アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■USER'S SIDE 閉店の悲しみ■
2008-04-03-Thu  CATEGORY: 未分類

「またひとつアキバのお店が…」

アキバのジャンク通りにあるPCパーツショップ「USER'S SIDE」が閉店を発表した
個人的には好きな店だったので残念です 週に2回は見にいっていた
「USER'S SIDE」は入力デバイス…マウスやキーボードの変な商品が豊富で自分には魅力だった
昔、ここで配布された「SILVERSTONE」のエコバックは今でも鞄に入れて持ち歩いているし 新作のゲームデモを(結構長時間)遊んでいても嫌な顔ひとつされたことが無い… 「KANE&LYNCH」「クラブでの銃撃戦」まで一気に遊んだこともあった 熱中しすぎて時間も忘れたのだが…冷静に考えると「出ていけ」と言われても文句は言えなかった…逆に「試してもらうために置いてあるのでどんどん遊んでください」と言われて驚いたものです

実際にキーボードなんかはアキバで品数が最も豊富な「クレバリー」にも無い変態っぽい製品が沢山ある ゲーム用のデバイスでも「アーク」や「メッセカオス館」にも無い不思議な品物が入ることも少なくなかった 他の店に無い品物があるだけでも存在価値は無視できない…しかしこの点に関しては必ず「海外から通販で買える。しかも安く」と言う人がいるが「入力デバイス」は触ってみないと良し悪しが分からないのですよ

自分はこのお店で不愉快な思いをしたことが全く無く 正月明けにゲーム機を自作する時にHDDの「ちょっとした」トラブルの際にこのお店のサポートに助けてもらったので今後もなにかと利用しようと思っていたところだった…悲しい…実に悲しい

個人的には惜しんでいるのですが…何故か「自作」関係の掲示板ではこのお店を惜しむ声が少なく「…やっとか」とか「当然だ!」といった辛辣な発言が目立つ よく読んでみると接客の姿勢や価格の点で不満を持った人がいたようだ

特に接客の姿勢に関し「自作系」の人たちの評価は厳しい ほとんどボロクソです
しかし考えて欲しい
接客業といっても相手も人間なのだから常に自分の期待する反応をするとは限らない…時と場合によっては客の要求がそもそも間違っていることもある

はっきり言えば「客」として相応の扱いをされたければ身なりなり物腰なりにも気をつけるべきなのだと思う

ヘッドホンやイヤホンなどを装着したまま人に話しかけるような非常識な輩も多い
人と話すときは相手を見ながら話すのが常識的なマナーだし耳をふさいだ状態で話しをしようなどとはふざけるにも程がある
一人で一方的に話し続けて相手の話を聞こうとしない人もよく目にする
自分が言いたいことだけを言い終わったら満足して相手の意見は一切無視するタイプは自作の世界に限らずあらゆるマニア層に存在するが パーツショップの店頭で騒いでいる客にはこのタイプが多い
要するに相応の接客を受けたければ相応の姿勢で望む必要があるということだ(腰を低くするという意味ではない)

価格に関しても「高い」という批判はそもそも間違っている
店が輸入したり問屋から買いつけた品物をいくらで売るかは店の自由だ 現実的に売れるかどうかは別にして…玄人志向のVGAを仮に100万円で売っていても驚くのが間違っている
「安く買いたい」というのはあくまで購入側の「希望」であって薄利を店に強要するような権利は誰にも無いし「期待」するのは勝手だが納得がいかなかったからといって文句を言うのは筋違いだ
同じ商品が他で安く売っているのならば黙ってその店に行けばよい「どこそこの店では~円で売っていた」などと吹聴して割引を迫る客の姿は今でも見かける…なら黙ってその店に行って買えよ

まあ…それでもここまで批判されていることを考えると色々と落ち度もあったのでしょう
閉店を伝える記事でも「愛想が尽きた」といった発言などに棘を感じる人も居るのでしょう
しかし店はキレイで整理されており 変な商品が沢山あって 店員の服装も清潔で好感の持てるものでした
とにもかくにも閉店を残念に思いますよ
あの分割キーボードが残っていたら買っておかない…
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.