アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■砲雷撃戦よーい。この艦これ同人誌がイイっ!■
2015-09-23-Wed  CATEGORY: 書籍

「古代エジプトで龍驤は何を?」

先日、有明東京ビックサイトで開催されたイベント「軍令部酒保&砲雷撃戦!よーい!合同演習」に出かけました。楽しい本をイロイロ手に入れたのでコッソリお薦めしたいと思います(既刊含む)

画像左から
「プロペラジャンク」プロペラ緑化(作者・いくそつー)新刊
Pixivで面白い艦これ漫画を披露していた方で、個人的にもずっと本にならないかと思っていましたが、とうとう1冊にまとまりました。龍驤、隼鷹、ほっぽちゃんファンにオススメします。特に龍驤ファンは必読。ストレス吹き飛ぶ可愛さデス。提督と龍驤が何故か古代遺跡を探検している漫画があるのですが、壁画に残された古代龍驤の姿ガガガ(泣)
「すがるなく前編」Hi-UNI(作者・カシワギ)夏コミ新刊
「人間」として鎮守府の秘書を務めてきた大淀が自分の過去を知り艦娘として変わってゆく物語。ところで、あの引きはズルイと思う


「#今日の叢雲まとめ」AMBIVALENCE(作者・水無月露葉)新刊
Twitterで発表している叢雲イラストをまとめた本。こちらも叢雲ファン必携。体形や身体各部の描き方が、これでもか!とリアルなイラストの数々
とりわけ太股がスゲーんですよ!!!
「drop」温狐屋(作者・田中草男)新刊
頬の弛んだキャラ絵が特徴の田中さん。ナンセンスギャグが目立つ作者さんですが、過去にも長門と酒匂の短編などシリアス作品も評判となりました。今回の新作は北上とロストした大井がメインのシリアスで、いつもの雰囲気とかなり違う作品になっています。ギャグメインの作家には、メンタルバランスのためなのか、時々すんごいシリアスな作品を描く人が少なくないような気がしますが、今回の新作もそんな雰囲気が感じられます


「艦隊くえすちょん4&5」うずまきよひこ(作者・わたのれ)既刊
掲示板で拾ったお気に入り作品の作者がどなたか分からず困っていたのですが、ようやく「わたのれ」さんの作品と判明したので速攻で買いに行きました。艦これ同人業界では凄く人気のある人っぽいので、紹介とか言っても今更な感じですが、とにかく巧い。絵柄も良いのですが、導入部の見せ方が魅力的なので、偶然立ち止まって本を開いた参加者が買わずにいられないような同人誌です。特に4巻の「連合艦隊VS深海棲艦」は最初のコマの、ボロボロになって帰投した第一艦隊エースの表情があまりに面白いので、大きく引き延ばして壁に貼っておきたいくらいです。恥辱に涙する大和、報告をどうすれば良いやら混乱している赤城、無理に笑顔を作って余裕あるフリをしようとしている金剛、苦虫を噛み潰したような表情の加賀、魂の抜けたような長門…
提督編集長は「AL・MI作戦」まで進んでいないので、その困難な道程が分かりませんが、多くのベテラン提督達が、絶望したりハゲたりと非常に難儀なシナリオだったと聞いています。作者の「わたのれ」さんも凄く大変だったのでしょう。物語は、逃げ帰る艦娘に付いてきたほっぽちゃんをどうするかで鎮守府が混乱する話で、一部で有名な深海棲艦提督がゲストで登場します。5巻も短編が数編まとめられた本になっていて、どれも面白く、幅広く多くの人にお薦めできます

■オマケ・このガルパン同人誌がイイっ!■

「夢は突撃砲にのせて」
マヨール(作者・さぎたりお)
月曜日に開始された「スーパーヒロインタイム」で購入した3月発行の本
歴女チームがグロ高との練習試合のあと、ご自慢の派手なスタイルを捨てて、チームの一員となる心情の変化を描いた作品
練習試合で派手な旗指物が仇となり撃破の憂き目を見た歴女チームでしたが、副会長たちの説得にも耳を貸さず、頑なにスタイルの変更を拒みます
ですが優花里や両親と話すうちに自分たちにとって優先すべきものが何なのか気が付くエルヴィン。勇気を持って他の3人に想いを伝えます。彼女たちの変化を説得力のあるストーリーで描く作品です


作者の「さぎたりお」さんがHPやBLOGを公開していないようなので、今後の動向が不明ですが、魅力的な作品を描く方なので注目していきたいと思います
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2015/09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。