アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■冬の同人読書週間⑨~へそのあるかえる■
2009-02-03-Tue  CATEGORY: 書籍

「メリー号!嵐の海に挑め」

090203a「嵐来る」 へそのあるかえる
「よつばの。読書会」にて参加者のどなたかが持参した本です。とても気に入ったので冬コミで買い求めました。「ワンピース」の二次創作で160ページ近いオリジナルのコミックです
物語は原作の「空島から帰ってきて次の島につくまでの間のお話。VS.O.P.の続き」で、空白の時間を原作より長く設定してその間の様々な出来事を描いたモノです。ゾロとサンジが中心になって話が進みます。基本的な位置づけは「ゾロサン」らしいのですが、カップリングというやつには今ひとつ馴染みがないので「らしい」ということで
大筋としては「嵐に巻き込まれ、満身創痍のメリー号を気遣いつつ、全員が力を合わせて難局を突破する」といった感じになります。冒頭の山場、海賊船団との一触即発の危機、中盤の山脈のようにそそり立つ波との闘い、後半のゾロの救出からエンディングまで、一瞬たりとも飽きさせない見事な物語構成と作画で大きな満足感を得られました
御本人の弁では「おだやかな普段の海上生活や他の海賊団との遭遇・嵐との戦いなど。 昭和の匂いのする冒険活劇な一冊」とあるように、確かに昭和30年代くらいまでの少年向け冒険小説を彷彿させる見事な物語になっています(編集長の本棚にはそのような本が沢山収められている)
次々と襲い来る難事だけではなく、サンジがメンバーに供するメニューで苦労する話や海上レストランにいたころの思い出話、ゾロがルフィと出会う前の武勇伝など、合間に挿入されたエピソードもパズルのピースのように原作の世界に馴染んでおり見事としか言いようがありません

原作者の魂が憑依したような二次創作って本当にあるのですねえ

「ゾロサン」とありますがカップリングに詳しくない人なら「それ」を感じさせる「1コマ」にも気が付かないほどさりげなく描かれています

HP「へそのあるかえる」にて通販もしているようなので興味のある人はどうぞ
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。