アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■10月の読書記録■
2013-10-25-Fri  CATEGORY: 書籍

「日本で最初の女流漫画家物語」

131025a「フイチン再見!」村上もとか
戦前、日本で初めて商業連載漫画を描いた女流作家「上田としこ」さんの生涯を、ベテラン漫画家「村上もとか」先生が描きます
上田先生が幼少時を過ごす「東洋のパリ」と言われた美しい街並みのハルピン。そこに暮らすロシアや中国の人たちの営み。前半はそれらの様子が丁寧に描かれていて戦争が始まる前の穏やかな時代が目の前に広がるのが感じられます
1巻の後半は女学館への入学を機に東京で暮らすようになった上田先生の様子が描かれています。当時、女子学生に大人気だった画家へ弟子入りすることになりますが、明確な目標もなく、根気もなかった上田先生は師匠と疎遠になってしまいます
そんな上田先生の前に、ある女性が現れます。現在では日本で知らない人がいないほど有名な女流作家の登場が上田先生の心に火を付けるのです
漫画家としてのスタートラインにようやく立った上田先生。なにもかもが今とかけ離れた昭和初期の出版界と作家の生き様に期待しつつ2巻を待ちましょう

131025b「ホクサイと飯」鈴木小波
アキバBLOGさんの記事を読んで直ぐ買いに行った。日々の食事を、妙に力強く作る主人公の山田ブンさん。地味なメニューも丁寧に作れば御馳走になるのは、子供の頃にお祖母ちゃんの家で経験済みな編集長。自分の食卓は、なかなかこのように出来ませんが、旨そうに食べる人を見ながらの食事は、自分の食事も美味しくします。たとえそれがページの中の人であってもデス

編集さんとの打ち合わせに全力でオシャレして出かける山田さん
嫁に来てください




131025c「天龍源一郎 酒羅の如く」
画・叶精作 原作・岡戸隆一
編集長の貧相な読書歴から考えると、プロレスラーの実録物は、暗かったり悲惨だったり気分的に楽しくない内容が多かった気がします。特に関係者が後年に暴露形式で発表した本にはそのような内容が多かったかもしれません。しかし、本来ファンがレスラーに望む姿は、この本に描かれている天龍さんのような姿なのだと断言します
プロレスラーの天龍さんと言えば90年代くらいまでにテレビでプロレスを見ていたファンには特別なレスラーだと思います。編集長自身は新日派だったので全日の試合は殆ど見ていませんでしたが、それでも友人から「天龍は凄い」という話を飽きるほど聞かされました。今になって色々読むと、天龍さんがレスラーとしてどれほど凄かったのか分かってきましたし、この本の主題になっている「プロレスラーと酒」にしても、天龍さんの呑みっぷりが豪快すぎてページをめくる毎に頬が緩むこと間違いなしです。ファンがレスラーに期待する「人間離れした凄さ」そのもので、実に楽しい本でした
プロであるなら、マットの上でも、飲み屋でも、そしてスポンサーの前でなら、無理でも何でも期待に応えなければならないという天龍さんの生き様は、正にファンが望む「強い男」の理想型です
主人公の天龍も凄いが、作画を担当している叶精作さんもベテラン中のベテラン。男は強く格好良く、女は美しく描く。馬場、猪木、藤原、カブキ、阿修羅、そして坂口や長州までを登場させて往年のプロレスファンなら大満足間違いなしの1冊です
それぞれのエピソードに天龍さん本人が解説を入れているので読み応えもあります

明るく、楽しく、そして絶対に真似してはいけない無茶な酒を読ませる本。晩酌しながら天龍さんの美学を肴に、美味い一杯を呑みましょう
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■同人読書週間コミティア特選■
2013-10-24-Thu  CATEGORY: 書籍

「前例がないワケワカメ」

先週末にコミティアが開催された。特に話題になるような作家が参加していたわけでもなく、通常運転のティアだった。天気がアレでなければ一年で最も良い時期だけに残念ではありました。そこで購入した本の中から2冊の同人誌をご紹介します

131024a「金銀プラチナを買い取る本」 山田養蜂場
こちらは「13世紀のハローワーク」で有名になった作家 ヤマーーダ さんの個人サークル
「13世紀」は面白い本で、読めば教養も身に付くエンタ性の高い同人誌で、編集長も大好きなシリーズです。タイトルが示すように13世紀頃の各種職業を面白オカシイ多数のイラストを用いて解説した本で話題にもなりました
その後「タンホイザア。日本を知る」というタイトルのイラスト本も発表しています
こちらは中世ドイツに実在した騎士兼詩人「タンホイザア」さんが現代に日本で暮らしつつ見聞した文化風習を手紙に仕立てた文章とイラストで解説するという本で、これまた面白い本でした
さて今回の新刊。どのような本なのか表紙を見た限りでは想像も出来ません。買って帰ったその晩。ジックリ見て、読みましたが…

なにがなんだか分かりません!

およそ前例がないほどワケワカメな本でした

しかし「ワカラン」では芸がありませんので非才な身ながら解説を試みるとしましょう

表紙のイラストをよく見ると背景に「即金買取」とか「安心価格」といった、どこかで見たようなフレーズが見られます。箱状の物体をさらによく眺めると「ディオール」「プラダ」「グッチ」などといったブランドネームや「貴金属」という言葉も見つかります。ここで本のタイトルをもう一度見てみますと…

「金・銀・プラチナを買い取る本」

なるほど、この箱状の物体は近年の日本各地にゴキブリの如く増殖して町の景観を著しく損なっている下品な「ブランド品・貴金属専門店」なのです

これが分かると本のテーマも把握できたと思います。森の奥まった場所で廃墟となった「ブランド品・貴金属専門店」。半分水没しており過ぎ去った過去の賑わいを派手な看板だけが思い起こさせます。この本は現金と余剰な贅沢品が人々の心を蝕む現代の世相に警鐘を鳴らす「ナウシカ」のような作品なのでしょう(全然違うという意見も)

ページを開いて最初の見開きに「妙にあの手の店が増えてきたよな最近」というタイトルのイラストが掲載されています。昭和を感じさせる古びた町並みを切り取った風景。学生達が写りこむ懐かしさも感じさせる風景に「金・銀・プラチナを買い取ります」という下品な店が紛れ込んでいます。実に鬱陶しいシロモノです。確かに最近、どこの町をうろついていても、ふと気が付くとあの手の店があるのに気が付きます。イヤな気分です

次のイラスト「最近あの手の店が増えてきたわね」は夕暮れの薄明かりの中、自転車に二人乗りで帰宅を急ぐ少年と少女。田んぼの水面は夕焼けで赤く、空高くまで立ちのぼる入道雲が夏を感じさせます。その背景にやはり鎮座する「買取王」の看板
田畑ばかりで民家も見えない場所にもかかわらず、周囲との協調を欠片も考慮していないその店を「赤」で統一されたカラーが夕暮れのなかで保護色のように包み込んでおり「這い寄るナントカ」的なイヤらしさを感じさせます。確かに、何故こんな場所に?と思うような住宅街の中にまでこの手の店を見つけたときはウンザリしたものです

3枚目は表紙のイラストですが「かつてこの手の店が栄えていた時代があったのよ」というタイトルになっています。店は放棄され樹海に沈むのをただ待つだけ…遠い未来でしょうか?しかし女の子の服装は現代的などこにでもある制服です。彼女が胸のリボンをキチンと締めているのを見ると、社会が崩壊したような遠い未来ではなく、現代か、まだ人々の営みが規律を基礎に成り立っているごく近い将来だと思えます。あの下品な看板が人々の生活の隅々にまで這い寄っている現在の状況が、遠くない将来には記憶だけに残る遺物と化している…そう感じさせるイラストです

しかしそうなると次のイラストはどんな風景なのでしょうか?急ぎページをめくると…

「空は丸かった。買取価格は妥当だった」というタイトル

真っ青な空。何故か青い空が写りこんで真っ青に見える地面を自転車に乗った少女が通り過ぎていきます。幻想的でもありますが美しい光景です。解説によるとここはボリビアに実在する「ウユニ塩原」という場所で見渡す限りの地面が白い塩で覆われています。そのため雨季に雨により冠水すると鏡のように空を写す特異な場所なのだそうです。ググル先生で画像を検索すると現実感のない風景がたくさん見られます

…しかしそんな幻想的な場所に割り込む赤い「お売り下さい」の看板…

何故ここに?

後に続くイラストも、どのページも「金・銀・プラチナを買い取る店」が存在感を主張しています。恋人達の逢瀬にも、流血沙汰の修羅場にも、三途の川の背景にも、あまつさえ、あんな場所やこんな場所にまで…

この後は説明が難しく、ネタバレにもなりますので止めますが、この文章をしたためている現状でも、この本のテーマが 全く 分かりません。見る人を悩ませ、悶えさせるのが目的なら完全に成功していると認めざるを得ないでしょう

実害のない悩みに悶えたい方には、実にうってつけの1冊ですよ

131024b「如何にして彼女は虜囚たりえたか」
ひらのまさのり
シンプルなギャグの本です。校舎の屋上に出るドアの鍵を手に入れた主人公。授業中にかこつけて独り自由を満喫しています
鍵を閉めているという安心感から調子に乗って服を脱ぎ捨てると、突風が服を彼方へ飛ばしてしまいます

折角だし持ってきた弁当を食べて
………


それどころじゃない!!!


ここから彼女の尊厳を賭けた時間との勝負が始まります
普通、全裸の女子高生とかが校舎をウロウロしているなんてシュチエーションは編集長が全力で大喜びする設定なのですが、こちらはさすがに悲惨な展開…
131024c
全裸のJKなのに…残念極まるこの表情…(泣)

「菜々子さん的な日常」っぽい漫画ですが気軽に楽しめるギャグ漫画でした

■最近のいろいろニュース■

ウルトラマンの「NG映像」発見
>撮影現場の写真はいままでも色々出たようだけど映像は見たい。是非、製品化を

立命大に100円朝定食登場 「第二のおふくろの味に」
>近所だったらベルボトムとか履いて食べに行きたい

アメリカ人のハロウィンの飾り付けが凄すぎる件 これが本場か…
>UFOとかは楽しいけど死体はやめろ

韓国猛毒食品リストを憤怒公開する!(1)酒から軽油、冷麺から大腸菌
>キムチ食べるなら国内製造品にしましょう

APEC、ASEAN:安倍総理の活躍を正確に伝えたウォールストリートジャーナル
>~また議長の締めくくり発言の中でも、安倍総理は17ヶ国首脳の中でただ一人2回言及された。中国を含む7首脳は1回言及され、残り9首脳は1回もされなかったので、ここでも安倍総理は特別扱いだった~

夜の京都散策へ行ってきたので写真貼ってく
>町並みの美しさが夜景だと際立つね

脱サラした姉がオサレなカフェをオープンした結果
>おばさん座りしながら一心不乱に赤本に取り組むJKとか眩しい

このゾンビ映画を作ったのは誰だ!『ワールド・ウォーZ』『ウォーム・ボディーズ』
>とりあえずF氏の反応待ち

フリマとかで掘り出し物見つけた振りするの楽しすぎ
>普通は掘り出し物を見つけても相手にバレないようにポーカーフェイスで買うのに、この人ときたら(笑)。自腹切ってネタに殉ずる姿は漢らしい
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■フィギュアをお風呂に入れましょう■
2013-10-01-Tue  CATEGORY: 趣味とか

「密封状態だとフィギュアは腐ります」

というのは冗談として、古いフィギュアを箱に入れたままにしていたり、ビニール袋などに密封して保管していると、表面がベタベタになることがある。これは良く言われる「可塑剤(かそざい)」の作用によるものとかで、フィギュアを箱から出して外気に触れさせているとほとんど起こらない劣化現象だそうだ

編集長はフィギュアの箱を捨ててしまうので飾り終わったお姫様をビニールに密封して保管している。年に一度くらいは出して外気に触れさせているが、購入時期の古い製品にベタベタが出てしまった。タンパク質をブッかけたわけでもないのにベタベタするのは非常にイヤなので、対策として洗剤で洗ってみる事にした

いろいろと調べた結果「中性洗剤」が良いとの事だが、たまたま台所にあった食器洗剤が「弱アルカリ性」だったので、ダメもとで試してみた

131001b131001c
ベタベタになってしまったプリキュア初代黒をバケツに水と洗剤を投入して浸け置く

30分ほど放置してから「柔らかめ」のハブラシで擦る。力を入れすぎないように気を付ける。特に細いラインやアイプリントの部分は優しく擦る
その後、全体を流水で流してから乾かす

131001d
今回はこの三人で試してみましたが、結果オーライと言いますか上手くいきました。洗う前は全体的にベタついていたのですが、乾燥後には表面を指先で撫でてもベタつきが無くなっています。充分に乾燥させて、数日は外気に触れさせてから収納しましょう

131001a編集長の使った洗剤。いわゆる「せっけん」タイプの食器洗剤
成分的には、ほぼ純石鹸分だけで余計な成分が混ざっていないのですが、結果から言えばそれが良かったのかもしれません
普通に台所で使う食器洗剤としても良い製品なのでオススメです

ミヨシ石鹸株式会社




■今回の教訓■

フィギュアは箱から出しましょう

飾ってあげないとお姫様も、苦労して造った原型師さんも、中国みたいな国で苦労して生産しているメーカーさんも報われません

■今回のスーフェスで保護した特殊工芸品■
131001e
手前のふんどしが大きすぎてパースが狂っています。なのはさん17才がお気に入り

■コメントレス■
>レマ様。近年の製品だと原材料の改良で起きなくなっているとも聞いた事があります。必ずしも劣化が起こるとは限りませんので、本気で心配でしたら他の情報も検索してみて下さい。まあ、でも、フィギュアは飾ってあげてください。その方がユーザーも製品も幸せだと思います

■コメントレス■
>さすらい人F。「100万回いきたねこ」とカタログは保管しておきますので別の機会に渡します。あと荷物送りました。配送予定は明日の夕方くらいらしい。元払いで送ったので中の伝票に送料を加算して下され

ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2013/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。