アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■妖怪を美味しく食する百の方法■
2012-10-23-Tue  CATEGORY: イベント

「妖怪オンリー同人即売会 妖怪卸河岸」

121023b先日の21日に高田馬場で開催された妖怪オンリー同人即売会「妖怪卸河岸」に出かけました

正直に申しますと他に行きたくなるような催しが無く天気も良かったので「なんとなく」出かけたというのが本音です
しかし「なんとなく」も時には良いモノで、今回は予想外の珍妙な本に出会えました

先ずはイベントの簡単なレポ

場所は高田馬場駅から徒歩5分ほどの山手通り近くにある「Shimizu Creative Studio」
印象としては写真関係のスタジオとギャラリーを併設している施設に見えました
12時開場で編集長は正午過ぎに到着。入場料200円也
建物地下にある二つの小部屋が会場で直接参加が約30サークル。委託参加が6サークルと、こぢんまりとした催しです。個人的な印象としては大学の文化祭で見られるような小規模クラブの展示会のような感じでした
「妖怪」というテーマで集ったサークル・作家さんたちでしたが、どなたもこの催しを心待ちにしていた雰囲気が強く、来場者を温かく迎えたいという空気が心地よいイベントでした。そんなアットホームな雰囲気の中に消去法でやって来た編集長は、まったくもって申し訳ない気持ちでイッパイであります。スミマセン

しかし参加サークルの数こそ少ないモノの、展示有り、絵描きの実況有り、グッズ、本、怪しげな音楽と「妖怪好き」な方々には宝の山であったに違い有りません

個人的には開催前から気になっていた「愛知妖怪画報」「水木絵のモトエ」を購入できて満足しましたが、なにげに購入した1冊の本。これがなかなかにインパクトのある内容でした。以下に紹介します

121023a「臑擦裏百珍」散華庵スクイマクル海支部

このタイトルだけで元ネタが分かった人は、なかなかの古書通(古本ではなく古書・古典籍)です
江戸時代に人気を博した今で言うところの料理レシピ本「豆腐百珍」(100種類の豆腐料理を紹介したレシピ本の元祖とも言えるベストセラー)のパロディ作品です
では豆腐の代わりとなる食材が何かというと、これが「妖怪すねこすり」(笑)
何故、すねこすりを食べねばならないかは作者のみぞ知るところでありますが、この本「臑擦裏百珍」は元の「豆腐百珍」を丸ごと再現したかのようなコダワリの1冊になっています
巻頭の辞や巻末の挨拶などの文体は古式ゆかしい漢文形式。本文たるレシピ部分は読みやすくカタカナひらがな混じりの文体になっていますが、馴染みのない漢字が多用されているため、漢和辞典などが手元に無ければ想像力で補って読むしか有りません

レシピは6段階に分かれて紹介されています。先ず「尋常品」「通品」「佳品」「奇品」「妙品」「絶品」です。「豆腐百珍」のwikiから引用させていただきますがそれぞれの意味は以下のようになっています

「尋常品」どこの家庭でも常に料理するもの

「通品」調理法が容易かつ一般に知られているもの

「佳品」風味が尋常品にやや優れ、見た目の形のきれいな料理の類

「奇品」ひときわ変わったもので、人の意表をついた料理

「妙品」少し奇品に優るもの。形、味ともに備わったもの

「絶品」さらに妙品に優るもの。ただ珍しさ、盛りつけのきれいさにとらわれることなく、ひたすら具材の持ち味を知り得るもの


このような内訳に沿って、以下のようなレシピが紹介されています

コーヒー。お茶。唐揚げ。炊き込み御飯。鍋。肉じゃが。みそ汁。洋風煮込み。チャーハン。お造り。膾。漬け込み酒。餃子。グラタン。リゾット。天麩羅。揚げ菓子。饅頭。フォンデュ。ラーメン。水菓子。パイ。蒲焼き。浅漬け。キッシュ。茶碗蒸し…他多数

材料の「すねこすり」が手に入れば容易に出来そうなレシピに見えましたが…
それ以外にも「墓場の塩」とか「蝦夷砂糖」とか「豆腐小僧の豆腐」など、入手難易度が高いシロモノがゾロゾロと登場しますので、あちらの世界と特別な繋がりが無い人には難しい内容であることも事実です

なにげに南蛮渡来の技法が多数紛れていますが、そこが百珍たる所以でもありましょう

100種のレシピを順に読むだけでも相当に面白い本なのですが、作者の清美ヶ原遊市さんが本文に散りばめたユーモアが単なるレシピを面白オカシイ文章に仕上げています

例えば「臑珈琲」の一部分を見てみますと…珈琲で言う焙煎時間の注意事項としてこのように書かれています

「葡萄酒色になりぬれば、涙の零れ落つ苦みと、七日の間何を食すとも臑珈琲になりたる酸味に苦しむべし」

こんな調子でレシピの彼方此方に頬の緩む部分があり、笑いを堪えて読むのに苦労しました(喫茶店で読んでた)

紙を糸で綴じた装丁から文章の練り込み、レシピ100種の考案とそのヒネリ具合。そして溢れるユーモアによって、この本「臑擦裏百珍」は実に面白い1冊となっています

イベントとしての「妖怪卸河岸」も一般参加者が100人を超えたそうで、初回であり同人即売会の人たちには全く馴染みのない場所であったことを考えると、まずまずの成功だと思えます。個人的にも予想外に面白かった催しだったので、次回の開催に期待します
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■ランチをどこで食べるか■
2012-10-19-Fri  CATEGORY: ネタ

「という重要問題に関して」

地元の吉祥寺で昼飯を食べる店として最も頻繁に利用させて貰っていた「さくら水産吉祥寺駅前店」が

今月末で閉店だとぉ!!!

戻りカツオの豆腐餡かけ…美味かったのに

無料の玉子をパクリまくる連中の所為としか思えない。地獄に墜ちろ
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■第3回近しき親交のための同人誌好事会■
2012-10-08-Mon  CATEGORY: イベント

「境界線上のホライゾン中心同人即売会」

121008a121008b
に行ったわけです。蒲田のPioまで。と言っても個人的には昨日の九段下第二会戦で実弾を消耗し尽くしたため、そもそも買い物ができる状況ではなかったのですが、同日開催された海上自衛隊の観艦式でお船に乗りに行く大坂のSさんのために代理で出かけたような心境です

現地到着は開場30分前くらい。2階の入り口脇にある階段から待機列が上階に向かって伸びています。ヨロヨロと上がっていったところ4階の非常口前で待機列が折り返していました。その辺りで最後尾につきますが、死ぬほど蒸し暑い

浜松町の都産貿でも、池袋の文化会館でも、狭い階段での待機経験は豊富にありますが、今回の場所は最上階の折り返し地点という、熱気が最強に強まってる地点なわけでして、空気が全く動かないため、まるでサウナのような蒸し地獄

開場時間近くになると、壁に水滴が付き、階段は濡れて滑るというワケワカメ
表の爽やかな天気がウソのようですよ…

それでも待機列の進み具合が早かったため12時5分くらいには入場できました

最初に川上さんの新刊を確保して、狭い会場を一回り。10分後に終了

せっかくだから1階で開催していた百合オンリーも覗いて馴染みの数サークルで新刊を購入。こちらも15分ほどで終了

七五三なので開いていたクリーニング店隣の和菓子屋にて団子、大福、赤飯を購入
どれも美味い

満足して帰路につきました。しかし今日は珍しいことに知り合いに全く出会わなかった…

●余 談●
今日の川上さんの新刊。「とらのあな」買い取り価格は800円だった模様


●先日のシュタゲオンリーで急に思い出した件●

121008c見本誌置き場にあった
個人的に一番気に入った本は

←これだ


未来のバイト戦士がイロイロ頑張るお話。バイト戦士スキーなら超オススメ

編集長はアルターの「鈴羽&山バイク」
当然予約しましたよ?







ページトップへ  トラックバック0 コメント2
■コーマン帝国■
2012-10-06-Sat  CATEGORY: 趣味とか

「本物の伝説は血まみれプールに」

121005dタイトルを見てイカガワシイ期待と共に来た方は腹筋50回!!

ロジャー・コーマン
アメリカの監督、兼、プロデューサーとして400本以上の映画を製作してきたリアル進行形の伝説映画マン(現在86歳)
「コーマン帝国」はこの生きる伝説ロジャーの足跡を超豪華な面子に解説させる伝記映画です

このロジャー・コーマン
何故に伝説なのかというと…



●400本以上の映画が全て制作費を回収しつつ興行収入も上げている

●徹底した低予算と製作期間の短さで、業界に右に出る人がいない

●にもかかわらず芸術的視点から見ても悪くない映画も手がけている

●外国映画の米国配給でも業界で一日の長がある

●その長い制作歴で多くの有望な俳優や監督などの巣立ちを助けてきた

●…で、現在も怪獣にビキニの美女が喰われて血まみれになる映画を作っている


レンタルDVDで見られますので、映画にいくらかでも関心のある人は必見。ジャック・ニコルソンが手放しでロジャーを褒めまくる映像を延々と見せられます

121005e「私はいかにハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか」

こちらの自伝も必読。娯楽読み物としてだが

映画の方では軽くしか紹介されなかった初期の苦労話を、これでもか、と読ませてくれます。あとこの種の伝記本よくある、子供時代のどうでもイイ話を延々とされないのもありがたい

*このページの画像は密林に繋がっておりません



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■月刊ワガママPC報告■
2012-10-05-Fri  CATEGORY: 趣味とか

「壁紙チェンジャー」

先月初めにBIOS更新してから、今のところ深刻なトラブルは収まっている。予備のHDDも用意してあるから早めに全体バックアップをしなければならないが、なかなか手が動かない無精な編集長であります

とはいえ細かな変事は起こるモノで今朝方のトラブルも相変わらず原因が良く分かりません

●密林の背景画像が壁紙にナタアルヨ●

アマゾンのページでブラウザーが固まったので、一端ブラウザーを落として再起動したら壁紙が何故かアマゾンの背景画像に変わってしまった。右クリック操作とかしていませんね
最初、何が起きたのか理解できなかったのでPCを再起動してみたが直らない。そこで初めて壁紙が変更されているのに気が付いた。「画面のプロパティ」から確認してみると「Internet Explorer 背景」がアマゾン背景に変更されている。ワケワカメ

しかもよく見ると、壁紙候補として変なBMP画像が沢山登録されている。もちろん身に覚えがない。ググル先生で調べてみると「マイピクチャー」に納めた画像が自動的に壁紙として登録される事があるらしい

しかし問題は自分のPCに「マイピクチャー」フォルダが無い事だ。正確にはそこに何も入っていない。基本的には「マイドキャメント」に画像を納めてあるからです。削除を試行するも、そもそも「画面のプロパティ」からは登録されている画像の削除ができない。もちろんCドライブの「WALLPAPER」フォルダにも入っていない

不思議なのはBMP画像だけで自分で壁紙登録したJPG画像が登録されていない点だ。しばらく調べたけど原因も対処法も、コレといった方法が見つからなかったので非常に面倒くさかったが該当BMP画像を個別にJPGに変換したら登録画面から消えた

今回の変事は大したことのないモノでしたが、とにかくPCのワガママは原因が判明しないことが多いので悔しい

●漫画で読むワンフェスディーラーの悲喜こもごも●

121005a井原裕士さんが長年「電撃大王」に連載していた「DOLLMASTERぱられる」が単行本になった
保存していた切り抜きを処分できるヽ( ・∀・)ノ
この作品は実際にワンフェスディーラーとして参加している井原さんが自作キャラにレポートさせるリアルな漫画です

徹夜。開場ダッシュ。行列。
そしてWFが有明から追い出されるキッカケとなった「エスカレーター事故」のレポも当時のままに掲載されました。ワンダホー
そう言えば「オタキング」などと自称している元ヲタの岡田斗司夫氏は事故の直後「エレベーター事故は主催の海洋堂に責任はないことを詳細に解説する」とか吹聴していたけどバックれたよね

当時のニュース画像を見ても上がり人数が半端無いよ
121005b
これで主催者の責任がないとか冗談ダロ
おかげで今でもコミケ期間中はエスカレーターが使えないので不便もはなはだしい

話は変わるけど、コミケをエロで幕張から追い出した千葉県はWF会場で販売されているエログロフィギュアをどう思っているのか聞いてみたい

●最近のいろいろニュース●
1930年、日本陸軍が尖閣諸島の詳細な測量を行う
>歴史的にそれまでまったくどの国にも所属せず、かつ無人島だったのですから、最初に測量をした国の所属であることは言うまでもありません

複雑な構造でも精密に再現できる安価な3Dプリンター「FORM 1」
>マジ凄い

細野不二彦「ギャラリーフェイク」7年ぶり新作の執筆決定
>もちろん三田村館長は出るのでしょうね?

知らぬ間に“自宅ビュー”を撮影されている恐怖、AndroidマルウェアのPoC
>スマホを使わない理由がひとつ増えた

「黄金サンマ」岩手で水揚げ-築地市場で1万円の高値 「突然変異か」と話題
>放射能による突然変異だと思うがどうなのだろうか

「乙嫁語り」グッズ発売
>普通にカレンダーとか作って欲しい。描下ろしで
そんで写真合成で手抜きカレンダーを作るのに忙しくて連載やたらと休む電撃大王の某氏に爪の垢を煎じて飲ませたい

マクドナルドが死んだ日
>マック行かないから関心は低いが経営陣の信じがたいほどマヌケな判断ミスだと思う

反日マスコミによって作り出されたオスプレイ騒動
>凧揚げとかしているヤツは真面目に逮捕した方がよい。あれで市街地に墜落しても米軍の所為にするのだろうから

使途がおかしい復興予算、今頃になってやっと調査
>岩手、宮城、福島の被災三県には全体の一割未満しか事業費が支出されなかった

NYに慰安婦問題の謝罪求める看板設置
>戦争を仕掛けられているのだから応戦しなければならないと思う

映画に出てくるサメの襲撃シーンで特にスゴイものまとめ
>ジャンボジェット旅客機丸飲みはワラタ

空想の生物絵【画像あり】
>和む

「朝日は安倍というといたずらに叩くけど、いいところはきちんと認める報道はできないのか」→「できません。社是だからです」
>会社の基本方針だそうです

「酷い終わり方の漫画」と言えば?
>異論の余地無く「僕はビートルズ」一択

エ口同人を台無しにする要因を書いていく
>アヘ顔。ダブルピース。漫画太郎落ち。奇乳。異臭モノ

片山さつき氏 財務省時代に領海防衛に必須の潜水艦削減要求
>「時代遅れの潜水艦は必要ない」だそうです

アグネス 「中国、反日教育してない。中国も韓国も米国も同じ歴史教えて、日本だけ違う歴史教えてる。真実教えてない」
>これに対して以下のような発表がある
日米中韓台歴史教科書で一番公正なのは日本
>結論から言えば共産党宣伝部は早くお帰り下さい

■コメントレス■
>Fさーん。エクスプラスの宇宙人は見本を見る限りでは凄い出来。ただ最近のウルトラ関係再販を見ると微妙なモノもあるので店頭で製品版を確認できれば一番デスヨね

あと例の宮崎駿パクリ漫画も店頭で見た。中身は見れなかったけど、この人、シリーズを他にも2作描いているよね?そちらは見たけど「恐ろしいほどヘタクソ」という点を除いては宮崎っぽさは皆無だったことを考えれば、やはり編集に強いられたのかな?

ピーター・フォンダの「怒りの山河」と「地球の危機/地底世界」DVDを買ってしまった
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■シュタゲオンリー同人即売会+中古フリマ■
2012-10-01-Mon  CATEGORY: イベント

「とりろじ3に行きましたヨ」

台風の接近でお帰りの足が気になる今日。浅草橋の文具共和会館で開催されたイベント「とりろじ」に出かけました

「とりろじ」は小規模同人即売会+ホビー系中古フリマ+中古同人誌フリマによる複合イベントです
今回で3回目の開催となります


「シュタゲ」オンリーの参加サークルは18サークル。少々寂しい数ですが「神葉烏龍茶」がエントリーしています

開場5分前くらいに現地着。地下駐車場で待機している一般参加者は20人前後くらいでしたか。卸商会館か東日本橋で♂向けイベントが有れば流れてくる人もいそうでしたが残念ながらこれといったイベントがありませんでした

開場後「神葉烏龍茶」の不在に泣きつつ、シュタゲサークルを一回り。ノマカプ本を中心に何冊か購入して終了。「裸Yシャツ友の会」さんの駄目男3人組の短編や「BEAT GEYSER」さんのバイト戦士幼女化本などが、ちょっと良かった感じ

1、2回目は出かけられなかったので初めてとなりますが、雰囲気は「楽市楽座」と似通っていますね。違いは入口に酒が無いくらいですか

中古ディーラーさんも楽市で見た人たちが多いです。中古同人誌100円均一のブースは「なごみ」の不良在庫処分っぽい雰囲気です。アキバ「とら」地下の105円箱に換算すると30箱くらいでしたか。なかなか量があり見応えがありました

他のディーラーさんの中にはアキバ価格より、あえて激安で販売している方も居て心意気を感じました。その心意気を無にしないためにも購入したエロ同人誌でダイエットに励むナリ

中古同人誌やホビー系を見つつ…
近所の小学校バザーより安い衝撃価格のカレー(200円)+トッピングのソーセージ(3本100円)+缶コーヒー(100円)。合わせて400円
…をいただきつつ「神葉烏龍茶」を待ちますが13時を過ぎても来ないので諦めました

全体的な印象としては、短期間に3回も開催されているなど主催者にヤル気が充ち満ちていますが、いかんせん知名度の低くさが来場者の数に反映されているのが残念です。ほとんど採算度外視でカレーを振る舞う点や、イベントのチラシを(少なくとも楽市より広範囲に)配布している点など、頑張っているのが分かりますので個人的には応援したい

同人即売会と中古フリマが合体したイベントでは、今は無き「WHF」くらいしか思い当たらないので、首都圏唯一の複合イベントである「とりろじ」。次回も是非参加したいと思います。参加費も中古系イベントとしてはかなり安いデスヨ

あとカレーはもう少し辛口にしてね
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2012/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.