アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■春の同人読書週間④~UP-BEAT UNDERGROUND■
2008-05-10-Sat  CATEGORY: 書籍

「集めた本を御披露します」

080510a「懐かしの同人誌①70年代~1985」
UP-BEAT UNDERGROUND
趣味のものを沢山集めると人に見せたくなります…大概の人は見せるだけで満足してしまいコレクションを他の人に役に立つように整えるようなことは考えません…しかし一定の量がまとまった内容の濃いコレクションは本や写真集としてまとめると後に続くコレクターや研究者の大きな指標となります
この本の著者である某氏は亡くなられた漫画家「かがみあきら」先生の関係資料を集めて数冊の本を発行してきました。その過程で手を伸ばすようになった極初期の同人誌をこの本にまとめて披露してくれたのです。概ね1頁につき3種類の本を紹介しており全体では170種類近くの希少同人誌のデータをまとめています
表紙の画像・タイトル・発行サークル名・主な著者・サイズ・ページ数などが全て記載されていますので、この時代の同人誌に直接的に関わった人には懐かしい記憶の縁となるでしょう。また新たに希少同人誌の収集に挑戦する人には極めて有用なガイドブックの役割も果します
集められた同人誌は実に様々です 現在ではプロとして活躍している人気漫画家が関与したファンジンや漫画・アニメのFCモノ・創作系・特に後半では高橋留美子先生のファンジンを沢山紹介しています。編集長も老境の域にさしかかっている為、昔一度は手元に置いた本が沢山掲載されているので実に懐かしい気持ちになりました
「あぴいる」「てぃんかーべる」「鏡」「びびっと」「ふくやまジックブック」「のんき」「クラリス・シンフォニー」「アスケロン」「LIFE BIRD」「悶々亭」「ねこまんま」「AWAKE」…まだまだ数え切れません
先日のコミティアで著者と話をさせていただく機会がありましたが、これだけの同人誌をこの数年で集めてしまったと聞いて驚きました。まさに熱意の結晶と言えます
現在このシリーズは②まで発行されており80年代の…いわゆる「面妖系」同人誌の時代に突入しているので今後の続巻がとても楽しみです
編集長の手元にはこの時代の本が殆ど残っておりません…引越しの度に古い本を手放してきたのが悔やまれますよ…それでもこの本を見ていると…長年消えていた炎が新たにくすぶり始めたような気がするので不思議です
著者の方には申し訳ありませんが新たなライバルが誕生してしまうかもしれませんよ
…銀行の残高が許してくれれば…の話ですが(笑)
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。