アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■夏の同人読書週間2013~Imcomplate■
2013-07-30-Tue  CATEGORY: 書籍

「貴音様。二郎に挑む。ついでにバトる」

130730a「脂拉油姫」Imcomplate
アイドルマスターのラーメン姫こと貴音さんが二郎でバトる作品
…解説おわり
では済まないので、もう少し詳しく書きます
ゴメンナサイ
主人公は各地の二郎(作中では二十郎)で幾多の全マシを平らげている、自称「有名ロティスト」(笑)。今日も今日で三田本店にて日課の一杯を平らげようと赴いたところが、列に似つかわしくない美少女が。こりゃーイイとこ見せないと!と張り切ったものの、腹ただしい事に野郎連れときたもんだ。あまつさえ、その野郎が二郎の大盛りを舐めたような事を言いやがる!こうなったら、女の目の前で恥をかかせてやるしか!
ところが何を間違えたのか、勝負を受けたのは美少女の方だった。
彼女こそ「脂拉油姫(スノーホワイトと呼ぶらしいwww)」こと四条貴音。近隣の有名ロティストで知らない者の居ない猛者だった…

というお話。彼女が「姫」と呼ばれるのは、麗しい姿だけではなく、勝負に負けた者をも称え優しく接することからでもあるらしい。まあ編集長も貴音さんに優しく撫でられたいねえ

ところで、伏せ丼って都市伝説だよな?

■コメントレス■
>原稿の件。少々時間を下さい。現物がどこにあるか、あるいは、未だあるか探さねばなりません
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■ぱしふぃっくりむ予告編■
2013-07-29-Mon  CATEGORY: 趣味とか

「特撮怪獣映画スキーなら見るしか」

ページトップへ  トラックバック0 コメント3
■夏の同人読書週間2013~ファイヴ・セヴン■
2013-07-27-Sat  CATEGORY: 書籍

「ダウザー。ゾーンを行く」

130727a「S.T.A.L.K.E.R.」ファイヴ・セヴン
元ネタの片方が東方星蓮船のナズーリンというのは一目瞭然(かな?)ですが、もう片方が分かる貴方は洋ゲーに詳しい人でしょう。もっとも本のタイトルがそのまんまなのですが(笑)
ご存じない方のために簡単に解説します

S.T.A.L.K.E.R.」とは「ZOO」が制作したゲームのタイトルでタルコフスキーの映画「ストーカー」からアイデアを貰った作品です
内容は放射能で汚染されたチェルノブイリ周辺を舞台にしたサスペンス&ホラー&アクションなゲームで人知を越えた現象が発生する汚染地区、通称「ゾーン」に潜入して様々な依頼を遂行する非正規探索者「STALKER」を主人公にしています
ナズーリンは(幻想郷とどのような関わりがあったのか分かりませんが)そのゾーンでSTALKERの一人として活動しています
クロスオーバー作品としては、それなりのボリュームがあるのですが、編集長が元ゲー「S.T.A.L.K.E.R.」をクリアしていないため物語の流れがイマイチつかめていません。それでも無機質な装備に身を包んだナズーリンは斬新なイメージで、ほんわかとした幻想郷と隔絶した世界観とあいまって興味深い作品となっています

まあ…なにより「S.T.A.L.K.E.R.」などという殺伐としたゲームが元ネタになっているだけ貴重というか珍しいというか、このような形で紹介したい気持ちになりました。とりあえず続きをヨロシク

■悲報。今回のワンフェス。行けません■
>行けなくなると悔しくなる。天の邪鬼なわたし。ダイパスをヤフオクで売っていたヤツは納豆の呪いを受けよ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~KKKISS■
2013-07-26-Fri  CATEGORY: 書籍

「湿気島の楽しくないようで楽しい暮らし」

130726a「KISS×KISS×KISS」KKKISS
この本は、ルフィ達が2年間隠れていた時期。ミホークに庇護されたゾロとペローナ。3人の面白オカシイ日々を描くコメディシリーズを再録した本です

結論から言えば

ゾロもペローナも鷹の目も…
みんなお茶目だね


という事です
作者の九条えみりさんは巧い絵を描く人で、あのマスクのような顔面のペローナが怒ったり泣いたり笑ったりしているところをしっかり描いていて、やっぱり女の子だと実感させてくれます
ワンピだとノマカプ島を巡っても、そもそもサークル数が少ないのでカプを選ぶ事が難しいのですが、俗に言う「シッケアール一家」の本で、しかもこれだけ巧い描き手は貴重です。末永くペローナさんを描いて欲しいと思いましたよ

とか適当な事を言っていたら壁サークルだった。無知ってコワイ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■まりかセヴン4■
2013-07-25-Thu  CATEGORY: 書籍

「脳天気に戦う女子高生。2キロ太る」

130725cおそらく中高年独身男性に人気と思われる漫画
「まりかセヴン」の4巻が発売になった。このシリーズの一番の魅力「脳天気さ」は今巻も健在でした。良かった。ヨカッタ
3巻まで読んでいてもっとも心配だったのが米軍の暗躍とか政治の都合に巻き込まれて、悪い意味でシリアスになることだったが、全くの杞憂におわったみたい
主人公のまりかは、今巻もキムチ丼大盛りを食べたり、秘宝館に入ってみたり、温泉で飲酒してみたり、野戦糧食をかきこんだり(全裸にニットのみという神々しいお姿で)、深層意識の中で炬燵に籠もったりしながら戦っています
…平和だ


ちなみに、巻中の「温泉」回で惜しげもなく女性陣の肢体が披露されていますが、
これが全くエロくない

巻末の作者あとがきでも書いてあったが、連載当時「2ch」で同じような評価が多かったとか。まあ、このお話ではエロさは必要ない気がするので問題ないと思うが、そもそも作者の伊藤さんは女体をイヤらしく描く事が出来ない人だと思う。本人的にはその必要を感じていないのだろう。それでも一読者としてはありがたく視姦させてもらった

4巻の見所は爆装したF4ファントムの活躍に尽きると思うのだがいかがでしょうか
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~BAMBINA■
2013-07-25-Thu  CATEGORY: 書籍

「吼えペンの萌ってヤリたくならないか」

130725a「Blue Lagoon」「炎のラブアフェア」BAMBINA
島本和彦先生の最大のヒット作「燃えよペン」「吼えろペン」。
初期からの重要な登場人物でラブラブビームを飛ばし続けていたにもかかわらず結ばれることの無かった(まあ実在人物をキャラに仕立てた作品でセックルは描けないよな)炎と萌。それがあまりにもどかしかったのか御子様厳禁の「吼えペン」が生み出されてしまいました。ハラショー!

正確には18禁一歩手前くらいの描写ですが「吼えペン」の萌があまりにイイ女なので普通に連載を読んでいた頃からイロイロと妄想してた編集長は大いに満足です

130725b二次創作同人誌で「吼えペン」とか、一部のギャグ
流用を除くと、キャラをメインに描いた作品って見た記憶がないのですよ
だからこのサークル「BAMBINA」さんの2冊はなんとも貴重です。ハッキリ言えば程々な描写だから良いので、あのキャラ絵で、最近、サンドバッグを作ろうとして印刷所に断られたイナゴサークルのような下品で暴力的な内容だったら逆にお断りですよ。いやマジで

作者のマユラさんが描く、スレンダーで手足が長く着痩せするけど、脱いだら凄い萌さんが大変に目の保養であります
ずいぶん古い本なのですが、是非また描いていただきたいですね
■コメントレス■
>修羅の国の人
「シャーロック」もう出るのか。早いね。あと「まりかセブン4」も明日発売。
海軍肉じゃがカレー美味い。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■夏の同人読書週間2013~MARU PRODUCTION■
2013-07-24-Wed  CATEGORY: 書籍

「トトコの作者。吾妻ひでおを描く」

130724a「スズとクロキ」MARU PRODUCTION
単行本が発売されている漫画「事件記者トトコ」の作者、丸山薫さんの個人誌
今年春のコミティアにて購入。基本的には学校を舞台にした不条理ギャグ。一読して、「不条理日記」を発表した頃の吾妻ひでお先生の作風にソックリだと思った。これは言葉で説明できないので読んで頂くしかない

女の子も可愛いし、エロい先生も出るし、変な生き物も登場するし、読んでいて非常に懐かしい気持ちになった
吾妻ひでお先生が美少女漫画の代名詞であった時代に、仲間たちとミャアちゃんの売りが靴下にあるか、ポニーテールにあるかで喧嘩した若さを取り戻したい…。ちなみに丸山薫さんの過去同人誌を調べたらティアで気になったイラスト本とか何冊もあってワラタ。でも手元にないのが…(悲)

●最近のいろいろニュース●

訃報:中国武術研究の第一人者・松田隆智氏が死去
>中国武術をテーマにした漫画の名作「拳児」の原作を担当された方

GX夏コミ情報局
>「バルメスムース抱き枕カバー」。「Theガッツ」シリーズファンにピッタリ

【悲報】おとんがうなぎを買ってくると出かけたきり帰ってこない
ご飯も5合炊いたのに肝心のウナギがやってこない
60:2013/07/22(月) 20:04:54.21 ID:DDZ6d23P0
用水路の様子見に行ったんだろ
65:2013/07/22(月) 20:05:56.75 ID:geKJ81tN0
>>60
あかんそれ志望フラグや

「宇宙戦艦ヤマト2199」のオープニングテーマ変更に対するアニメファンの反応
>単に曲の出来がどうでもいいシロモノだと思うが、
ドリルミサイルの先端にある(笑)サーバールームをそのままにしたほど原作を尊重しているらしい(大笑)監督には悔しかろう

薄さ5.5ミリでクレジットカードサイズの超コンパクト携帯電話「Micro-Phone」
>電話しかしないしこれ欲しいな

2013.7.13 03:25 [産経抄]
>~日本の歴代首相は、さきの戦争について「謝罪と反省」を繰り返してきた。その心が通じない最大の原因は、両国が異常な「反日教育」を続けてきたことにある。靖国神社に対する難癖は典型で、安倍首相には、粛々と参拝してもらいたい。いつまでも「謝罪せよ」と繰り返す彼らには、もう、うんざりだ

シェフ帯同禁止、練習撮影、日本語通訳入場させず…韓国に嫌がらせされるサッカー日本代表
>~日本代表にとって最大の打撃となったのは、練習が非公開にできなかったことだ~

米国「憲法改正は日本の内政問題だと言ってんだろ」
>世界で最も空気を読まず人の話も聞かない国が隣にある不幸

投票用紙をネット掲載=「撮影やめて」選管警戒
投票用紙の撮影が禁止の理由は票の売買・投票先の強制防止のためでしょ?
>撮影を認めれば投票率の上昇につながるとか不可解な事を言う輩もいるが、投票の秘密を守る事はなにより重要だと思う

「タッチ第一」に賭けたMicrosoftの誤算
>~壊滅的な四半期決算のおかげで株価は翌日11%も下げた。業績 悪化の大きな原因は9億ドルにも上るSurface RTの在庫処理だった~

従軍慰安婦が高給取りの戦時売春婦である証拠の「尋問調書」は本物だったか?
>~以前より慰安婦問題に関して様々な事を調べているテキサス親父が最近発見したネット上に上がっている1944年に報告された「尋問調書」に注目した。しかし、ネット上にある物の中には、捏造された物が多く存在し、その米軍の報告書とされている物が本物であるかという疑問を持った。そこで、以前も竹島問題で「マッカーサー電文」が本物であるかどうかの確認を依頼したワシントンDC郊外にある「国立公文書館」へ問い合わせた。約2週間後にそこから一通の手紙がテキサス親父に届いた。その中には、そのネット上に上がっていた内容と同じ物の原本のコピーが同封され、間違いなく米軍が慰安婦の捕虜達に尋問した一部始終が記載されている書類だった。この中には、次のようなことが書いてあった~
・慰安婦達の証言では、志願して雇用され高額の給料を貰っていた。
・待ちへ出かけて化粧品や洋服など好きな物を買っていた。
・時間の関係で全てのお客(兵士)にサービスができない事を悔やんでいた。
・日本人の兵士達とスポーツをしたり、ピクニックをしたり宴会をしたり様々なイベントを一緒に仲良くやていた。
・借入金がある慰安婦は、その返済が終われば希望があれば国へ帰ることも出来た。
・日本の兵士と結婚する者もいた。


無料でパソコン回収してくれる会社の工場に潜入したら、よだれが出たの巻
>自分のIBMもここに頼めば良かった…


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~親方Project■
2013-07-22-Mon  CATEGORY: 書籍

「Mottainai精神で懐を暖める方法」

130722a「省エネ・ヤフオクの本」親方Project
ひじょーに個人的な話になるが、編集長も粗大ゴミが気になって仕方がない時期があった。もう20年以上前になるが、骨董市に足繁く出入りしていた事がある。古いものをイジクルのが楽しかったのだ。壊れかけた時計とか木製の牛乳箱などを集めていた。それが高じて夜明けに近所のゴミ捨て場にお宝を探しにいく事もやった。今では条例が改正されてゴミを持ち去るのは違法となったが、当時は誰にも咎められなかったから古本や、使えそうな小道具を持ち帰って掃除し悦に入ったものだ

もっとも自分の場合は、それらをどうしようとか考えなかったが(当時はヤフオクが未だ無かったと思う)、この本の作者「親方」さんは使えそうな機械類をヤフオクで販売し、その記録をまとめたのだ。これが面白い

例えば、とある仕入れ場所の1ヶ月間の様子を数日おきに撮影して解説しているページがある。回収直後のスカスカな様子から始まり、徐々に機械類が積まれて、最後にはジャンクの墓場になる様子が記録されている。「親方」さん以外の誰かが持ち去ったり、壊して特定のパーツのみ取っていったりされた様子が解説されており興味深い

別のページでは「高く売れた物。変な物」が紹介されている。編集長には機械の元値や価値も分からないが「親方」さんも、どうもその辺を分かっていない様子である。この方はヤフオクのスタイルがとてもシンプルで、なんでも「1円」で出品する。元がタダだから動作確認をすることもあるが、細かい説明は省いて返品も受け付けない。そのようなやり方で5年ほどの間に2000件ほど扱ったそうだ。なかなかにエネルギッシュな人だ

後半のページには数百件分のデータも記載されている。商品名と落札価格だ。そのなかでダントツに高額なのは251000円のマルチメータ。現行商品だったらしいから何故捨てられたのかも謎だ

本の発行が2010年だし、記録そのものがそれからさらに数年遡るので、現在の市場には反映できないと思うがジャンク機械類が好きな方には面白く読める本です
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~ハイパーサマーウォーズ■
2013-07-21-Sun  CATEGORY: 書籍

「男子高校生の…じゃない日常」

130721a「ジャケガイ★オネガイ★ウタガイ」
ハイパーサマーウォーズ
以前、画像掲示板を泳いでいたとき、なにか妙に見覚えのある暴力的な漫画を目にし、気になって調べた結果、このサークルがアニメにもなった

「男子高校生の日常」作者である
山内泰延さんの個人サークルであると知りました

(何故かwikiにも書いていない)

一読すれば納得の粗暴なギャグw
殴ったり、襲ったり、鼻血を出したり、空気の読めないバツの悪さと、キャラが平凡な高校生から、妖怪と殆ど妖怪のような巫女に変わっただけで、
130721bまるっきりそのまんまです(笑)
編集長はアニメを見て漫画を読んだパターンなので
「男子高校生の日常」に愛着があったわけではありませんが、これらの同人誌の中で…

暴れる霊夢や恥ずかしい目に遭わされる紫、そして常になんらかの暴力の犠牲者としてでしか登場しない他の気の毒な方々を見るにつけ

いつも殴ったり殴られたりしているあの3人を思い浮かべてしまい、二次創作を読んでいる実感がまったく無くなってしまいます。特に困りませんが
粗暴なギャグというのは、なかなか人に勧めにくいのですが、あの「男子高校生の日常」作者だけあっ
130721cて「強引なお笑い」を保証します














ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~シネラマショット■
2013-07-20-Sat  CATEGORY: 書籍

「インディジョーンズ的な美少女(笑)の大冒険」

130720a「CINERAMA COMICS」シネラマショット
今年の春のコミティアで見つけた本で一番気に入っている作品。10ページのコピー誌ですが「いまどきこんな漫画が世にあったなんて…」と感激したベタなコメディ作品
いや正直、幼稚園児向けの絵本だって…

「坂を転げ落ちるミカンを追いかけて、知らぬ間に大ピンチに追い込まれる主人公」なんて出てこないぞ

冒頭に3コマほど状況解説があるだけで、あとは全部サイレント映画のように脳内に流れるBGMだけで読む漫画です。バスター・キートンとか。3馬鹿大将とかチャップリンとかが大好きなんだろうな…
宝物殿に入った女の子=フリコさんが聖杯っぽいのを掴むから、やっとミカンを諦めるのかと思ったら転がるミカンを止めるために投げつける目的で掴んだだけで、一気に力が抜けた
フリコさんは可愛いし、敵はナチの残党っぽいし、呪われていそうな宝物とかでてくるし「ヤングインディジョーンズ」ならぬ「リトル・インディちゃん(はあと)」とかなタイトルでルーカスが作ってもいいんジャマイカ?
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
■夏の同人読書週間2013~ワグナリア3皿目■
2013-07-19-Fri  CATEGORY: 書籍

「犬のような彼女 T型およびY型」

ワグナリアお勧めシリーズ。3回目もお子様お断り。今回はグルメ評論家の編集長76号がお贈りします
130719a「シェフのこだわりの何か」犬舌
サークル「犬舌」の「むかも」さんが描く犬のようなキャラを味わうシリーズ。前菜は佐藤と八千代の鉄板カプでございます
さて本を開いて最初に感じるのは、本全体から感じられるホニャララとした味わいであります
甘すぎず、濃すぎず、といって淡泊でもない繊細な調味に感心致します
次に気がつくのは八千代の表情が完全にパターン化しているにもかかわらず、台詞に応じた表情に見えるところが、キャラの下ごしらえに時間をかけている事を主張しているようです
メニューとしては「閉店後に二人で帰る」だけのとてもシンプルなモノなのですが、続く皿に期待したくなるホワホワした「こだわり」を残しています
130719b「かるい家族計画」
2皿目は素材を変えて、相馬と山田(仮)という、これまた鉄板な組み合わせ
しかし素材が共に扱いにミスると生ゴミになりかねない毒味を含んでいますのでシェフの腕の見せ所でもあります
こちらは始まり早々、佐藤と小鳥遊という苦み素材を投入しており予期せぬ隠し味に意表をつかれます。しかしその隠し味が山田(仮)の「ウザさ」を紳士の皆様に親しみやすい愛らしさに変化させていて、
やはり山田(仮)は叩いてこそ美味しくなることに改めて気がつく次第です。
さて叩かれてすっかり弱々しくなった山田(仮)の味わいを充分に堪能したところで、もうひとつの素材、相馬が主張し始めます。共に違う種類の毒味を含むだけに単品では旨味が出ない素材なのですが、そこはシェフの「むかも」さん。相馬の登場で、弱々しくなった山田(仮)が徐々に元来の「ウザさ」を取り戻しキッチリとした山田(仮)らしさが全面に出るように巧みに仕組んでいて見事です。山田(仮)の言う「お兄ちゃん」とか「家族計画」という台詞は、まあ「軽い」のですが、その軽さ・緩さが心地よく感じられる具合に仕上げているあたりが、侮れない作品です
130719c「迷える子羊の春野菜添え」
メインディッシュは紳士の皆様大好物の肉料理
もちろんお子様お断りですよ
素材は前菜と同じく佐藤と八千代。コースにおいて同じ素材に再会するのは興ざめというモノですが、そこは「ワグナリア業界第一のホニャララシェフ」むかもさん。見応え有り、油タップリな濃厚な作品に仕上げています(紳士って油好きでしょ?)
八千代という柔らかくて汁気の多い肉ですが、そのままだと奔放というかマイペース過ぎて味わいも大雑把になりがちです
そこで多くのレシピでは堅くて苦みもある佐藤で整えるのが定番となっています

またこの作品では「制服のまま」「職場でコッソリ」という小技を効かせる事によって味わいに変化をつけており、主菜として満足の出来る作品に仕上げています
食後にデザートが欠かせませんが、ここは同じシェフによる別の店「甘味・巨人」で次の機会にご紹介しましょう

いつもと違う担当者が書きましたので、表現なども含めて、かならずしも正確ではありません。あらかじめご了承下さい
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~ワグナリア2皿目■
2013-07-18-Thu  CATEGORY: 書籍

「デートに迷子は憑きモノです」

130718a「爆発した俺に石を投げるのはやめてくれ」
きびだんご
佐藤が八千代に告白したあとのお話
デートに出かけた二人ですが、お約束のように迷子を保護する事となり、その子を通じて互いの関係を見つめ直すというストーリーです。
八千代は対人経験の未熟さから両想いになれたにもかかわらず不安いっぱい。佐藤は感情表現の苦手さと、八千代の口数の少なさから相手の心情を計りかねていて、やはり疑心暗鬼に囚われています。その二人が迷子の保護することによって予期せず本音を口にするようになり、正直な気持ちを改めて打ち明ける…
ワグナリア店内では、男性陣なら佐藤が。女性陣では八千代が年長組で年下のバイトを世話する役どころですが、実社会に出れば二十歳そこそこの若者。そのお世辞にも大学生らしいと言えない付き合い方は微笑ましい限りです

というか、八千代さんの子犬のような愛らしさはたまりません。クソッ…佐藤め…
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~ワグナリア1皿目■
2013-07-17-Wed  CATEGORY: 書籍

「ファミレスはバイトも美味しい(性的な意味で)」

人気アニメ「WORKING!」同人誌を3回連続でご紹介します。1回目はお子様お断り

130717a「ぽぷら みーつ しゅがー」Remmings nest
高校生なのに小学生と間違われる種島さんと元ヤンなのに見かけによらず世話焼きな佐藤くんの異種格闘技戦のような趣のあるカップルを、二人が結ばれるまで50ページ以上を費やして軽妙に描いた作品です
実質的にアダルト部分はオマケのような感じで、種島と佐藤がバイト仲間の一線を越えるまでの過程をお笑いを交えつつ描いていて、実に楽しく、読み応えのある内容になっています
外見が子供のようである事に強い劣等感を抱いている種島さんが、いつまでたっても佐藤くんに「女性」として扱われない事を涙ながらに訴える流れは、正直に言えば凡庸な脚本ですが、そこは達者な絵を描くサークル「Remmings nest」「でぇた」さん。ディフォルメからシリアスまでを巧く使い分けて、他の同じような作品と一線を画す作品に仕上げています
130717b「山田(仮)さんと某(仮)さん」
2冊目の山田(仮)が主人公の本は一般向けのホニョホニョした作品です。こちらの作品では「ワグナリア」に新人バイト「某くん」を登場させて山田の相手(犠牲者)に仕立てています

ちなみに御本人による作品紹介では「山田を養いたいという保護者気質の貴男に贈る」とあります(笑)

この本でも「納豆」が縁となって自宅を山田に襲撃された某くんが、あまりにマイペースで無防備、且つ警戒心の無い山田を前に苦悶する様子を40ページ近く費やして描いています
どちらの作品にも共通していますが、「でぇた」さんの作品は会話に重きを置いていて、展開が進む流れをとても自然且つ飽きさせずに演出しています。そして軽妙な表現と巧みな作画を駆使し、二次創作作品として実に完成度の高い作品に仕上げています

HPを見る限りでは、この2冊の他にCG作品を少し発表しているようですが、これほどの作品を見た後では、今後の活動に注視せざるを得ません。同人誌は委託本が完売しているようですがDL販売で購入できるようなので、興味のある方はトライしてみてください

ちなみに「でぇた」さんはゲーム会社で10年ほどお仕事をされた後、独立してイラストなどを手がけているそうです。巧いわけです
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~Persicaria Eater■
2013-07-16-Tue  CATEGORY: 書籍

「これは群咲さん向けかもしれない」

130716a「Sweet Sweet Nothing」Persicaria Eater
今回の読書会でダントツに漢らしいラインナップを提示した参加者は、群咲さんで異論ないと思います。ツイートなどを読むと「ああ…この人はチビっ子が好きなのだなあ」と思ってましたが、今回の持ち込み同人誌が見事にロリとショタばかりという潔さ。尊敬します。マジで

さてこの本「Sweet Sweet Nothing」はコミティアで購入しましたが、とにかく表紙に惚れた本です。賢者タイムのガンダルフだってこの表紙を見たら飛蔭に跨って買いに来るね。ホント。ホント

内容は二人のイチャラブなのですがヤルべき描写はしっかり描かれています
技術的には未熟さが目立ちますが、そこは妄想の種として結構だと思いますよ?

コミティアで新刊が楽しみなサークルです

●最近のいろいろニュース●

コミックマーケット84第3回拡大準備集会一般のレポート
>コスが優遇されすぎている気がするね。あとビックサイト新代表の件が気になる

「モバマス」輿水幸子をプリントしたサンドバックを制作予定→業者からNGがでる
>ガルパンの時には幼女のエロ抱き枕を作っていたな

最近の「農耕用トラクター」がめちゃくちゃかっこよくなってた件
>フィンランドのやつ。わりと普通に欲しい

TOYPLAはワンダーフェスティバル 2013[夏] に出展します
>つくもたんマスコット。良いね

社員を酷使しながら横浜市の超高層5億円マンション暮らし。ワタミ渡辺美樹氏

アシアナ機事故。元教官がパイロット養成の内幕を明かした衝撃的メール>ドイツ紙「彼らの飛行経験とは、一般的に自分が客席に座り、飛行機が自動操縦状態にある状態を指す」と述べた。

韓国がアメリカに異例の書簡 「アシアナ機事故の調査を公開するな」

韓国のアシアナ航空機事故への対抗策が…
>1012 学名ナナシ : 2013年07月16日 11:35   *この発言に返信
ここまでの経緯

アシアナ社長「ワシは関係ない、全責任は機長に」
 ↓
アシアナ機長「いやいや、飛行機が全て悪い」
 ↓
韓国アナ「まっ、とりあえず、死んだのが中国人でよかった笑」
 ↓
アシアナCA「私だけはがんばった。脱出シートが機内で膨らんだのはボーイングが悪い」
 ↓
韓国人「違うでしょ、サンフランシスコ空港の対応が悪い」
 ↓
韓国人「ちょっと待て、日本でも同じような事故が。ひょっとして日本が悪いんじゃないの?」
 ↓
フシアナ機長「オートパイロット切ったら勝手にオートスロットルも切れたから悪くない、そもそも記憶に無いから」
 ↓
フシアナ訓練機長「どこかから閃光…しばらく前が見えなかった」
 ↓
アシアナ機事故 韓国がアメリカに事故の調査内容を一方的に公開しないよう求める
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~StudioMaruan■
2013-07-15-Mon  CATEGORY: 書籍

「MACユーザーの「本当に痛い」めもりー」

130715a「ヲタMac」StudioMaruan
Macをネタにした架空のカードゲームでバトる人々を描いたギャグ漫画。Macユーザーで年季の長い人なら、間違いなく爆笑しますが血の涙を滝のように流すでしょう
一般には、apple社といえば殆どの人が「i-Pod」や「i-Phone」のメーカーとして認識しているでしょう。しかしapple社はコンピューターメーカーとしての長く革新的ではありますが、ユーザーの血の涙(主に価格による)によって築かれた伝説があるそうです

それをふまえた上で「Mac」カードゲームによるバトルを考えると必然的に「攻撃力/BP」は「製品の販売価格」にならざるを得ません
ならば、古い製品のカードを揃えた方が勝つだろJK。と考えるでしょうが、ここはそれほどシンプルではありません。攻撃を覆す「トラップカード」の存在を忘れていますよ?そしてappleの歴史を眺めると…それはそれは多くの「罠/トラップ」としか呼べないような仕様変更や価格改定がウンザリするほど出てくるそうです。そうなるとバトルも白熱します

「Quadra840V」攻撃力80万ポイントでターンエンド!

最新製品の価格が数万円なのを考えるとキツイ攻撃ですが、ここはトラップカード

「初期購入者8100アップグレード不可」プラス
「8100/80AV」
組み合わせで768000ポイントの反撃!!!


うぼああああああっ!!!!!

このような痛い記憶をグイグイ抉る闘いが展開します

わかる人だけ分かればイイのですよ?

ちなみにこのゲームの最強技は「ジョブスに●●」
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~バイト戦士限定■
2013-07-14-Sun  CATEGORY: 書籍

「鈴羽の今日・明日・そして1975年」

編集長がシュタゲで最も好きなキャラ「バイト戦士=鈴羽」の本を3点ご紹介します

130714a「PHONE TRIGGER 2012」ZAZAEBEAT
東方界隈では個性的な絵柄で人気のある作家「千尋」さんの個人誌。2012年の3月に開催された「とりろじ」内のシュタゲオンリー「未来ガジェット325号」にて頒布された本です
ラボメン達と幸せな日々を過ごしていた鈴羽だが、自分という異分子の存在が世界線を歪ませているのを悟り、岡部や他の大事な人々を守るために彼等との別れを決断する一日を描いた作品
千尋さんらしいコミカルな前半と、別れの決意を岡部に打ち明ける二人の会話を中心にした後半は印象が変わりますが、旅立つ直前の鈴羽の表情は、鉛筆タッチを活かした千尋さん独特の美しい描線で忘れがたいカットになっています

130714b「オーキードーキーマーチ」snog
幼児年齢の鈴羽がラボに居着く「誰特な世界線」を描いた「ロリ鈴羽」シリーズ。もちろん俺特世界線なのは言うまでもありません
ショート作品ですが、ただひたすらに「ロリ鈴羽」を愛でるための本として実にナイスな1冊です
ロリ鈴羽がまゆりや萌郁の胸に顔を押しつけたり、丸くなって寝ているダルの背中に丸くなってしがみつくように寝ているロリ鈴羽の姿が「パンダコパンダ」みたいだなあ…と思ったりしつつ飲むビールの旨さよ!。家宝です




130714c「1975」DELI-TRE
今日の鈴羽を描いた「PHONE TRIGGER 2012」。明日にはきっと現れてくれるにちがいないロリ鈴羽を描いた「オーキードーキーマーチ」に続いて紹介するのは、過去、1975年に降り立った鈴羽を描いた「DELI-TRE」さんの「1975」です
75年の日本で、鈴羽がラボメンと共に過ごした日々を回想しながら、自分が岡部に好意を抱いていた事を自覚してゆく様子を描いた短編です
戸籍がないため偽名を考えなければならないのですが「岡部鈴羽」と書き出したときの、ちょっとしたパニックに陥る姿には戦士としての精悍なイメージも、未来世界の運命を背負った悲壮感もなく、少女漫画的な「恋に恋する乙女」そのものなのが微笑ましいです。ゲーム本編では悲惨な結果を迎えた彼女ですが、すくなくとも75年の彼女には希望と可能性と、そしてなにより心の支えになる大切な思い出があります。
「橋田鈴」と名乗ることに決めた彼女の未来がどのような結末を迎えるか、我々は知ってしまっていますが、一人の読者として、観測者として彼女の闘いが報われる事を祈るばかりです
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■夏の同人読書週間2013~ヴァージニア・ルーム■
2013-07-13-Sat  CATEGORY: 書籍

「絶滅希少種 愛されるロリコン」

20130713a「ヒューイット!」ヴァージニア・ルーム
表紙で一目瞭然ですが、この本は「パタリロ」の二次創作作品で脇役のCIAエージェント「アーサー・ヒューイット」を主人公にしたアンソロ合同誌です

馴染みのない方に説明しますと「ヒューイット」はCIAのエージェントで、ロン毛のイケメン。しかし重症のロリコンであるため「パタリロ」ではお笑い役者として扱われています

この本「ヒューイット!」はそんな彼を愛して止まないヴァージニア二等兵さんを中心に、同士が集って製作された合同誌です
参考画像の2枚目が主筆のヴァージニア二等兵さん。3枚目はS介さんの作品です。他の方々の作品20130713bも愛に満ちた短編ですが、ここはなんと言っても主筆のヴァージニア二等兵さんが描く短編「氷の国より来たりて」がイチオシ!
コマの隅々まで文句のつけようがないほど完璧な「パタリロ」になっており短編ながら、ヒューイットの他にバンコラン、ミハエル、タマネギ44号といった美味しい面々が物語を盛り上げてくれています

ヴァージニア二等兵さんは近年ですとタイバニやジョジョをメインに活動されている実力派の絵描きさんで、その力量を惜しみなく注ぎ込んで描いた「氷の国より来たりて」はパタリロファンでなくても必見の作品です
他の参加者でも、S介さんの短編もバンコランとヒューイットの表情劇が楽しい作品となっています
20130713cまた、南北さんが描く「プララ」を主人公にした4コマ「ロリコン狂想曲」もキャラが生々としていて巻末を飾るにふさわしいコミカルな作品でした

おそらく地球が滅亡するその日まで待っても「アーサー・ヒューイット」を主軸にした本には再びお目にかかれないと思います
稀少ネタが好きな人にも、パタリロのファンにも、そしてなにより作者のラブが詰まった宝箱のような同人誌をこよなく愛する人にお勧めする1冊です


幸いな事に、まだ「とら」にて在庫有り

■個人的な謝意■
直近の催しで信頼できる「同人誌スキー」お二人から、このページを読んで下さっているとお聞きし「やる気」を大いに鼓舞していただきました。この場を借りて感謝を述べさせて頂きます

■コメントレス■
>西の方の某氏。例のtwitterアカウントはとても興味深い内容でした。まあ海洋堂の製品クオリティが近年低下しているのは感じていたので納得しましたわ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/07 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。