アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■にわかヘッドホンマニアの土曜日■
2008-04-19-Sat  CATEGORY: 趣味とか

「350万円のCDプレーヤー」

今年の2月に愛用していた安物のヘッドホンが壊れた
もともとフリマで500円ほどで購入したものだったが特に不満も無かった しかし断線して片方から断片的にしか聞こえなくなったのでPCパーツショップ「クレバリー」のオリジナル製品を1000円くらいで購入して使ってみたのですが頭の形にフィットせず締め付けがキツかったのか耳の外側を痛めてしまったので「ダイナミックオーディオ」に出かけて2時間くらい様々な製品を試した後に新しいヘッドホンを購入したのですね

にわかにヘッドホンに興味が湧いてきた今日この頃…「春のヘッドホン祭」というイベントが開催されたので行って来ました
080419a
「春のヘッドホン祭」
4月19日(土)11時~16時 中野サンプラザ15階エトワールルーム

会場になったのは会議室くらいの広さの部屋でした 机が並べられてヘッドホンや高級CDプレーヤーを販売しているメーカーが各々の製品を並べております 室内にはメーカーの人と熱心なファンが大勢詰めており大変な賑わいです マニアの人達にいたっては自分の「マイヘッドホン」持参が当然らしく窓際に配置されたテーブルで交流する姿が目立ちました
自分の場合…音質よりも「耳が痛くならない」「眼鏡のフレームが押さえつけられない」点が重要だったので形の良さそうな製品を色々と試させていただきました
その点に関しては「STAX」「SR-202・303」「GRADO」の「GS1000」の素晴らしい装着感に溜息をつきました(値段にも溜息)
「SR-202・303」は耳当ての部分の形が四角くなっているので耳全体がキレイに収まるので連続して長時間使用しても耳が痛くなることはまずないでしょう…全体的に大型なので重さを多少意識させられることが僅かな欠点かもしれません
「GS1000」は耳当ての部分にウレタンのような材質を用いているのでとても軽く装着感は極めてソフトです 重量も気になるほどの重さを感じさせず最も重要な音質も低音から高音まで鮮明に聞こえる素晴らしい製品でした 溜息がでる価格…141000円はオーディオの世界ではささやかな金額だと思うのですが…いやむしろ1ドル100円の時勢ですから控えめな金額なのでしょう
他にも「audio-technica」の「ATH-W5000・1000」のシリーズの木目の美しさや小型のヘッドホンアンプに目を奪われつつ…禁断の世界に踏み出してみました

それは…製品単価350万円超のCDプレーヤーだ(カタログ貰うの忘れた)

35万円ではなく350万円です…国産のレベルの高い車が買えます

今日のメインイベントはこの製品で持参のお気に入りCDを聴かせてもらうことです
そのために…宇宙最強に愛しているサントラで敬愛する作曲家 ロン・グッドウインの傑作「ナバロンの嵐」を持ってきたのだ

メーカーの中の人にお願いしてマイCDを装着してもらいます…なにかの間違いで壊してしまったらピラミッドの建設作業に30年くらい奉仕しなければ償却できない高級製品…
緊張の一瞬です

…ザー…ザー…ザー…

「…ありがとうございました…もう結構です」とお願いして止めてもらいました…

俺が宇宙最強に愛しているサウンドトラックはノイズと雑音が激しく混じった酷くレベルの低い雑な録音のCDだったことが判明いたしました!!

絶望した!!触れてはいけなかった真実に絶望した!!

そんなわけで350万円とのガチンコ勝負に敗北したためスゴスゴと帰ってまいりました
…俺なんかはPCのドライブで音楽を聴くくらいがお似合いなのさ…
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。