アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■冬目景 冬絵・展 3rd 開催■
2007-02-24-Sat  CATEGORY: イベント

「GoFaで新世紀日本画を見る」

東京青山にあるギャラリー「GoFa」にて本日から始まった展示会に行って来ました

070224a
「冬目景 冬絵・展 3rd」
GoFa 2月24日(土)~3月11日(日)
11時~18時

開場時間の約1時間前に到着 階段で待っている人は15人ほどですか 昨年「よつばと!展」の初日に慣れぬ登山に挑んだことを思えば気分も軽いものです

070224b
11時をやや過ぎてから開場しました 500円を払って入場券を貰いますが これがまた半券をコーヒーに引き換えるのが惜しくなる憎い代物ですよ しかも極悪(笑)なことに半券のイラストが3種類あるというではありませんか!

入場すると殆どの人が物販のコーナーから動かないので入り口付近だけ超混雑しております この様子もいつもの風景ですね 今回の物販は単行本既刊のサイン本(文字のみ)各種、オリジナルイラストを使用したタンブラー、クリアファイル、シールセット、メモパッド、携帯電話用のストラップ、描下ろしイラストを再現したガレージキット(33600円)、新作アートグラフ2種類(39900円)等でした

展示されている原画は「黒鉄」「イエスタデイ」「ハツカネズミ」「幻影」「文車」「羊」あたりから数点ずつ それと同人原稿から「Vガンダム」と「ストⅡ」などとオリジナル作品です

冬目さんの原画は時期の古い物になると絵の具の塗り重ねが厚いので背景効果のテクスチャーなどをじっくり見るのも良いですね 「イエスタデイ」はハルの表情が楽しげな作品が殆どで全体に明るい感じですが「ハツカネズミ」は作品の世界観の反映から表情の暗い…というか恐ろしい作品が集まっていました 個人的には「幻影」の真夜がスタンドの明りで本を読んでいるイラストが良かったです あと描下ろしの「着物姿(仮)」は襟元の蜘蛛の巣柄がポイントですか?

展示会レビュー

●本日のお買い物●
070224c
シールセット+携帯電話ストラップ3種

会場でずっと独り言をぶつぶつ言っている中年オヤジがいて気味が悪いな…と思っていたらヘッドセットを装着して携帯電話で話しているのですよ ギャラリーで非常識なヤツだ…と思ったら怖い顔した人が説教していました 怖い顔の人GJ!
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。