アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■エリア88+モバマス■
2012-09-22-Sat  CATEGORY: 書籍

「闘うアイドル。渋谷凛」

この夏。何故か「エリア88」と他作品のカップリング同人誌が2点頒布された。これを受けて編集長の胸に「88懐古ブーム」が湧き起こったのであります

120922a「モバマス88」 KNIGHTS
夏コミで頒布された、サークル「KNIGHTS」の新刊。「シンデレラガールズ」と「エリア88」を組み合わせたクロスオーバー作品です

といってもモバマスのアイドルが中東で血を流すわけではありません

弱小プロ同士がランキングアップを目指して鎬を削る様子を戦争に喩えて描いているわけです
これだけなら「よくあるパロ」で済ませてしまいがちですが、この本「モバマス88」はひと味違います
主人公「シン」役を渋谷凛。敵役「神崎」を神崎蘭子。ネーミングだけでもピッタリですがキャラの性格を考えると、この配役は巧い

凛は神崎と同じプロダクションに所属していたアイドルだったが、蘭子に騙されて移籍契約書にサインさせられる。彼女が移籍したのは「プロダクション88」。全国のプロダクションからなんらかの問題が故に放逐されたアイドル達が集う地の底のような場所だった。凛が88を抜け出すには3年間の契約期間を完了するか、150万マニーの違約金を支払わなければならない。凛は765プロに戻るため他のプロダクションと日夜ライブバトルを繰り返す

他は「サキ」役を吉岡沙紀。「ミッキー」役に島村卯月。「マッコイ」役に千川ちひろ(笑)。凛を迎えに行った「88」の黒服にはトレーナーさんというナイスな配役です。ちなみに原作第一話で出撃を渋ったボウマン(貯金が2千ドルしかないヤツ)を杏が担当。もちろん台詞も「働きたくないぞ!」だ。杏とペアで出撃したのはきらりん。彼女が未帰還になるかは読んでのお楽しみ

耳に挟んだ話では執筆中の続編で「キム」役を仁奈が!
これは楽しみ。原作88の「子供じゃないか」がマンマ(笑)

沙紀は名前で選んだんでしょうね。見た目だけなら年増(泣)や黒髪ロングが他にもいますから。「ミッキー」は美希じゃね?とか思いました。髪もブロンドっぽいし。ですがよく考えれば美希ほどのランクではお薬トラブルでも起こさなければ「88」のような場末プロに流される事もないでしょう。ちひろさんがマッコイ爺さんと同じようなババアなのが悲しいのですが、おそらく作者「騎士二千」さんのこだわりなのでしょう

配役も巧みですが、原作第一話を元にした物語は「エリア88」愛読者だった編集長も納得の展開。原作88の台詞もモバマス世界に合わせて巧妙に馴染ませてあり違和感がありません。全部書き出したいくらいですが、とにかく読んでもらう他ありません

この本の作者「騎士二千」さんは、二つの作品を融合させる上で、それぞれの原作を尊重し、破綻のない設定と台詞を作り上げました
この本は「エリア88」を知らない「モバマス世代」にも近代戦争を描いた傑作「エリア88」を読むキッカケを作ることでしょう


この作品で唯一残念なのは作画がイマイチ物足りない部分ですが、次回作ではより力の入った作画を見せてもらえることに期待したいです



●注意●
以下は特定の本とサークルをコキオロス内容です。ネガティブな内容を読みたくない方はスルーして下さい



さてこの夏頒布されたもう一つの「88」パロ同人誌は「モバマス88」と比較すると非常にお粗末な内容です。比較する事自体が不可能なほど低レベルと言って差し支え有りません。ヲタの情けとして書影とサークル名を上げるのは控えますが、同人誌委託販売店を頻繁に見に行く人やアキバ系情報ページをチェックしている人には直ぐに分かると思う「パンツ+88の本」です

編集長自身はその本をコミケ前の即売会(浜松町)で読みました。原作88の味わいや優れた部分が全く生かされず、パンツキャラに新谷先生の絵を重ねただけの「初見の気味悪い見た目」しか言及できる点が無い、二つの原作への愛情が皆無の「ヤッツケ」本でした

「とらのあな」通販あたりで、このサークルの既刊を見ますと一目瞭然。気分次第でその時々に話題になっている作品を利用して3分だけ話題になるような「ヤッツケ」本を造り続けているのですね。これなら作画レベルが低くても単なるエロ同人誌を作っていた昔の方がまだマシでしょう

要するに編集長としては

書店委託するほど売りたいならもっとマシな本を作れ

と言いたいわけです。他の多くのサークルにもですよ。一発ネタのヤッツケ本ならコピー誌とかで十分

ハッキリさせておきたいのは、サークルに恨みがある訳ではないという点です。「モバマス88」を読まなければ忘れていたところでしょう。しかし情報発信や同人製作の手段が簡単安易になる一方、肝心の中身がお粗末ではテクノロジーの無駄使いでしかありませんよ
またそれらも無意味に持ち上げるブログや情報ページでも、何かを紹介するなら3分だけ話題になるような「ヤッツケ」情報より、もっと実りあるモノを取り上げて欲しいと願います
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■鋼鉄の男と赤い星■
2012-09-03-Mon  CATEGORY: 書籍

「SUPERMAN REDSON」

120903aもしスーパーマンが
アメリカの田舎ではなく
ソ連に降り立っていたら?


「IF~もしも」の設定で「赤い星を胸に付けた鋼鉄の男」を描いた作品「スーパーマン・レッドサン」が小学館から翻訳出版された

物語を簡単に説明する

「SUPERMAN」
空を飛び、鋼鉄を曲げ、弾丸を跳ね返す超人。
宇宙から来た男。
我々の知るスーパーマンはアメリカの片田舎に赤子の状態で漂着する。善良な老夫婦に育てられた彼は成長と共に超人としての力に目覚め、大都会メトロポリスに出てからは出版社に勤める傍ら、危機に際してスーパーマンとして正義のために闘う

しかし、もし彼がアメリカではなく、冷戦期のソ連に漂着していたらどうなったか?
この設定で描かれた作品が「スーパーマン・レッドサン」だ


時はアイゼンハワーが大統領である東西冷戦期。ソ連政府が発表した「水爆を超える超兵器。超人スーパーマン」の存在に世界は驚愕する。天才科学者レックス・ルーサーとその妻ロイスもその一人だった
集団農場で育てられ、共産主義と人民の平等を信奉する鋼鉄の男は世界の勢力を一夜にして覆してしまった。モスクワに居ながらにしてシベリアの事故を感知し、X線を発する目はあらゆるものを透視する。船を持ち上げ戦車を投げ飛ばす超人。スターリンの片腕として人民に奉仕する彼は、いまだ汚れを知らぬ純粋な心の持ち主だった

惑星の反対側で、アメリカ政府の全面的なバックアップを得てスーパーマンへの対抗手段を研究するルーサー。彼は衛星墜落事故を演出して危機に駆けつけたスーパーマンの細胞組織を入手する。そこから生み出されたクローンはスーパーマンに匹敵する力を有していたがイギリスを巻き込んだ両者の戦いはスーパーマンの勝利とイギリスのNATO陣営からの離脱で終わる

しかし世界を制する力を持つスーパーマンも最大の支援者スターリンの毒殺までは防ぐ事が出来なかった。指導者を失い危機に瀕したソ連邦は新たな指導者としてスーパーマンを擁立する。固辞していた彼も社会にはびこる貧困と不平等を目の当たりにして人民のために立つ事を決意する。彼の傍らにはパラダイス島の戦士ダイアナ(ワンダーウーマン)も居た

時は流れ、スーパーマンによる理想社会の到来にアメリカと南米のチリを除く全ての国はソ連の友好国となっていた。しかしあらゆる不正、言論の自由を無くした管理社会には反政府主義者が跋扈し始めた。ソ連の国内で数々のテロ事件を首謀し反政府主義者のヒーローとなったバットマンもその一人だ
彼は異星人による支配を憎む秘密警察長官やアメリカ政府、ルーサーと結びスーパーマンを倒す手だてを整えた。DCコミックの歴史で幾度ともなく激闘を繰り広げてきた超人と蝙蝠男。その戦いの結末は?

そして終盤。ロズウエルの宇宙船残骸から得たオーバーテクノロジーを流用再現した「ランタン」。それを装備した超人特殊部隊と、スーパーマンと決別したダイアナ達アマゾネスの戦士がスーパーマンと激突する。大統領となってアメリカをただ1国で全世界と戦えるまでに復興したルーサーとスーパーマンの最終決戦が迫る

そして驚きのエピローグ


翻訳アメコミが数多く出版されるものの、この名作が何故いままで発売されなかったのか読み終えて憤慨しました

本作の魅力は多い
先ず「スターリン+スーパーマン」という画面の奇抜さ。少ししか登場しないが軍服を着用したスーパーマンも予想外にカッコイイ。天才科学者ルーサーが数々の敗北から最終的な対抗手段を構築する過程も見所だ。終盤で彼が出した決めの1手は鋼鉄の男を内側から攻める奇策で読者に予断を許さない
純粋な心の持ち主だったスーパーマンが多くの失望を経て独裁者「ビックブラザー」になってゆく過程もリアルティがある
客演も豪華だ。ソ連版バットマンはもちろんブルースではないが「人間の力と英知」で超人に立ち向かうところはDC世界の原則に忠実だ
ダイアナ=ワンダーウーマンは唯一、スーパーマンと同じ世界に立てる理解者として物語を彩る
ロイスはクラーク・ケントの恋人としてではなく、ルーサーの妻として孤立するアメリカで最後まで重要な役割を担う
そして「ランタン」。グリーンランタンの力の源泉でもあるそれは、やはりスーパーマンに対抗する手段として用いられる

本作「スーパーマン・レッドサン」は普段、アメコミを手に取らない人でも充分に楽しめる傑作だ。価格もフルカラーが基本の翻訳アメコミとしては手頃で2000円を切っている。翻訳がもっと早くなされていればと思わざるを得ないが、とにかく発売された事を素直に喜ぼう
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2012/09 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。