより、本物が手に入るチャンスなのだから

●最近のお気に入りネタ●
夜遅く山で出くわす者といえば、獣か猟師か物の怪か
>怖いと言うより不思議な印象の怪談。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■春の同人読書週間②~ゲンブンマガジン■
2010-04-11-Sun  CATEGORY: 書籍

「墜落事故現場にて」

100411a「御巣鷹山の暑い夏」 ゲンブンマガジン
まず最初にお詫びしておきます。編集長はこの本を購入しておりません
レビューする資格が無いと言われれば頭を下げるしかありません


本日、池袋のサンシャインにて開催された「サンシャインクリエイション47」にて漫画家の小林源文先生が主宰するサークル「ゲンブンマガジン」より頒布されたのが表題の本「御巣鷹山の暑い夏」です
会場にて見本誌を手に取り読み始めたら、その内容の凄さに引き込まれ一気に最後まで読んでしまったのです。しかし読み終わって我に返ると、そのあまりの凄まじさに打ちのめされ、とうとう代金を支払うことなく引き返す羽目となりました。先生、およびサークルの方には申し訳ないと重ねてお詫びさせていただきます

この本は85年の夏に発生した日本航空ジャンボ機の墜落事故現場で遺体の回収に従事した陸上自衛隊隊員の悲惨きわまる体験を描いた作品です

wiki 「日本航空123便墜落事故」

HPの紹介に「大人の事情で決してメジャー出版社から刊行できない問題作」とあります。本の巻末に小林先生のアシスタントを勤めていた中村氏から聞いた話を元に描いたと書かれていましたので、防衛庁への正式な取材を経ていないのが「大人の事情」であると推察できます。また、小林先生が中村氏の履歴を調べたところ、氏の所属していた部隊が事故現場に派遣された事実が確認できなかったので「中村氏が同僚や派遣された隊員達の語った内容をつなぎ合わせて自己の経験として話したのだと思う」とも書かれていました

墜落事故が起きたのは真夏の山中。現場に派遣された自衛隊員はそこで「この世の地獄」としか形容できない恐ろしい場面と遭遇します。真夏の山中において長袖のシャツ、手袋、マスクの着用が絶対的に必要であるだけでも体力の消耗は著しいのに、頭、手足、胴体、内臓が散乱する現場で「素手で」それらを集める作業の精神的疲労は想像も出来ません。時間と共に進む腐敗、亡骸をエサにして見たことがないほどに大きくなった蛆が地面をはい回る。心が麻痺するのと共に身体も麻痺し、大量の汗を流して脱水症状であるにもかかわらず配給された麦茶が喉を通らない…
「地獄」のただ中において理性や人間性を保持しようとする努力もむなしく徐々に狂気に支配され始める隊員も出ます。拾い上げた手足を振り回して奇声を上げる者も…

ある隊員が目の前に立つ男の足元を見るとスニーカーを履いている。「記録班か?」との誰何にも所属を答えられない男達。彼らは払い下げの制服を着込んで忍び込んだマスコミ関係者だった。とたんに隊員達の怒りが彼らに向けられて爆発する。男達は半殺しの目に遭い衣服をはぎ取られて追い返されたとか。それが誇張だったとしても、隊員達の多くが正気を失う一歩手前に居たことは事実なのでしょう

「何も考えるな」と心の中で繰り返し、拾い集める亡骸を「物」として認識するように勤めてきた隊員が、地面から引きはがした機体外板の下から昔のギャグマンガのように真っ平らに押し潰された遺体が現れるのを見て崩れ墜ちる様子は、この文章を綴るためとはいえ思い出すのが心苦しい場面でした
後に現場に派遣された隊員の多くがPTSDを訴えるようになったのは無理からぬことだと思います

あの事故に関しては多くの文献が出ていますが、文章ではなく「絵」で描かれた「御巣鷹山の暑い夏」のインパクトは強烈でした。作業に従事した全ての隊員に感謝の気持ちを贈りたいと思います。そして「この国に自衛隊は不要だ」などと言う輩は、中国朝鮮に帰れ。日本と「本当の日本人」には自衛隊が必要です
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■春の同人読書週間①~玉よ砕けろ!■
2010-04-09-Fri  CATEGORY: 書籍

「幻想郷大食い最強決定戦」

100409a「駆けろ!もみじ」玉よ砕けろ!
今年の例大祭新刊で先日読了しました。こんなに面白いなら早く読めば良かった

サークル「玉よ砕けろ!」の三等兵さんが文章を「UNKNOWN」の威未図さんがイラストを手がけるお馴染みのシリーズ。今回はお山の天狗、椛が主人公となる「喰いしん坊」ネタの短編です

文が「幻想郷大食い最強決定戦」の開催をぶち上げるところから本編が始まります。ところが準備に予想外の金額がかさみ、窮した文は後輩の椛を優勝させることによって借金の返済を目論むのです
「文様ダイスキー」な椛は文の課す無茶な特訓を健気にこなし決戦当日を迎えます
たかが大食い大会と言っても神様から閻魔大王までが居並ぶ幻想郷。勝負にならなくなるので冥界の主、幽々子は解説席に押し込むことに成功したけど挑戦者の顔ぶれが尋常ではありません

先ず紅魔館を代表して門番の「紅 美鈴」
優勝しなければ再び紅魔館の敷居をまたげなくなる彼女の意気込みは他者を圧倒しています。そんなに怖いかメイド長

八雲一家からは式神の「八雲 藍」
静かな佇まいでありながら自らの優勝を微塵も疑わぬ揺るぎない態度は勝負の行方を混乱させること必至です。客席から手を振る燈の愛くるしい仕草に見せる満面の笑顔からは、その本当の恐ろしさは分かりません

守矢神社からは「八坂 神奈子」
どのような催事でも神である自分を差し置くことは許さぬとのお言葉です。派手好き。目立つのはもっと好きな彼女にはうってつけの催しと言えましょう。しかし大食いで信仰を獲得できるのでしょうか?見物です

遠く地の底、地獄からの挑戦者は「霊烏路 空」
主人一行の声援を受けて無邪気に喜んでいますが、その身が焚き上げる灼熱の炎が全てのメニューを焼き尽くすのか。実力の程は如何に?

妖精代表として「最強を名乗るのはあたいを倒してからにしな!」「チルノ」
神様、妖怪達が開始前から空間が歪むほどのガン付けバトルを展開している中で不敵な笑みを浮かべております。怖い物知らずという言葉は正に彼女のためにあるのだ!

最後に文の運命を一身に背負ったお山の代表「犬走 椛」
その小さい体にどれほどの食べ物が収まるのか?開始前の下馬評では最も不利であると言われる彼女ですが、先輩の文と繰り広げてきた特訓という名のイジメを踏み越えて小さな胸に闘志をたぎらせています。でもそろそろ先輩離れしたほうが良いと思うよ?

そして解説は主催者を兼ねる文と小町。ゲスト解説者として幽々子。調理指導に妖夢。審判は四季映季様でお送りする「幻想郷大食い最強決定戦」開始です

このメンバーを見ただけでも爆笑必至な闘いが予想できます。そして勝負メニューが
直径10センチのタコ焼き山脈
3・5キロのカレーライス
そしてタップリ20人前のラーメン!

これらのメニューに神様、式神、妖精、天狗、火力発電所、門番がどのように挑むのか
それは読んでのお楽しみ。キャラの設定、性格を存分に活かしたストーリー展開は最後まで一気に読めることを保証します。また、椛の可愛らしさ、健気さ、微妙なイヤらしさが堪能できる1冊。椛ファンにも強力にお勧めデス
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■東京とびもの学会に行きました■
2010-04-07-Wed  CATEGORY: イベント

「ロシアの秘密を覗き見する方法」

100404zこの週末は板橋で開催された航空宇宙系同人即売会「東京とびもの学会」に出かけました。場所は板橋駅前にある「ハイライフいたばし」。小規模即売会ではお馴染みの会場ですが初めていきました。蒲田のPioからの転戦なので現地到着は14時過ぎ。この規模の即売会なら開始から1時間も経過していればお寒くなっていても不思議ではないのですが参加者がいつまでたっても帰らないのがこの「とびもの学会」の特徴です

展示品のお宝を眺める人。スクリーンの映像を見入る人。そして各所で交わされる飛行機談義は本日も花盛りでした。展示品の中にNECのPC-8001と当時の航空機着陸ゲームがあり実際に遊ぶことが出来たのですが、画面に映し出されている点と線がなにを表しているのかさっぱり分かりません。己の想像力が枯渇したのだと理解した悲しい瞬間でした
イベント後半の目玉は「グーグルMAPでロシアのロケット発射場を探す方法」の実演で現地に実際に出かけた講師によるガイド付きとあって会場を沸かせていました
そうか…あのあたりの名物は野良駱駝なのか…と

衛星擬人化でお馴染みの「teardrop」とリリカルなのは系で活動している「Gewalt」は新刊無しと残念でしたが結局閉会まで居ました。ミニチュア飛行船のデモフライトや異常なスピードで飛ぶ紙飛行機など、男なら魂を直撃されるお楽しみが沢山でとても面白い催しでした。かなり赤字っぽい催しなので主催発行の本を買い求めて帰路につきました

以下はコメントへの返信。長いのでこちらに

>tou様
コメントありがとうございます。水戸SPの終了後、一気に書き上げたレポだったのですがその後、いろいろと思うところがあって返信出来ませんでした。催しの結果に関して実に多くの声が飛び交っているのですが、個人的には確認できない事象が多くて悩んでおりました。それでも「ルール違反の徹夜組」とか「不正入場者」への怒りならば充分に共感できるのですが「水戸」の街へ怒りをぶつけてどうするよ?というのが正直な気持ちです以下は2chの書き込みを転載したものです

************************************
521 名前:カタログ片手に名無しさん 本日のレス 投稿日:10/03/24 15:54
水戸のもんだけど、来てくれた人たちありがとう。
駅前全体が魔法が解けたみたいにぼんやりしてるよ。
何せ、うちの祖母ちゃん曰く「30年前に戻ったみたいだったね。朝起きていつもの道を歩いていたら、どんどん若い人たちが楽しそうに歩いてくるのにすれ違って、夢でも見てるかと思ったよ」って。
実際、商工会でも、乗っかって良かった、乗っかったけど全然。乗っかればよかったの三派に分かれてる。全体的には「もっと準備会の言うことをマジに聞いておけば良かった」って話なんだけど。
何度も説明に来させて、その度にネガティブな事しか言わなかった人たちが今更凹んでるのはなんだかなあ、だけどなー。
もし本当に商工会や商店街、会場近くの声のでかい人達が全面協力してたら、きっと騒ぎになってる誤誘導だの三の丸の方に並ばせることもなかった。
ビッグサイトと違って、ほとんどのスタッフもたった2、3日で市街での2万人もの動線を掌握しきることなんかできっこない。
今回入場で割食った人たちには、本当に申し訳なく思う。
これは絶対にこっち水戸側の責任もすごく大きい。
警察も市もほんとにほんとの直前までまったく動いてなかったし。
************************************

現地の受け入れ態勢が充分ではなかったようでしたが、それでも水戸の人たちは頑張ってくれたと信じています。これを機に年末のコミケなどで休みを申請するお仲間が「漫画なんか買いに行くために休むのかよ!」といった皮肉を言われるのではなく「東京に行って水戸を宣伝してきてくれ!」と励まされるようになれば良いと思う編集長でした
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2010/04 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。