アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■夏の同人読書週間②~山中虎鉄■
2008-08-24-Sun  CATEGORY: 書籍

「その者、死影流奥義30段を極めたり…」

080824a「シャドーネーム0091」山中虎鉄
サンデーGXに連載されている「ブラックラグーン」
そのスピンアウト作品、小説版「BLACKLAGOON・シェイターネ・バーディ」に登場する、2008年の最強キャラ、シャドーファルコンにエールを送るのは「ラグーン」の原作者、広江礼威さんの作画スタッフでもある「山中虎鉄/ねーやん」さんです
広江さんの描く公式イラストの多くの彩色を担当している「ねーやん」さんは小説を読んでファルコンの素晴らしさに心を打たれて、滝のような涙を流し、彼の勇姿を多くの人に知らしめるべく今回の新刊を製作したと伝え聞いております(かなり憶測)

さて肝心のファルコンとは何者か?

血と硝煙が漂うロアナプラの街。一見リアルな物語にも「冥土1号&2号」「暴力教会」「ゴスパンク死体処理係」など不思議系のキャラが多数登場しています。しかし彼等の濃密な存在感に負けぬ、新たな東洋の神秘が「シェイターネ・バーディ」において登場したのです。それが「死影(デスシャドー)流奥義30段を極めた」忍者、シャドーファルコンなのです

忍者ですよ。NINJA!!

小説の前半で見せた活躍(あのダッヂをも手玉に取った)に驚いていてはいけません。彼の真価は中盤のシェンホアとの対決から始まるのです。「ラグーン」世界において近接戦闘では並ぶ者のいない使い手、シェンホアを相手に互角以上の闘いを演じ(結果的にはシェンホアの方が不利だった)、レヴィとの闘いでも瞬時にカトラスを無効化する神業を見せました。そして終盤、ロックを拉致して策略の道具として利用する非道を行なうに至っては、「死影流30段」にとってロアナプラに敵無し!ファルコンに命を狙われた三合会の張はどうなるのか!!

もう解かっていただけたと思うのですが「シェイターネ・バーディ」の真の主役はファルコンなのです!
今日からファルコンの活躍を語らずして「Bラグーン」を語ることは出来ないのです!
そして原作にもファルコンが登場するのを夢見る日々が始まるのです…

「シャドーネーム0091」
この本を読む前に「シェイターネ・バーディ」を読め!そしてファルコンの言葉に尽くせぬ悲愴な過去に涙せよ

ちなみに表紙イラストのシェンホアは小説には登場しません。しょぼーん
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。