アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■サンクリ52レポ etc■
2011-06-20-Mon  CATEGORY: イベント

「とうとうでたか?酸欠の犠牲者」

110619a昨日は池袋で開催された「サンシャインクリエイション52」に出かけました。開催規模がかなり小さくなったことと、目当てのサークルが少なかったので出力30%くらいの気分でしたが…
初手は「無限軌道」。ビルの10階まで並んだ列が下に向かって折り返しています。しばらく我慢していたのですが、あまりの空気の悪さ(酸欠状態)に耐えかねて離脱。スミマセン。根性有りませんでした。生きていて御免なさい
主要目標が無くなってしまったのでA1ホールを巡回した後、Bホールに移動。そちらで知り合いに挨拶した後、巡回。最後にA23ホールへ。デジラバ、メコンデルタ、あねこの手帖、完売。壁サークルの多くが完売しており、諦めモードで巡回して終了
春の新番組関係では「あの花」「この花」「電波」本が目に付き「マギカ」も多かった印象でした。反対に「タイバニ」は3種類くらいしか見かけなかったので残念
個人的なお買い物は「UTUMNO」「小作人列伝」「舞子海岸迄五分」といったお気に入りサークルを一通り買って満足。ロリメイドさんとイチャラブするA6サイズのコピー誌が掘り出し物でした(画像)

帰宅後に2chの実況を読んだところ階段列を整理していたスタッフが倒れたとか
どうりで「無限」に並んでいるときスタッフが「気分の悪くなった人はスタッフに声をかけて下さい」と連呼していたはずだ

■神様ドオルズ 先行上映会に行きました■

110619b画像はお土産のクリア団扇とブックマーク
全体的には好評のようだが、あえて一つだけ言っておきたい
詩緒が匡平のことを「お兄ちゃん」なんて呼ぶのは激しく違和感がある。ということ
「お兄ちゃん」なんて呼ぶより名前を呼び捨てにする方が親密な関係にあることを理解していない気がする。詩緒が好き過ぎて大変なプロデューサーの個人的な欲求を満足させるために台詞を変えたのではないかと疑っている編集長でした
あと放映後に恭平×アキ(逆も有り)カプの腐女子向け同人誌が出てくることに期待
詩緒や日々乃さんが案山子に大変なことをされちゃう本…も期待

それにしても後ろにアキバblogの中の人が居たとは…

■同人業界の「ささやかな」革新的事件■

何回か紹介させて頂いたお気に入りのサークル「UTUMNO」さんの本が「ZIN」で委託されました。「マギカ」本の2種類が通販ページに出ています
これが何故、革新的な出来事なのかというと…「コピー誌」だからなのです
今までも商業誌や同人ソフトなどの「特典」としてコピー誌が付属していたことはありましたが「メロン」でも「とら」でも、委託を止めてしまった「K」でも、もちろん「ZIN」でも、コピー誌の委託はしたことがなかったはずです
とはいえ、作者を口説き落としたZIN営業の中の人もたいしたモノですが委託を決意した作者御本人も悩んだことと思います
ここは一つ、サクっと売り切れることを祈りましょう

*編集長の個人的な記憶を元に書いてますので前例がありましたら是非教えて下さい
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■生存報告■
2011-06-16-Thu  CATEGORY: お買い物

「乙嫁語り3巻 読了」

そろそろ何か書かないと腐海で死んでいると思われそうなので更新

■乙嫁語り3巻■
110616a月刊誌の方を読んでいないので全力で堪能した。新キャラの未亡人と英国人の交流を中心にした前半と、アミル達の登場で賑やかになる後半、そして別離までを一気に読ませるストーリー展開と素晴らしい画面の連続は、まさに紙の本を手に取って読む喜びを心の底から満足させてくれる1冊でした

個人的に、特に気に入った部分は「パリヤさん」の4コマ連作「市場で買い食い」のエピソード。ツンデレ爆発のパリヤさん(ファン倍増間違いなし)の可愛さは3巻全体に流れる悲しげな空気を和ませてくれました
そして編集長的に3巻の正に「主菜」となったエピソード「市場で買い食い」のお祭り的な賑やかさは、作家である森さんの、力量と描写力の充実ぶりを改めて感じます

それにしても美味しそうな料理の数々
焼き飯が出来上がるまでの過程を丁寧かつコミカルに描き(町や村によって具材や調理方法が変わっていることも分かる)、子供達に大人気の菓子(油で揚げた麺状のドーナツ?)、肉の串焼きも放し飼いの地鶏やキジなら濃厚な滋味があるだろうし、スパイスを効かせたタレとかを使えば…それはそれは美味いだろう…(ヨダレ)
取れたての果物に竈で焼いたパン、腸詰め、五目肉うどん…
このエピソードを読んで亜細亜レストランの扉を叩かないで居られるだろうか?
無理だ!

つい先日、中近東の旅行記を読んだばかりなので「どこか近くの家に行ってみるか?」の意味もよく分かりました。さてスミスさんの旅程はどのような出来事が待ち受けているのか、とてもとても楽しみです

■大協のケラトサウルス(又は宇宙怪獣)■
110616bアキバのホビーSHOPで衝動買い
70年代くらいの製品を最近復刻した製品。ソフビは止めようと思っているのですが手頃な値段でころがっていると、ついつい買ってしまう
この病気は死ぬまで治らないだろうなあ…
それにしても足の裏に刻印くらい入れればよいのに。正式な手続きを経て販売したのなら復刻したメーカーの名前くらい入れるべきだろう。それとも名前を出すとヤバイことでもあるのだろうか…






■個人的通信 TFこれで間違いない?■
110616c

●最近のいろいろニュース●
描き下ろしイラストも!「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」
>これを読めば荒木先生の不老の秘密が分かるかもしれない気が…
『侵略!イカ娘』と「イカ墨入り食塩」がコラボ! 北海道限定で発売!
>今思えば「ナギ様の貧乳バター飴」買っておけばよかった
ラピュタには何故自爆コマンドが用意されているのか
>目からウロコが落ちた
若き日のApple創設者描いたWebコミック、漫画家のうめさんが公開
>バリクバパンもよろしく
ローソン、「魔法少女まどか☆マギカ」キャンペーン実施へ
>抽選なのはイマイチ
【業界話】ゲーム雑誌に入ったきっかけ。そしてギャランティ
>業界のギャラに関する具体的な金額が書かれていて興味深いので
コミケ80 田中公平先生、13日にサークル参加
>初日の重点目標決定
今年は寝室の冷房ほとんど使わずに夏を越せるかもしれない
>試してみようかと思ったが…2万5千円か…
抜けないクソ同人誌にありがちなこと
>抜ける…と言うより買う気を無くさせる本の特徴として、表紙に「せんとくん」が書いてあったり裏表紙に漫画太郎キャラが描かれていると一気に買う気が失せる。書店委託までして儲けたい人はこのような事に注意するべきだと思うよ
南米麻薬組織がバスを乗客ごと拉致→強制的に決闘させ生き残った者を「殺し屋」に
>メキシコ…恐ろし過ぎる
「2012年終末説」信者が南仏の村に集結、当局が警戒
>人口わずか200人の小さな村にとっては大迷惑どころではないなあ
チェルノブイリと福島のセシウム汚染。住民避難への対処法はどうだったのか
――旧ソ連政府は現在の日本政府より住民の安全サイドに立っていた
>後学のために読んでおこう
外国人のチベット観光禁止、中国共産党の創建90周年控え
>チベット侵略60周年らしいので
インスタントラーメンの調味料から可塑剤が検出、海外メーカーの製品からも
>あの震災直後の危機的な物不足でも笑うほど売れなかったラーメンですな
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2011/06 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。