アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■エキューにボコられたいアルヨ■
2010-10-25-Mon  CATEGORY: 書籍

「カルバニア物語13巻」

101025a101025b
が発売されていたので買ってきた。実はエキューが公爵家を継いだときに終わると思って嘆き悲しんだので連載が続いていることに喜んでいる
発売された13巻は背景が黒を基調とした色味になっているため既刊とイメージが違うが別に物語がダークになっているわけではない。もっとも幽霊の類が大活躍しているのでダークと言えばダークなのだが
しかしタニアとライアンのコンビが面白すぐる
「サンクリ新刊210円」
アキバにサンクリの落ち葉拾いに行ったら「NTYPE」の新刊が210円で売ってた
妥当な価格とは思うが、買い取り価格幾らだったのか大変に興味深い…
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■サンシャインクリエイション49■
2010-10-24-Sun  CATEGORY: イベント

「地下MACが閉店していた」

101024a今月はずっと南米でロシア軍と共産ゲリラ相手に闘っていた編集長です
ちなみに「BATTLEFIELD BADCOMPANY2」の話です。スミマセン
池袋で開催された「サンクリ」に出かけました。かなり真剣味が欠落しているので10時過ぎに一般列最後尾に並びます。A23ホール初動です
この会場に来るときは、朝、地下にあるマクドナルドで打ち合わせをするのが習慣だったのですが、久々に来たら閉店していました。繁盛していると思っていたので意外な気分
開場後5分ほどで入場。楽だ。最初に「bolze」に行ったら欠席だったので「デジラバ」に向かう
列は結構長くなっていたが25分ほどで購入できた。あとは特に急ぐような気分もなかったので会場を巡回。知り合いに挨拶したり、今は無き「とらのあな吉祥寺店」の店長を務められていた方に声をかけられて驚く。8ヶ月ほどしかなかった店舗なのに顔を覚えられていたとは…人相が凶悪なので仕方ないかも。しかし吉祥寺店の閉店は残念でした
帰宅後にひとつだけ残念だったのは「メコン」の前に出来ていた待機列が、まさか…「UROBOROS」の新刊配布列だったとは全く気がつかなかったこと。しかも新刊が「エロ本屋小学生」の本とは…
ホール3カ所を全て回って13時半くらいに終了。劇場前のカフェで友人達と休憩した後、会場を後にしました
最後に駅前の「タカセ」2階で3人揃ってチョコレートパフェを食べる。ここのパフェは、オールドスタイルのパフェでシリアルなんかで容量を誤魔化したりなんかしていないのが好きだ。値段も手頃で680円。食べ終わると血糖値が確実に上昇する中年殺しみたいな品だが、池袋に来ると食べずにはいられない。恐ろしい…

コメントレス>呉市民
DVD情報ありがとう!全然知らなかったよ。あとお土産に貰った「食べるラー油」が美味かったからまた買ってきて。お金払うから
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■幻想襲撃 キター!!■
2010-10-04-Mon  CATEGORY: 書籍

「苦節2ヶ月…ようやく手元に」

101004a夏の同人読書週間1回目に紹介させていただいた
「幻想襲撃」がようやく手に入った
あまりの嬉しさに万歳と言わずには居られない!

「うしおととら」×「東方」という、あまりに強力なカップリングの作品
サークル「カオティック乙女工房」の中の人が言うところの「オッサンホイホイ」に見事に嵌りましたよ
でも悔しくない!面白いんだから

「うしおととら」の主人公、うしおが
人類に宣戦布告した幻想郷の妖怪達と闘う!

よくぞこのセッティングを考えてくれました!!

編集長の主観的には今夏最高傑作の東方同人誌「幻想襲撃」
ただいま「とらのあな」「メロンブックス」にて販売中です
いつもの7割増しで宣伝させて頂きます

これで今年の夏と夏コミが終わった。気持ちの区切りが出来た

コメントレス
>呉。「最後の海底巨獣」を最後に見たのは20年以上前なので、モデルアニメーションとか忘れた。あと「尾道ラーメン」激美味でした
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■夏の同人読書週間⑬~高橋蔵書■
2010-10-01-Fri  CATEGORY: 書籍

「厳選された(笑)ショボい怪物全集」

100930a「SF超人怪獣宇宙人大全」 高橋蔵書
国外作品をメインに古今東西の映画、テレビ番組に登場した怪獣、宇宙人、ロボット、その他のクリーチャー連中から、とりわけマイナーでショボく痛い連中を集めた大図鑑(偏見は認めます)
マイナー作品をとりあげる事に特化しているので「ゴジラ」「円谷プロ」「スターウオーズ」といったメジャータイトルはことごとく無視されています
そもそもB~Z級映画などに登場するモンスターなどは予算の関係や造形の情けなさのためにか、画面に一瞬しか写らないことが多々あるので姿そのものを確認するのが困難です
しかし、ふと気になったからと言って、いちいちビデオやDVDを起動すること自体がたいていの場合、時間と労力の無駄です
しかしこの1冊があれば「スタークラッシュ」のガーディアンとか「ザ・キープ」の魔神とか「インフラマン」の怪人達とか「プロフェシー」のモスマンなどといった、できれば忘れたほうが幸せな面々を居ながらにして確認することが出来ます
正に誰得!


著者の多大な労力の末、完成された本書を本棚に収めれば役に立たない知識の量を競い合う友人達に極めて有利になることを請け合いません
ダメ駄目を絵に描いたようなクリーチャーに、あえてこだわる人にお薦めします
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2010/10 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。