アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■負け犬たちのチャイコフスキー■
2012-04-24-Tue  CATEGORY: 趣味とか

「オーケストラ!を観てしまった件」

毎度々、エロとかフィギュアの話題ばかりでは、生まれも育ちも良いハイソな人生を満喫している編集長の人柄と人生観を疑われそうなので、まともな映画の話題をひとつ

120424a邦題「オーケストラ!」原題「Le CONCERT」
物語は現代のボリショイ劇場(モスクワ)で始まります。楽団がリハーサルをしている場内の片隅で初老の男が独り、陶酔するように指揮者がタクトを振る真似をしています
彼、アンドレイ・フィリポフこそ物語の主人公にして劇場の清掃人。今でこそ支配人に罵倒される惨めな境遇ですが、30年前には劇場専属管弦楽団の名指揮者として西側にまで名を知られた人物でした。アンドレイはソ連政府によるユダヤ人の排斥運動に逆らったとして仕事も名誉も全て剥奪されたのです
ある晩、残業で支配人の部屋を掃除しているとき、パリの劇場から出演以来がFAXで届きます。それを見たアンドレイは昔の仲間(30年前に楽団を解雇された演奏家たち)を集めてボリショイと偽り再び劇場で指揮をすることを企みます

太っちょのチェロ奏者サーシャ(現・救急車運転手)、衰退した共産党を蘇らせようと奮闘しているイワン(30年前の敏腕楽団マネージャー)を仲間に引き入れ、まんまと出演契約を交わしてしまいました

ここからが大騒動。公演日までの2週間で最低でも55人のメンバーを集めなければなりません。アンドレイとサーシャは昔の仲間を訪ねて歩く日々が続きます
楽団を追い出されても音楽を棄てなかった者もいれば、昔日の恨みをアンドレイにぶつける者もいます
それでも実力は折り紙付きのメンバーが再集結していく様子は、黒人ソウルミュージック再生のきっかけとなった映画「ブルースブラザーズ」を彷彿させます

渡航費の不足、楽器の調達、パスポートの問題など困難を乗り越えた末に、アンドレイと仲間たちは憧れの都パリに降り立つのです

さてここで物語のもう一人の主人公、バイオリン・ソリストのアンヌ・マリー・ジャケが登場します。彼女は生後すぐに両親と別れており自らの出生に関して知らぬまま生きてきました。バイオリン・ソリストとして名声を確立した現在では非常に高額な出演料を得ているのですが、長年ボリショイとの共演を夢見ていたため、往年の名指揮者アンドレイ(偽ボリショイ)との共演を快諾したのです

しかし共演を切望していたのはアンドレイも同じでした。その理由の一端がアンヌとの会食で明らかになるのですが、アンドレイがユダヤ人メンバーを守った理由が実は別にあったことも明かされます。彼の苦悩と「チャイコフスキー・バイオリン協奏曲」への30年の確執を知ったアンヌは失意のうちに共演キャンセルを口走ります

アンヌを説得するためにホテルを訪ねるサーシャ
たどたどしいフランス語で「コンサートを最後までやり通せば両親のことが分かるかもしれない」と聞き、迷いのあったアンヌは再び舞台に立つことを決意します

楽団のメンバー殆どが酒を呑みに行ったまま(当日の開始直前まで)行方不明になってしまったためリハーサルも出来ず、30年ぶりのオケにブッツケ本番で挑むアンドレイと楽団のメンバー、そしてアンヌは無事に公演を成功に導くことが出来るのか?

…かなり簡略化していますがストーリーはこんな感じです

この映画の魅力は、なんといってもクライマックスの「チャイコフスキー・バイオリン協奏曲」演奏シーン

メンバーの遅刻とか、リハを出来なかったとか、舞台の地下で騒いでいる本物のボリショイ支配人とか、そもそもタクトを振るのが30年ぶりとか…不安要素が山積みなのですが、チケットが発売数時間で完売してしまうほどの盛り上がりを突きつけられて、アンドレイも仲間たちも、とにかく始めるしかありません

アンドレイの指揮棒が振られ、静かに奏で始めるオケ…
案の定、メンバーの音が合わず、開始早々大コケの死亡フラグが立ちまくり!
観客席には失笑が広がり、楽団のメンバーも不安げな様子で戸惑っています。画面を見ているこちらが冷や汗をかいてしまいますよ

しかし次の瞬間、オケの楽器が一瞬鳴りやんで、アンヌのバイオリンが曲に交わります

そのソロ演奏の素晴らしいこと!

観客達の表情も引き締まり客席は身動き一つしなくなりました。アンヌのソロに導かれるようにオケの楽器が音を合わせます。瞬く間にオケとソロは一つとなり開始早々のチグハグな楽団は姿を消してしまいました
このように描写すると、ご都合主義炸裂な感じですが、アンヌのバイオリンがオケのメンバーを一つにまとめることが出来たのにはキチンとした理由があるのです。それは彼女がアンドレイを30年間縛り続けた「ある物」を携えて舞台に立ったからであり、パリで散り々になった楽団メンバーが戻ってきた理由でもあったです

そして曲と共に語られるアンヌの秘密。「チャイコフスキー・バイオリン協奏曲」が30年間もアンドレイに呪いのように取り憑いていた理由…全ての謎が明らかになります

演奏は、ひときわ美しく輝かしくなり、楽団の動きは一筋の乱れもなく、曲が進むにつれてメンバーの表情も自信と誇りを取り戻してゆきます。特に終了間際のサーシャの表情は本当に輝かしいです

最初はとても不安気だったアンヌの表情も、進むにつれて穏やかになり、アンドレイと視線を交わすごとに、喜びと互いの信頼を増していきます

そして…全ての楽器が高らかに鳴り響き… フィニッシュへ!

自分は画面を見ている視聴者にすぎないのに、全身を高揚感が走り抜けるのを確かに感じました。なんと素晴らしい演奏だったことでしょう…このクライマックス「チャイコフスキー・バイオリン協奏曲」を聴くためだけにでもお薦めします

映画そのものはコメディであり、登場人物たちの引き起こすドタバタも大きな魅力です。パリに着いたとたんにキャビアの行商を始める親子、党の秘密ファイルに情報が記載されているレストランでの食事を夢見るイワンとその顛末、空港で偽造パスポートの製造を始めるジプシーのオッチャン、笑いのポイントは数多く、欠伸なんかしている暇は一瞬もありません

冷戦時代の不幸な出来事で「負け犬」の烙印を押されたアンドレイと仲間たち

その彼等がパリの大舞台で、本家のボリショイ楽団を凌駕するような公演を実現する「負け犬たちの意趣返し」。先に書いた「ブルースブラザーズ」のクラシック版とも言えるこの映画「オーケストラ!」

観て笑い、聴いて心に至福をもたらす楽しい作品です


『オーケストラ!』 ラデュ・ミヘイレアニュ監督にインタビュー
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■宇宙戦艦ヤマト2199■
2012-04-11-Wed  CATEGORY: イベント

「新ピカはピカだったわけで」

先週末からロードショーされている「宇宙戦艦ヤマト2199」をI波さんと観に行った
場所は新宿ピカデリー。オンラインのチケット予約で1000円は手軽です
最近の映画館はみんなこんな風に出来るのかと思うと隔世の感。最後に映画館に行ったのは「ウオッチメン」だったか…
噂に聞くと歌舞伎町の映画館は全滅したとか?
歌舞伎町で映画を最後に観たのがいつなのか判然としないが20年くらい前なのは間違いない。ミラノとプラザの巨大な観客席は今でも思い出せるが、あのような巨大な映画館は文化遺産として残して欲しかった気がする

さて、肝心のピカデリー。こちらも自分の記憶では小汚いビルの地下にあった記憶だがビル全体が白磁のように綺麗になっていた。ロビーも明るく真っ白で逆に目に痛い。飲食のメニューは前時代の「ポップコーン、モナカアイス、煎餅、チョコ」4点セットから著しい進化を遂げていたが、中年にはイマイチ食欲を刺激しないなあ

それでも座席は大くて良かった(腰痛気味なので背中を丸めて座っているのは辛かったが)。珈琲とポップコーンを乗せたトレーが変な形で、前座席背部の突起に固定するモノだとばかり思いこんで四苦八苦していたら、隣席の親切な人が肘掛けに固定するモノだと教えてくれた。どうやら自分は進化に取り残された石器人類になってしまったらしい

場内の照明が暗くなり予告が始まる
変なコナン系統のファンタジーをダセーと思っていたら「火星のプリンセス」だったのでコーヒー吹いた。
F氏の言っていたことが良く分かったよ。駄目だなあれは

本日主役の「ヤマト2199」。こちらは、ほぼ文句なしの面白さ。満足しました
次回の第二部が待ち遠しい。女性キャラが大幅に増えたのもヨロシ。山本の妹は宇宙人にしか見えないが佐渡先生の助手(巨乳)と眼鏡の新見さんに期待が大きい。第一話から土方さんがメインに出てきたのも嬉しい
メカ描写も素晴らしく、最後までレベルを維持できたら21世紀アニメのベスト10に入るのではないかと思ったくらいです。あまりに良すぎて地球艦隊が壊滅する戦闘も悲壮感を感じなかったくらい

エンドクレジットを観て気が付いたのだけど「2199」の漫画を「むらかわみちお」さんが描いているらしい。個人サークルで何回も「ヤマト」本を出していたくらいだから相当に好きなのだろうがチェックしなければ…

ともあれ、6月公開の第二部もまたI波さんと見に行く予定

しかし劇場限定版をBDしか売らないのは悲しい

DVDがあれば買ったのに…
今、この瞬間、自宅で本日の興奮を反芻したいのに…
正式な発売を待っていたら感激が薄れてしまうのに…


観劇後は新宿中村屋でカレーを食す。もっとも個人的な記憶にある中村屋はビルの2階と3階(3&4だったかも)にあったのだが、外の看板も無くなっていたので目に前に立っているのに迷ってしまった。1階がグッチとかになっていたらワカランよ
6階まで上がり黒服のウエイターに席まで案内されたが、そもそもこのレベルの店にも長らく縁が無かったので緊張したよ。服装貧乏くさいよな俺。さすがにあの雰囲気でカレーの写真を撮る勇気はなかったから画像はありませんが、同じ中村屋でも近所のスーパーで買えるレトルトとは二味くらい違う…気がする。残りの人生でここに来ることは無さそうだから冥土の土産話が出来たよ

●最近のいろいろニュース●

「ねんどろいど桜ミク」の偽造品流通につきまして
>ヤフオク見たら怪しいのがあったな。発送元「海外」とかは真っ黒

電撃20年祭 開催
>また幕張なんだろうな。今回も地獄だろ

「昨日我が家にF18が突っ込んできたけど何か質問ある?」海外の反応
>2chで人気の「質問系」スレでもここまで熱いのは無かった気がする

「ストライクウィッチーズ 劇場版」条件付き絶叫上映会開催
>特典冊子を独りで40点くらい売っているヤツも居る。そいつの頭上にガミラスの惑星間弾道ミサイルが落ちますように

さびれた田舎っていいよな
>旅に出たくなる。自分の場合、観光名所や娯楽施設には全く興味が無く、普通の商店街とか住宅街に興奮するタチ。なので昔I波さんと下田に行ったとき、彼を放置して路地裏を徘徊していたことは正直すまんかった…と思う

ソフバンの基地局「激減中」
>利用者には関心が高そうな話題なのだが…

世界最高の銃「AK-47」 カラシニコフ製造メーカー倒産
>G13のエピソードでは開発者が殺されていたが、再販とかでは名前が変わっているのだろうか?

シールスキンズ シンミッドレングスソックス
>~メリノウールをライニングした単体使用可能な防水ソックス~
これがあれば底に穴が開いた靴でも雨天が恐くない?

英 BERG、クラウド利用のかわいいプリンタ「Little Printer」
>昨年末の記事だけど、日本での発売予定が気になって眠れん

世界が燃えつきる日(DVD)発売予定
>年寄り限定のホットニュース
あの超絶にカコイイ「ランドマスター」が観れる!

■自転車壊れた(俺速報)
>古い型でワンピのフランキー並に改造を繰り返しているから原型を留めていない。サドルを繋ぐ軸が古いオクター型とかで近所の店では直せないと言われた(泣)

■コメントレス■
>F氏。ニャル子は過度の期待をしていなかったので面白かったですよ
関係ないけど「2199」を観た後でも「実写版ヤマト」はアレはあれでイイと思っている自分デス。もっともテレビ放送で初見の人は悲鳴や呻き声を上げていたみたいだけど
あと「COMIC1」のお席は用意できます
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
■二千円札のために泣け!■
2012-04-09-Mon  CATEGORY: 書籍

「昔…二千円札というモノが有りました」

120408aもちろん今でもありますが、なかなか見かけなく…というか全く見ませんので、どこか人の手の及ばない秘境で目立たないように暮らしているのでしょう…
…などと考えていたら急に思い出したこの本

「YAOYORO! FAN BOOK」
なつみんのサークル

この本に「がんばれ!二千円ちゃん」という漫画が掲載されているのですよ
擬人化モノと言ってよいと思うのですが…



二千円ちゃんは日本銀行地下の大金庫で暮らしています

姉妹である一万円は海外旅行中
五千円ちゃんはお稽古
千円ちゃんは原稿中(腐女札?)と
それぞれ忙しそうですが、二千円ちゃんは暇です


世間で流通していないので出番が無いのです

120408dそんな二千円ちゃんは金庫の奥でマイペースに新札の作成に勤しんでいます
(鉛筆で手書き)







そして時々街に出かけます
120408c
階段を登る二千円ちゃんの可愛さ!

二千円ちゃんが街に出る目的は二千札を配布して(無料で!)流通量を増やすためなのですが、通行人にはなかなか手に取ってもらえません
120408e

120408f
意気消沈する二千円ちゃんに無常にも雨が降りかかります。神も仏もありません
120408g
金庫に帰って濡れたお札を乾かす二千円ちゃん
(裸?とか超期待した自分>死ね)

120408i
今日も独り、床につく二千円ちゃん…

報われない労働に日々を費やす二千円ちゃんを描いた大人気?シリーズ
「がんばれ!二千円ちゃん」
みんなも二千円を使って彼女の笑顔を取り戻そう

などと思っていたが、健気な彼女に襲いかかる厳しい現実!!!

二千円札、今年度も製造せず これで9年連続
~12年度は一万円札を10億5千万枚、五千円札を2億3千万枚、千円札を18億7千万枚製造する~
120408dそれでも彼女が金庫の奥で独りコツコツと新札の製作に励んでいるのかと思うと…

目から汗が…






二千円札「製造ゼロ」9年目 「見かけない」「沖縄にはあるぞ」
~ネット上でも「沖縄で2000円札目撃」情報が寄せられている~

目撃情報www ついにネッシーや雪男と同列の扱いになってしまったのか…

だけど諦めない。だってコミケの時には便利ですから
受け渡しの時に必ず驚かれるけど(泣)

●「YAOYORO! FAN BOOK」は「COMIC ZIN」などで手に入ります
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2012/04 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.