アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■新ジャンル。酒臭い同人即売会■
2013-09-22-Sun  CATEGORY: イベント

「グルメコミックコンベンション2」

130922a飲食をテーマにした同人誌の即売会
日本橋富沢町の綿商会館で開催されたので行ってきました
今日は11時から蒲田のPioで開催されたSHTに先に行ったので、綿商会館到着は13時前くらい

エレベーターを出た途端に会場内から歓声が聞こえてきます。何事?とチラ見すると場内アナウンスで「どなたか缶切りをお持ちですか?」と、およそ同人即売会とは思えない内容。聞くと
業務用1・2キロ焼鳥缶詰を開けようと四苦八苦しているとのこと(笑)




130922c130922cc
小規模同人即売会は午後になると参加者が減るので、なんらかのイベントで一般入場者を足止めするよう努力しているのが普通ですが、缶詰を開けるというイベントはさすがに初めてです。しかし近くで見るとこの缶詰、大きい。焼き鳥の缶詰といえば「HOTEI」さんというくらいポピュラーな製品ですが、この大きさの物は初めて見ました

と、まあ、同人即売会らしからぬ光景があまりにアレだったのでウッカリしていましたが、この即売会では主催者と有志の持ち込みによる振る舞い酒が用意されています。編集長も駆けつけ一杯、先ずは日本酒。おかわりをもう一杯。次に焼酎をロックで
130922b
蒲田のPio前にある和菓子屋さんがお彼岸で店を開けていたので、おはぎ+のり巻き+いなり寿司を腹に収めていたのですが、駆けつけ3杯は効きました。入場後5分でイイ気分です。なにか、こう、来場の目的を見失っている気がします…

そうだ、本を買いに来たんだった

と言うわけでサークルを順番に回ります。ところが個別に振る舞い酒を用意しているサークルが何カ所もあり、いちいち立ち止まって一杯いただくを繰り返していたら、たかだか20サークル程度の巡回を途中で休憩せざるを得なくなり、本気でなにしに来たのか分からなくなりました

会場内の様子。画像左から
130922d130922dd
受付から頂戴した迎え酒と、今が旬のチョコクッキー。横でなにげに缶詰が売っている

130922e130922ee
サークルさんの迎え酒1。飲んだ瞬間、口いっぱいに広がるラッキョウの香りが強烈。しかもこれが漫画家、寺島令子さんのお手製というサプライズ。寺島さんが同人誌とか出しているのを初めて知った
サークルさんの迎え酒2。通常のお酒より多い五割麹で作られた味わい深いお酒でした

130922f130922ff
サークルさんの迎え酒3。ひやおろし2種類。どちらもサラサラ、スッキリとした味わい。香りも良く喉ごしが綺麗なお酒でした
今回、朝から参加できなかった編集長を泣かせた、人形町の老舗「今半」の「すき焼き弁当」。一般参加者向けに10食ほど用意されたようで、希望者がジャンケンして争奪戦をくり広げたとのこと。食べたかった…

130922g130922gg
有志のよる差し入れ。こちらも人形町の名店「関山」の寿司。編集長は恥も外聞もなく茶巾寿司を頂戴しました。海老と栗が入っている豪華な茶巾寿司。美味かった…
匿名希望の某氏による差し入れのおはぎ。出来たてで柔らかいよ

120922h120922hh
準備会スタッフの手製パスタが供されるイベントは有史以来初めてだと思う。これも美味し。右は、寺島先生の個人誌

120922i120922ii
受付の迎え酒。酒量の限界を超えていたので賞味できませんでした。水が足りない

120922j
壁の張り紙。給湯室を自由に使って良いというイベントも初めてです

130922jj
本日の収穫

前回の1回目は所要で参加できませんでしたが、実に楽しいイベントでした。ぶっちゃけ、蒲田とか行かずに朝から行けば良かったと思いますよ?
美味しいお酒に食べ物と、色々用意して下さったスタッフの皆様。および、様々な酒とつまみを賞味させてくれたサークルの皆様。そしておもしろい同人誌を作ってくれた皆様に感謝を。次回は編集長も差し入れのグレードをアップせねば

ちなみにイベントカタログに入っている広告がZINだけってのがわらた

あと「世田谷ボロ市」のチラシ。最高

■コメントレス■
>劇画ロードショーのS様。データにはしていませんのでご希望には応じかねます。当方も資料として形にしたいと思っていますが、エクセルもワードも使えない身としては難しいところです
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■補給品受領報告■
2013-09-07-Sat  CATEGORY: 書籍

「アイカツだったか!>LittleYelp」

130907a
西方からの補給品が届いたので報告します。感謝感激

編集長が祟られたが如くアキバですれ違いを繰り返していた「艦これ本」もようやく手に入りました。感慨深い。どれも嬉しかったが、とりわけ素晴らしいのは「LittleYelp」のコミトレ新刊「アイカツ」本です

しかし、今回の本も…

メチャクチャ面白い!!!!!

この作者、リヨさんは以前の「アイドルマスター本」でもそうだったが、二次パロで最も威力を発揮するタイプの「毒」を含んだ作風なのです。コミティアで頒布したオリジナルも悪くなかったけど、やはり本来のキャラクターから乖離した毒々しい人格に描かれたキャラが最強に面白いのですよ

大坂までなかなか遠征できない編集長としては友人を頼みとするしかないのですが、やはり頼れる友人はありがたい。代金の振り込みは週明けになるので、チョット待ってね
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
■艦これ本が買えません■
2013-09-04-Wed  CATEGORY: 書籍

「俺がアキバに居るときに限って(ry)」

コミケ5日目あたりにメロン、とら、Zinで販売された後、先週も2回出荷された「艦これスタッフ本」。たくさんのファンが本を手に入れて喜んでいるようで微笑ましいのですが編集長の心中は複雑です。先週は2回アキバに出撃したのですがタイミングが悪く、手に入れられませんでした…

俺がアキバに居るときに限って!!


■俺が1500円も出すなんて…全友人が驚愕!■
130903d日頃から安物買いが身に付いている編集長。その自分が中古同人誌に1500円も払ったなんて聞いたら知り合いは驚くだろう。「宝くじで3億円当たったのか?」などと疑われそうで怖い。万世とか奢れなんていってもダメなんだからね!

…しかし「パーツのパ」のエロ同人誌とあっては買うしかないだろう。本楽さんの足コキとはマニアック…と言うか俺特な責めだな
今度は裸エプロン頼む

実際のところアキバのパーツショップイメージキャラでは「つくもたん」が独走しすぎていて追従不可能な状態だけど角川あたりなら金あるだろうから「こんぱそ」を本当に開店させてもいいんジャマイカ?あの面子ならそれっぽい人、すぐに集まるだろうよ

■そりゃ、暑かったわけだよ■
気象庁の情報によると
コミケ期間中の東京は最低気温30度以上が42時間続いていたとのこと。
…呪われているとしか思えないずら

■犬上すくねさんの新刊。美味しかったれす■
「楽園」に掲載されていたアダルトシリーズが単行本になった。「恋愛ディストーション」の頃から物語よりも絵柄が好きな作家さんなのでエッチぃ作品が素直に嬉しい。しかし冷静に考えてみると、見知らぬ他人が合い鍵を持っていて夜中に勝手に入ってくるなんて、ロリババァだろうがJC美少女だろうが美人OLだろうがマジ怖い

■赤松健の新連載。1回目から死ぬ死ぬ詐欺■
もう「ネギま!」の件は言わないにしても、ひとこと言いたい
キャラを殺す勇気がないならバラバラとかにするな。あんたの中ではキャラは「物」なのかもしれないが読者の中では「生き物」なんだよ。死なせる理由や度胸がないなら血まみれとかバラバラとか安易にやるな!

■今年もカフェのケーキがゴージャスだ■
130903a
好きなのだが、なかなか行けない某カフェのケーキ(450円)が相変わらずゴージャスだと俺の中で話題に。ちなみにこの店は常連が高齢すぎて週刊プレイボーイのAKB綴じ込み付録も手つかずなままなのだ。落ち着いた良い店なのだ

■タブレットが壊れて■
新品と交換してくれたけど、また最初からセットしなければならないかと思うと面倒でメンドウで…新しい物が好きな親父に贈るという手も考えたがサポートが皆無の謎メーカー製品だから爆発したら怖いし…

■ヤフオクの宮崎駿の直筆色紙はほとんど偽物だろ?■
「宮崎駿監督がサインを書かないワケ」
このインタビューから考えると色つきなんて全部ニセモノじゃない?
>ヤフオク「宮崎駿 直筆」

■久しぶりに心底アホらしいビデオを見た■
「ミッシング44」という怪作。AKBみたいな女どもが酷い目にあわされる作品。この作品の最高の見所は納豆(2回目の)。ここでそれを出すかと頭を抱えたい気分になった。レンタル代金100円だったが、強力にお金を無駄にしたい人にうってつけな怪作デスヨ。で、今、思ったのだけど映画版「バトルロワイヤル」で捕まった女の子が殺される前にアレこれされる映画があったら見たい気がする(鬼畜)

■車検。なにかがギリギリらしい■
車を預けた工場から電話が来て、通るか通らないかギリギリの部分があるらしい。初めて頼んだ工場だけど吉と出るか凶が出るか…

■木村屋のアンパンは凄いよ■
夏コミの時12日参加の某サークルに差し入れをと買っておいた「木村屋のアンパン」。この季節でも常温で3日間は大丈夫と聞いたので安心していたが、11日のあの暑さ。夜に自宅に戻ったとき室内が地球の終わりみたいになっていたので、さしものアンパンもヤバイだろうと思い、当日朝にあわてて別の品を用意した
さて残ったアンパン。食べ物を捨てることに抵抗があってなんとなくそのままになっていたが、さすがに気になって開けてみた(シンプルなカステラの箱みたいなヤツに入っていた)。そしたら見た目では全くと言って良いほどに変化がない。どう考えても「ザ・ワールド」を使っているヤツがいる。触ってみると表面が少し硬くて乾いているようだが香りに問題もないし半分に割ってみたけど中の餡も艶々。夏の主要イベントも全部終わり、仮に腹を下してもなんとかなるだろうと思って食べてみた(もちろん白牛乳と)。それが一昨日。今のところ特に体調に問題はない。但し書きに日持ちがすると書いてあったが2週間経過しても大丈夫とは驚いた
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。