アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■夏の同人読書週間⑫~ねりきり堂■
2008-09-07-Sun  CATEGORY: 書籍

「知りたくなかった羊羹ワールド」

080907a「妖羹の世界2」ねりきり堂
息抜きの読み物として食事関係のエッセイは多くの人に好まれる傾向があります。
美味しいモノや珍しい食べ物などは、普段接する機会がないほど珍重されるものです。しかし世間には、なんとも不可思議な食べ物?が存在しており、また、よせばイイのにあえてそれらの奇怪なシロモノに挑戦する奇特な方々がいます。同人誌の世界でも「変な飲食物」本は古くから根強い人気があり、編集長も楽しんできました。今回紹介するのは別の宇宙の産物としか考えられない「羊羹」の本です

「妖羹の世界2」に紹介されている製品は以下のようなシロモノです

イカ羊羹 ・ 本練りマグロ羊羹 ・ 牡蠣羊羹

うに羊羹 ・ わかめ羊羹 ・ ドリアン羊羹

納豆羊羹 ・ にんにく羊羹 ・ キャベツ羊羹

とうもろこし羊羹 ・ ゴーヤー羊羹 ・ 椎茸羊羹

高麗人参羊羹 ・ 仙台味噌羊羹 ・ スペース羊羹


編集長も目次を読んだだけで気が遠くなりました

何故「ゴーヤー」とか「牡蠣」とか「にんにく」なのでしょうか?企画担当者が熱病に犯されていたとしか思えません。また製品化の前に当然試食が行なわれているはずですが、その段階で中止にならなかったのが不思議です

さてこの本の発行サークル「ねりきり堂」の主筆「大森らいす」さんはこの全てを実際に購入して食べるという偉業を成し遂げました。その勇気とチャレンジ魂に敬意を表します。コミティアで御本人と話をしたので、これら全てを食しても死なずに済むということだけは分かりましたよ…人間って強いんだなあ…

味の感想に関しては…予想の範囲ではありましたが(酷いという意味で)、予想外は「イカ」と「マグロ」です。イカは姿だけを模した製品で、「マグロ」は色彩の印象からマグロの刺身を連想させる意図の製品だったのですね。両方とも味は普通に甘いとか。しかし表紙の画像を見ても分かるように「イカ」は目玉のインパクトが強く、食欲をそそる製品だとは言いにくいところです
あとの製品、特に「牡蠣」「にんにく」「ドリアン」「仙台味噌」などの味は…あえて言うまでもありません
本の最後に販売元の連絡先が紹介されていますので興味のある人は取り寄せて試してみるのも良いでしょう。なにかの間違いで別な世界の扉が開くかもしれませんから

ちなみに編集長は…全力で遠慮させていただきます!!

…サークルのHPが無いので羊羹の販売元に連絡先を知りたい方はコメント欄にて御連絡下さい。いないだろうけど
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。