アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■コミックマーケット73終了■
2008-01-03-Thu  CATEGORY: イベント

「恒例の反省会デス」

080103a
(画像は「ステファノアンナ」のクリスマスケーキ)
年末の冬コミに全日程参加しましたが恒例の独り反省会を催したいと思います

当日の行動に関して振りかえると

●29日=AM8時に友人と待ち合わせ入場>ガレリアにて簡単な担当の振り分けをした後…各々東ホールの1~3と4~6に分かれて行動開始
初動は4ホールの「SWS」購入後直ぐに反対側のホールに移動して「突撃ウルフ」>「塩こんぶ」と続いた後にジャンルの掃討作戦開始…「EVA」「らきすた」「プリキュア5」「セーラームーン」「ミリタリー」「舞-HiME」「ペルソナ3」を島毎にチェック…書店委託の無さそうなサークルを重点的に購入・・・東ホールを離れて西ホールへ移動…「特撮(除く腐女子向け)」をチェックした後に企業ブースへ…テレカ類をいくつか購入し予定終了

●29日の雑感
~壁サークルやシャッター前を殆ど捨てたので自分は長時間の拘束を体験しないで済んだが同行の友人が大手サークルの一つに捕まって1時間以上の並びを余儀無くされたのが申し訳ない感じ…ホールの中に出店していた「仏蘭西パンのホットドック(500円)」が激しく美味そうだったが500円は…ちなみにトラックヤードに出店していた店の豚汁(300円)は量もあり暖かく美味しかった…しかし食料品を扱う店の店員がペンキ屋みたいな服装をしているのはどうかと思う

●29日の反省点
①国際展示場駅では先頭車両から2両目の前から3番目のドアから降りること
②切符の現金精算が一番早く改札を出られる(Suikaを持たない為)
③カタログに付いてくるMAPを1枚で2日間使いまわすのは止めよう
④歩く時間が長いので底の薄い靴は止めて頑丈な靴を履いて行こう

●30日=AM8時に友人と待ち合わせ入場>ガレリアにて簡単な担当の振り分けをした後…各々東ホールの1~3と4~6に分かれて行動開始
初動は「ローゼン」系で…その後「攻殻」「皇国」「モーニング」「絶対チルドレン」「よつばと」「ネギま」「絶望先生」等のジャンル総当り 残念ながら女子向けの本が多すぎて(配置からすれば当然だが) ほとんど買えずに終わる…友人と一緒に西ホールへ移動 「バリクバパン」のジョブス×ゲイツ本の新刊を購入「えげつないやん家」は新刊無し「chickinzombies」は鋼錬の新刊有りで購入…その後「少女創作系」を一通り眺めて休憩 西ホールの裏側トラックヤードは海からの風がきつくて寒い 漫レポを読んでいて不思議に思っていた「寒い」が実感として理解できた 企業ブースへ上がり初日にゆっくり見られなかった場内を端から順番に見ていく 人が多く歩くだけで体力が往年のアメ車のような勢いで減ってゆくのを感じる…年寄りはお呼びじゃないようです 滞空時間は短かったけど疲れが出たのでワシントンに宿泊している友人の部屋まで避難 これで2日目は終了

●30日の雑感
~「攻殻百貨店」は攻殻の本でない場合 今後はスルーすべし…「よつばと!」ジャンルは「とーちゃん×ジャンボ」とかがメインらしいorz…「モーニング」ジャンルに配置されたサークルで「もやしもん」のグッズの人気が半端でなく凄かった あれは準備会も予想していなかったと思う…「ワンピース」で「たしぎ」本を作るサークルが見つからなくなった…良く探せば有ると思うのだが状況がそれを許さないなあ 初日も2日目も夜半に雨が降ったおかげで朝の冷え込みが緩く楽だった

●30日の反省点
①打ち上げの店は大崎に適当な店が見つかれば理想的

●31日=AM8時に友人と待ち合わせ入場>東ホールで友人たちと簡単な割り振りをして最終的な担当を決定する フットワークの軽さが武器 共同購入も人数が少ない点を逆にメリットと考える 知り合いの共同購入グループで50人近い大人数には多くの点で敵わないけど数や巡回ルートを当日ギリギリまで変更可能なことが精神的に楽だ
さて自分は東2ホールの「あきまん」からスタート 中央通路にまとまった人数が遊弋したため直前の列固定で割りを食い30番くらいに…「一般入場開始後」…何故か準備会スタッフとサークル関係者らしき人物が打ち合わせをしている!!実質的な時間の経過は1分くらいだったが「最初の30分」の重要性は他のものに換え難いので激しくイラつく
…販売が開始されても前方の人が軒並み10冊とか20冊とか買うので進みが遅く悲しくなる ようやく買い終わって2番目サークルに到着した時には25分ほどが経過していた
自分も友人も基本的には壁サークルやシャッター前は捨てているので島中をどれだけ早く動けるかが肝心なので痛かった
その後予定のサークルを順番に消化する 東4ホールに移動したときに完全に諦めていた「70年式」の列の長さを確認しに行くと予想より短く小刻みに動いているので思いきって並んでみる ありがたいことに15分程度で新刊を購入できた 夏コミの時に凄まじい列の長さに驚いて今後5年くらいは買えないと思っていただけに嬉しい 要はタイミングなのだろう
実は31日の西ホールに配置された「東方」系サークルで死ぬほど欲しい本が1冊あったのだけど 今日ばかりは東ホールから離れられない身が辛い 評論ジャンルも西に行ってしまったのが悲しい 「東方」と「評論」だけは東ホールに配置してくださいと漫画の神様にお頼みします
午後に入っても5分ほどの休憩を除いて歩きつづける 一つでも多くの島を見て回る為に動き続けなければならない しかしこの時間になると「買えない病」が発症してくる

「買えない病」>イベントなどに行って物欲は溢れているのに肝心の品物に財布を開けなくなる心の病。特に最終日の午後に多発する。一部の医療関係者は荷物の重みや人の多さに疲れて神経系に一時的な異常が発症することが原因と主張している(引用=「家庭でできるヲタの治療」民明書房)

この病はかなり深刻で 本人は財布にお金を残すつもりは全く無くて 紙袋がいっぱいになったときの為にクロークにキャスター付きのトランクを預けてあるくらい買う気満々なのに荷物が全然増えないという悲惨な事態になる ここ数年の悩みであったのだけど今回も発症してしまった…頑張って15時半くらいまで会場をさまよったけど14時以降はほとんど本が買えなかった これが気力と体力の限界というヤツなのかしら…

結局 16時の閉会時間にはガレリアのカレー屋で友人と拍手をした…

●31日の雑感
~最終日とあって体調も気合も充分だったが存分に買えたとは言いがたい 思い残しも多く悔やまれる 最大の失態は「ねりま村」の列形成を直ぐ近くで見ていたのに並ばなかったことだ!!モバイル機器を携帯していれば事態を直ちに把握して並べたかもしれないと思うと…アナログ生活を返上したくなる今日この頃…話は変わるが「極上レジスタンス」の新刊の数と売り切れの早さは異常だ 「ABC」も次回の開催が未定?なのに「"こまたん"の新作が読みたい」この衝動を何にぶつければ良いのか…「評論系」も丸ごと逃したのが痛い まめに見て周れば面白い本が山のようにあるジャンルだけに西館配置は悲しいです 今年の夏はどのような配置になるのか心配です ビックサイトが臨時開設しているクロークは便利だが会場の中央だけではなく東ホールの端(海側)と西ホールの1階にも設けてくれれば至極便利になって良い 荷物に買い物を納める為だけに東ホールを離れるのは時間的に難しいので

●31日の反省点
①最終日の非常食はもうすこしボリュームのあるものを探した方が良いだろう スニッカーズとカロリーメイトでは無駄なエネルギーだけが蓄積されて体がもたない
②「B○A」すみれ本を買いに行くのはもう止めよう 何故に毎回あれほど不機嫌そうなのか理解できない 応対がそれほど嫌なのか?
「おまけを全部欲しい」とかの理由で同じ本を9冊も買うのは止めましょう
④携帯電話やボールペンは紐付きで首からぶら下げるのが便利だと思うのだが あの人ごみでは千切れて無くしそうなので怖い なにか代案を考えておこう
⑤財布から不要なものを全て出しておくのは良いがメモ用紙くらい持ってろ>俺…何故か忘れて面倒だった
⑥「とらのあな」紙袋はもう少し多めに用意しよう 本を小分けに収納するのに便利だ
⑦スケブも増やさなくちゃなあ…

●今回の優れもの●
080103b
画像だけ見るとなんだか分かりにくいと思うが 下側の金属の部分にペットボトルの首の部分をはさんでベルトに引っ掛けるホルダーです 扱いは簡単で邪魔にならない 価格は100円と安い(秋葉原の「あきばおー」にて購入) ベルトの部分が既によれているが万が一ベルトが切れても他のもので代用できるので問題無し お勧めです
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。