アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■劇画ロードショーの世界■
2007-05-24-Thu  CATEGORY: 書籍

「スクリーンの興奮を誌上で楽しむ」

「劇画ロードショー」という言葉に聞き覚えのある人は少ないと思います
試しに日本版の「Wiki」で調べてみましたが該当する項目はありませんでした
Googleでも断片的な情報しか出ないので自分の知っていることを書いてみます

「劇画ロードショー」とは?
>劇場公開される映画を宣伝するために出版社と映画配給会社がタイアップした漫画作品のことだと解釈しています

宣伝のため、最新の映画を雑誌で漫画にして公開し、幅広い年齢層にアピールすることを主たる目的としています(と思う)
080808a
自分の知る範囲で最も盛んだったのは70年代の中期でしょう
この時期には「月刊少年チャンピオン」が3年近く毎号掲載していましたし「月刊少年マガジン」でも何回か掲載がありました
またアダルト向けの雑誌「月刊プレイコミック」でも比較的にハードな内容の作品をコミカライズして掲載しています

80年代以降は資料が手元に揃わないので状況が不充分ですが少年誌では「劇画ロードショー」もしくは同じような試みは少なくなったようです。しかし比較的最近の2006年に「月刊少年ジャンプ」で新作の「キングコング」が2回にわたって掲載されたのが記憶に新しいところです

この辺で少し参考画像を見てみましょう

「月刊少年チャンピオン」に掲載された作品から080808b080808bb
080808c080808cc
右の「キングコング」「月刊少年マガジン」掲載分から
「月刊少年チャンピオン」掲載作品は現在でも有名な作品が多かったと記憶しています。「マガジン」は作品数が少ないのでどのような経緯で掲載されたのか良く分りません
しかし「キングコング」などは どの雑誌でも掲載されても不思議でない大作です

「月刊プレイコミック」に掲載された作品から
080808d080808dd
080808e「プレイコミック」は流石にお子様お断りなハード路線です。セクシャル、バイオレンス、アクション作品が中心でした
















「劇画ロードショー」は版権の関係で単行本になることが稀ですが、何冊か書店で販売された物もあります
「東京スポーツ新聞社」が発売した「トウスポ・ブックス」のラインナップに、角川映画の「野生の証明」「悪魔が来りて笛を吹く」が見られますが、同時に洋画の「コンコルド」「ゴルゴ13」で有名な「さいとう・プロ」で劇画化されました。しかも上下巻2冊での発売と力が入っています
080808h080808hh
その他にB5の雑誌サイズで「特集号」的な位置付けの本として洋画の「ジャッカルの日」と邦画の「皇帝のいない八月」が確認されています(どちらも手元にないのが残念です)

それでは作品の作画を担当した漫画家について書いてみます
少年誌での掲載作品は多くの場合、若手の漫画家が起用されたケースが多く、特に「少年チャンピオン」関係では田辺節雄氏と 桜多吾作氏の活躍が目立ちました
080808g
ベテラン作家では 桑田次郎(洋画 ミスターノーボディ)
石川球太(日露合作 デルスウザーラ)
鈴原研一郎(邦画 スプーン1杯の幸せ)
南波健二(洋画 レッドサン)
ジョージ秋山(邦画 紅の拳銃)
古賀新一(洋画 ヘルハウス) などが挙げられます
なかなかにツボをついた人選ではないでしょうか。「デルスウザーラ」の石川氏や「ヘルハウス」の古賀氏は正に適任と言えるでしょう

これらの作者の中で郡を抜いて活躍したのが田辺節雄氏です
080808ee080808f
080808ff田辺氏は「ワイルド7」の望月三起也氏のアシスタントを経てデビューした地味ながらも実力のある作家です
「劇画ロードショー」を執筆していた頃は師である望月氏の影響があまりに強かったので 当時既に「望月戦争アクション漫画」の洗礼を受けていた筆者は 何か「大人の事情」があって別ネームで描いていると思っていました
wiki「田辺節雄」









さて最後に編集長が読んだ範囲で
「劇画ロードショーの最高傑作」と思うのは この作品
080808i
「惑星大戦争」 です
作画は「紺碧の艦隊」で有名な居村真二氏。適度にアニメっぽい画風が特撮映画の漫画にうってつけでしたが、筆者がこの作品を推すのには別な理由があります

それは劇中に存在しない描写が有り、若かった編集長に映画本編を見るまで「 夢 」を見させてくれたからです。その問題の描写とは…
080808ii
敵に囚われたヒロインが裸で責められているシーンです!

当時小学生だった編集長がこれを読み「なんてけしからん映画だ!」
と憤慨して、是非とも親に内緒に見に行かねば…と勇んで映画館に行ったものの、そんなシーンは微塵も無く激しく落胆したことを良く覚えております。その落胆が今に至るも映画本編の評価に著しい影響を与えているのですから、なんとも罪な漫画です(でも個人的にはお宝)

時期を見てもう少し細かい補足を追加したいと思います

コメントレス
>現在、いろいろ忙しいので月末までに細かいご返事をいたします
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント11
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
30年ぶりです。
コメント流星ミサイルマイト | URL | 2008-09-28-Sun 17:35 [EDIT]
初めまして、惑星大戦争
の漫画版の情報を探して
ここに辿り着きました。
まさかここで30年ぶりに
このシーンが拝めるとは
思ってもみませんでした
当時は立ち読みでこれを
見てハァハァするのを
抑えるのが大変でした。
未だに単行本にも未収録
と 聞いてますので
せめてこのシーン以降の
ページ(救出されるまで
)のアップをして頂ければ幸いです。
コメント編集長轟天 | URL | 2008-09-30-Tue 19:08 [EDIT]
こんにちは。このネタに反応してくれる人は初めてなので
妙に嬉しいですね
著作権の関係もあるのでUPは難しいのですが
「管理者のみ閲覧可」の状態で
メアドなどを知らせていただければ
なんらかの連絡が出来るかもしれません
御一考下さい
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2008-10-01-Wed 16:39 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ここに出てるの以外で・・・
コメント流星ミサイルマイト | URL | 2008-10-06-Mon 20:34 [EDIT]
あれから「劇画ロードショー」で 思い出したのが2作品あったので お知らせします。なんとか記憶の片隅に残ってたのが シャチが出てくる海洋物の「オルカ」と「テンタクルズ」です。前者は、月刊少年チャンピオンに載っていたのは覚えているのですが 後者は
マガジンだったかチャンピオンだったか定かでは
ありません。あと、絵は
誰が描いてたのかは ちょっと・・・ なにしろ
「惑星大戦争」が インパクト強烈でしたから。
お役に立てずですみません。では、また。
コメント編集長轟天 | URL | 2008-10-07-Tue 21:42 [EDIT]
70年代中期に月刊漫画誌などによく掲載されたのですが
権利の関係で再録されないので現物を集めるしかないのですね。
ちなみに今一番欲しいのは「ジャッカルの日」ですよ
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-08-06-Fri 18:49 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
新年・・・
コメント流星ミサイルマイト | URL | 2011-01-06-Thu 20:19 [EDIT]
明けましておめでとう
ございます。長らく
ごぶさたしてます。本日
デアゴのDVDシリーズ
で「惑星大戦争」が発売
されたので 早速購入!
しかし、冊子の「当時の
出版展開」なる記事の
中に この漫画版が紹介
されてないっ!!なぜ?
・・・(ま、しょうがないか?)
Re: 新年・・・
コメントビンセント編集長 | URL | 2011-01-07-Fri 08:22 [EDIT]
あけましておめでとうございます。
DVDが発売されたとき、
多くの方がその点を不満に感じたと聞きました。
例の漫画は部屋のどこかに必ずあるはずなので
発見しましたらお知らせします。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-09-16-Mon 20:26 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-12-31-Tue 22:27 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-12-31-Tue 22:49 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。