アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■コミックマーケット2008年夏 反省会3■
2008-08-21-Thu  CATEGORY: イベント

「まあ、エロの祭典ですからね」

●3日目
>さすがに壁サークルを避けられない最終日


一番嬉しかったのは「70年式」の新刊落ちです(泣)

聞くところによると書店への委託が検討されているらしいので助かります。あのサークルの買い物は30分は拘束されるのが間違いないからなあ

初動は東2ホールの「むてけい」からです。そこから島中をいくつか購入して「高い城」あたりまでで30分。友人に頼まれた「iYOU」で20分ほど捕まり、何故か「おおた堂」の肉饅頭に巻き込まれること15分。この時の饅頭責めでペットボトルをホルダーごと失いましたよ。あの通路の圧縮状態は異常で自分の足元を見ることも出来ませんでした。あとで探しに行きましたが影も形も見つからなかったなあ・・・

そういえば嬉しかった出来事2
「七分堂」の「なななさん」にスケブをお願いできた

「出来るだけ機嫌の悪そうなハルヒ」
という希望を快諾してくださった「スピリチュアル江原」似の「なななさん」m(__)m
これからも応援します

その後1時間ほどで1・2・3ホールの予定地点を回りきったので反対側へ移動

4・5・6ホールの重点目標は友人に託してあるので安心している。コミケ歴20年近いベテランですからね。そんなわけで個人的に興味がある中小のサークルを6ホールの隅から攻撃開始

…の前に「apricot+」の「うめてんてー」を観察しに行く
いつものように最後尾看板をもって立っている小学生のようにしか見えない姿を眺めて癒される
殺気立っていた自分が恥ずかしくなり「優しい気持ちで闘おう」という矛盾した決意を新たにするも1分も保たずに飢えた肉食獣のような状態に陥る。まだまだ修行が足りない
まあ最終日だからね

18禁サークルをいくつか見て回った後、4ホールの隅に移動。「レ」の端から創作系を順番に見ていく。このジャンルは今週末の「ティア」でも見られるのだが「コミケ」にしか来ないサークルもあるので出来るだけ丁寧に見る
1時間ほどかけて「ミ」まで到達。「ボストーク」の速水さんに挨拶しつつ「熱中飴」をねだる。ものすごく沢山貰う。味は普通の柑橘系飴のように感じたのだが体内の塩分が欠乏していた為らしい。持参した「シチリアの海塩」を嘗めながらの遠征だったが足りなかったらしいゾ
「極上レジスタンス」は当然の如く「完売」と。見本誌が見れないのが悲しい
さらに1時間ほどかけて「ヌ」あたりまで見終える

再度、反対側に移動して3ホールの隅から順番に見る。「なのは」島で「スバル」本の良いところを探すが見つからない…ギャルゲー島は高速移動しつつ流して「Fate」島へ到達したあたりでガス欠っぽくなったので持参の「レーズン」を一気食い。缶コーヒーで流しこむと微速前進可能なくらいに復活。さすがに午後もこのくらいの時間になると「買える」本がそもそも無くなっているので、労多くして実入りが少ない…が挫けない

過去にも最後の30分に素晴らしい本に出会えたことが何度もあるのだ

15時半くらいに友人から連絡。最終的な待ち合わせ時間を決めてラストスパート…が力尽きる。で、ガレリアのカフェでコーヒーを飲む。朝から冷えた水分ばかり補給していたので暖かいコーヒーが美味い。ダラダラとコーヒーを飲んでいると16時の閉会時間になった。カフェでも拍手が起きる。すると「何が起きたのか?」といった怪訝な表情で周囲を見ているニワカっぽいのがいる。この手合いは服装で一目瞭然なのが不思議だ

●3日目総括
>MAPの書込みをもっと詳細に。興味の無いジャンルは解かりやすく潰しておくのだがジャンル毎に該当する分野を増やしておく>「コスプレ」「漫研」「グロ」「獣」など
>結局カロリーメイトは食べなかった。夏場は水分を必要とするスナック系は止めよう
>ロッカー争奪戦は朝早い。100円玉を沢山用意しておくこと
>案外に自販機の飲み物が売りきれなかった。涼しかったからかも。ポカリやお茶は早々と無くなったがコーヒー系は最後まで普通に買えた

身の回りにトラブルも無く、無事に終わったコミックマーケット74。堪能しました
コスプレと企業ブースが無くなることを願いつつ次回に期待しましょう
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.