アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■よつばの。読書会3rd 開催■
2007-07-16-Mon  CATEGORY: イベント

「せっかくだから倒れるまで読め」

お勧め同人誌を持ち寄る読書会「よつばの。読書会3rd」が荒天の中 品川にて開催されました いつも以上に画像が多いのでナローバンドの方は御注意

070716a
場所は「品川中小企業センター」2階の大講習室です
前回までの開催スペースに比べて1・5倍くらい広くなった感じでした
~11時直前に到着 各テーブルの様子はこんな感じ

070716b 070716bb 070716bbb

070716c 070716cc 070716ccc

070716d 070716dd 070716ddd

さて今回も個人的に気になった本を紹介します

070716e 070716ee 070716eee
画像左から
●「Family Familier Familiest」 路地裏セブン
>前の読書会でも ここの「STARWARS」本を読んで激しく気に入ったが 池袋や中野の女性同人店で探しても中々見つからず(´・ω・`)ショボーン
今回この本を持参したコクリさんにお聞きしたところ「映画系ONLY」のようなイベントにしか来ないサークルらしく…それは見つからないなと納得 しかし サークルも来場者も九割以上が女性という映画オンリーに出かけて胡散臭い目で見られる羞恥プレイが報われる面白さ!!
●「まさかの時の世界樹裁判」 軍艦島
>タイトルだけで「パイソン」ネタと分る美味しそうな本 中身も最初から最後(奥付)までパイソンネタのオンパレードで久々に古典ブラックネタに大満足 本当にパイソン好きと実感するネタの使い方で感心した
●「GREEN APPLE」 桃猿25
>朝から晩まで「食っちゃ寝」を繰り返す怠惰なCCに臨界点を超えたルルーシュがとった非常手段は…CCの情け無い部分に愛を感じる人には堪えられない1冊

070716f 070716ff 070716fff
●「モモツキモンスターズ」 ハニースイート・ナイツ
>「ぱにぽに」をネタにしたドタバタギャグ 普通あのような不条理系アニメをネタにすると殆どの場合つまらない本になりがちですが 意外や意外! アニメ版以上の面白さ! キャラの爆発的な暴れっぷりは他の追従を許さない作品で…それでいて巻末でベッキーに美味しい役割を用意しているあたりが芸が細かくてニクい
●「BARABARA」 計器職人
>「ブラックラグーン」のバラライカを可愛く描いた異次元作品 あのキャラをこんな風に描ける人が存在するとは…同人世界の奥の深さよ…
●「タイム・ウエイツ・フォー・ノードールズ」 ハニー・ディップ
>アニメ版映画「時をかける少女」+「ローゼン」の異色(どころじゃない)カップリング作品 真琴とテキトーに集められた友人たちがローゼンのドール達と野球で勝負!!
…ワケ分らん…

070716g 070716gg 070716ggg
●「DAICON FILMの世界」 スタジオT&M
>懐かしいゼネプロの特撮自主製作フィルムの本 「帰ってきたウルトラマン」のプロダクションノートが読みたくてしばらく前から探していたので助かった しかしプロのイラストレーターである加藤さんの描いた「快傑のーてんき」(画像真中)には噴いた ゼネプロと「スタジオぬえ」の関係を知っているから不思議ではないけど
頼むほうもアレなら描くほうもアレだ
●「こまたんBMW」 極上レジスタンス
>以前にも紹介した「身体欠損系の萌え」作品 四肢が無いのにメイド…というありえない設定にもかかわらず最後までとても楽しく読める不思議な作品 極めて残念なことはこのシリーズが「アブノーマル系」オンリーでしか販売されていないこと 以前 浅草で開催された「ABC」に出かけて会場に充満した「負のオーラ」に敗北し体調を悪くしてからは「アブノーマル系」を避けている…でも欲しい本だ

070716h 070716hh 070716hhh
●「リスト'83」 早稲田アニメーション同好会
>83年春から84年春までに放映された全てのTVアニメスタッフ名と作業内容を記録した労作 この頃はワープロですら普及していなくて全てのリストや一覧表が「手書き」であることに新鮮な驚きを覚えた 当時はそれが当たり前だったのだろうが 原稿の「清書」のために6名のスタッフが必要であった事実が重みを感じさせる 自分たちの本を後世に残せる物にしようという決意が感じられて胸の中になにやら熱いモノがこみ上げた
●「らくがきドリル」 インクボトル
>このような専門店で高額になっている本の内容を覗けるのはありがたい
●「Parking?7」 Parking
>SF系作品の古いアンソロ同人誌 「週間ヤングマガジン」にて貧乏エンスー漫画を連載している漫画家 山本マサユキさんのオリジナル作品が掲載されている 「ブレードランナー」よろしいレプリカントが一般的に利用されている世界を舞台にした悲哀系作品 他のオリジナル作品でも冷蔵庫に閉じこもった雪女との純愛系作品など 連載漫画とずいぶん印象の違う作品を描いていて興味深い

070716i 070716ii 070716iii
●「ビル・ゲイツ&スティーブ・ジョブス」 バリクパパン
>世界で5指に入るお金持ちのゲイツちゃんと「アップルコンピューター」のジョブスのラブラブ本 個人的にはMSが死ぬほど嫌いな編集長ですが この本を読んでゲイツちゃんは少し好きになりました…でもMSは嫌い
内容は2人の出会いや多種多様なエピソードをコミカルに描いた作品で「マイクロソフト」が何かとか「アップル」の特殊な世界をあまり知らなくてもOKな点がポイント 要は風変わりな2人の人物の交友記録として読めばコンピューター世界の住人でなくても気楽に楽しめます しかし同人誌でゲイツの人柄に興味をいだく羽目になるとは…
ちなみに真中の画像も同じサークルの「チビ」ゲイツ本 可愛いよね?
●「LOST DRAGON」 ソニック・ワーク・ショップ
>プロとして活躍している作家「おがきちか」さんの96年の個人誌 ファンタジー系のオリジナル作品 大昔に手放してしまった本なので懐かしみながら読みました ありがたや

070716j 070716jj 070716jjj
●「環~Linkage」 トラツグミ
>中村哲也さんの97年の個人誌 カラーが10ページもある豪華な内容 いままでこの本の存在を知らなかった自分が許せない orz
●「人生紙風船」 OVERALL
朝倉さんのヒドイ本 サンクリだったかで見かけて気分的にそそられたがスルーしてしまった本 でも読んでみると面白かった…というか・・・この内容で面白いなどと言うのは朝倉さんにあんまりかもしれない 後半に描かれている「セーフモード」の長門の可愛さは異常
●「いぬさくやといっしょ」 BLACK+ANGELS
>これも以前紹介した本の続巻だが あまりのキュートさに悶えること半時間
今年のクリスマスはサンタに「メイドさくや」を頼んでみよう
…来なかったら日本沈没

070716k 070716kk 070716kkk
●「ソビエトロシア・ウクライナのコンピューター」 風虎通信
>実は殆ど読んでいない 家に持ち帰って時間をかけて読みたいタイプの本だったので外部記憶として記載する しかし写真も結構載っていて労作に思えた 探したら製作元では完売していて在庫も無し…トホホ…
●「僕と君の最小公倍数」 ロケット燃料☆21 他の合同誌
>「カップルの身長差」をテーマにしたアンソロジー本 とくに巻頭の作品「ハイファイ・ローファイ」が良かった 「身長が飛びぬけて高く」て周囲の注目を集める少女が 自分より背の高い彼と共に過ごす時だけは独りの時には感じられない安堵感を得られる様子をホノボノと描いている 「俺に来なかった甘酸っぱい青春のかほり」が危険な1冊
●「コミティアへ行こう」 Suitably Publication
>創作系同人即売会「コミティア」を舞台にしたオリジナル物 結構描けるのにイマイチ乗り気でない部長とネットで積極的に活動する年下の部員の少女の2人を軸に 即売会によくある風景や苦労をサラリと描いていて楽しく読めた

070716l 070716ll 070716lll
●「Present」 国立少年
>オリジナルのファンタジー作品 母の形見を奪われて失意のまま「グレース魔法学園」へ転校してきたエメラルドと監督生のシュープレアの交流を軸に 実は王国の第四王女であるエメラルドが形見と自分自身への信頼を取り戻そうとする物語 とにかく絵が素敵で学園の園長をはじめキャラが魅力的に描かれており ファンタジーの醍醐味を満喫できる本でした イカッタ…
●「積乱雲は空高く 蝉は木に魚は川に」 砂原堂hybrid
>夏休みを無為に過ごしている女子高生の金白さん このごろ近所の川で頻繁に見かける少年が気になって仕方がない 自ら「河童」と名乗る少年と過ごすうちに 近代化の課程で自然らしい姿を喪失した川への愛着と いつのまにか少年の姿を捜し求める自分に気がつく…「僕と一緒にダムの底に行かないか?」と誘われた時に彼女は…
最後の金白さんの台詞と同じ一言を「想い人」に言われたら貴方も撃沈確実です
●「カナコミイベントカタログ」 美術部
>この人はセーラームーンの時も同じようなことをやっていたけど今回は洒落にならないほど造り込んだ内容になっていて驚いた 170個以上のカットを自分で描いたのか・・・

070716m 070716mm 070716mmm
●「Broken Wings」 みどりのにわ
>ローゼン「水銀燈×めぐ」のラブラブ本 お互いに病的なほどに想いあっている二人の「ふったりっ☆の世界フィールド」に閉じこもった内容で 後半の「いいなりジャンケン(王様ゲームのようなヤツ)3本勝負」で先に2勝した水銀燈がめぐにやらせたことは…「髪型ツインテール」+「メイド服」
(;´Д`)…銀様…
鼻血はもとより興奮のあまりローザミスティカを吐き出してしまうほど萌えあがる銀様も3本目はめぐに敗れて「君の全てが私の自由ワールド」に突入!!さて…めぐの御希望は如何に
●「R-18シリーズ」 S-ROOM
>「ひぐらし」のリナの18禁作品 表紙に惹かれた 中身も良かった エロかった
エロっていいなあ! 最後は血まみれだけど!!
●「ののん」 まんけんOB
>第1回目の「読書会」で個人的「よかった本」総合1位に輝いた「まんけんOB」
今回読んだ本も「マイペース」な少女が主人公です 見習い魔法使いの「ののん」は魔法が使えます しかし「炭酸飲料のガスを抜く魔法」「嫌いなピーマンを皿の隅に寄せる魔法」といった 実際に役に立たないことしか出来ません そんな彼女を親友のふたりは心配しています…「なんとか役に立つ魔法を覚えさせよう」と頑張る彼女らの努力も報われて「地球を救う魔法」を試みるののん…地球の運命が(やる気の無い)彼女の手で決まるのか?
…まあ実際はそんなに気負う話ではなく頬が緩むようなコメディです
しかしこの本の作者はしばらく前から月刊成年誌の「コミックLO」にて「雨がっぱ少女群」というペンネームで「ロリ系」作品を描いています 今のところHPが見つからないので知っている人がいましたら教えてください m(__)m

●今回の個人的お気に入り大賞●
070716n 070716nn
「絹と立方体~架空文字の大図典」木村守一 著

どこから どう見ても「同人誌」に見えませんが 同人誌はあくまで「自主出版」の範疇に含まれる物なのでこれもアリでしょう
さて実際のところ「戦慄する」としか形容詞を思いつかない本です ハードカバーで約700ページ その内容は「架空文字の辞典」というべきもので 古代の神話の世界から空想上の世界「ムー大陸」etc…そして漫画・小説・TV番組・映画などに登場した「架空の世界の文字」を体系的に集めた凄まじい本なのです

以下に目次より抜粋した収録文字の一覧を記します

カバラのアルファベット諸体
錬金術師のアルファベット諸体
カール大帝の暗号
聖女ヒルデガルトのアルファベット
デーモンのアルファベット
大禹碑
エクノ語アルファベット
台湾語アルファベット
カリオストロのアルファベット
The Penma's Repository より
『大千図説』より
ムー帝国の宗教文字
オベリ・オカイメ文字
『術師』所収の文字(空項目)
加臨多文字
宇宙人ユミットの文字
ヌグ・ソスの文字
ピクト文字
『ポリフィルス狂恋夢』より
ユートピア島のアルファベット
オーストラリア文字
テングワール
ケアタール
ゴブリン文字
クリンゴン語アルファベット
ウピョウニョウト島の石碑文
ケシュ文字
ダイントピアのアルファベット
「インディアナ・ジョーンズ・アドベンチャー」のアルファベット
アトランティス文字
The Book of the People
The Scrolls of Capalla
Artemis Fowl THE ETERNITY CODE より
トトの言葉
フリーメイソン式暗号
「黄金虫」の暗号
踊る人形
ゾディアックの暗号
忍いろは
「名探偵コナン」より
窪田文字
南島文字
秀真文字
阿波文字
阿奈以知文字
アヒル文字
アヒルクサ文字
「疑字編」所収の文字
水茎文字
豊国文字
『懲狂人』所収の文字
「宮下文献」所収の文字
『日本古代文字考』より
「竹内文書」所収の文字
春日文字
物部文字
カタカムナ文字
南朝古字
「和田家文書」所収の文字
インファント島の文字
ウルトラサイン
ミクロ語
中山星香作品の文字
センスクリット文字
ゼントラーディ文字
エマーン文字
アストラギウス文字
名前文字
妖精文字
神部文字
マジカル語の文字
星界文字
ウルトラ文字
魔法文字
「SEEVA!!」より
くまちゃん語
『火星ルンバ』より
かえる族の文字
ケロ文字
アムネシア文字
「PALEPOLI」より
スカルク文字
シャンバラの文字
ドドネル第三惑星の文字
「大地の果て」より
デジ文字
ハイラル文字
「HUNTER×HUNTER」より
アーヴ文字
ファーム文字
『愉快な機械』より
リントの文字
「ファイナルファンタジーX」より
メルニクス文字
カタロヒナ文字
「ICO」より
異界文字
ピープルの書
「ミルモでポン!」より
『もののけ化石の物語』より
「忍風戦隊ハリケンジャー」より
カパラの巻物
魔導文字
PC文字

以上の一覧を見て自分などは気が遠くなりました…
これが一人の人物の作業でまとめられたとは信じ難いのが実情です あまりの大作なので精読することが時間的に不可能であると判断し 後日入手の機会があれば…と考えておりましたが…

売っていました アッサリ見つかりました

怪獣や特撮関係のイラストで有名な開田裕治氏のHP「開田無法地帯」で通信販売しているらしいのです なんと価格は4000円! 内容を考えると夢のように安いです!!自分は15000円くらいだと踏んでいましたから…
速攻で注文のメールを出した編集長でした とりあえず一家に1冊置いておきましょう
アーブが侵略してきた時に必要になりますよ…絶対!

Firefox 2
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。