アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■春の同人読書週間⑦~密月■
2009-05-14-Thu  CATEGORY: 書籍

「百合世界へのカラフルな招待状」

090514a「そのときのきみ」 密月
このサークルの本が編集長の狭い視界に入り込んできた理由が、カラフルな表紙の色彩やチャーミングで愛らしい女の子の姿であるのは間違いありませんが、個人的に重要なもうひとつの理由があります。それはホビー関係で活躍している漫画家兼同人作家の某氏が描く女の子の雰囲気を感じさせたからです。鼻のラインとか瞳の描き方が、その某氏を連想させたので別ネームで活動しているのかと勘違いしたわけですね

購入の動機は勘違いでしたが、本の内容は女性作家らしい繊細で且つ楽しげな雰囲気のオリジナル百合作品でした

「私は桜を嫁に貰う事に決めたゾ」
これが作品冒頭に発せられる主人公、和田さんの台詞です。被害者(笑)は綺麗なロングがチャーミングポイントの桜さん。クラスメイトではあっても、1年間全く言葉を交わしたことのない相手から言われる台詞としてはあまりに唐突ですね

一般的な漫画の設定なら和田はチビで年下の幼なじみ。近所のお姉さんを勝手に嫁にすることを夢想するタイプになりますね。桜は快活で明るい性格のお姉さん。誰にでも優しく親切なのが災いして弟のような少年に恋される…といった感じでしょうか

それがこの本「そのときのきみ」では二人の少女になっているので華やかです。もっとも和田さんは最後まで下着以外を脱いでくれないので疑惑は残ります(笑)
いや、きっと和田さんは極めつけの幼児体型なので脱げないのでしょう
代わって桜さんは、胸の大きさはほどほど。腹部に丸みを残している少女らしい体つきがなんとも眩しい人です
編集長が女性作家(除く、大手ゲーム会社専属の原画家)の描く少女が好きなのは、不自然に大きい胸とか尻ではなく、自然な年齢相応の体型を描いてくれるからです。もちろんサークル「密月」の作家、月石さんの絵もとても柔らかで暖かみがあり、背景や小物(製造から時間が経過したためビニール袋のなかでクタクタになっているヤキソバパンとか)も丁寧に描かれていて好感が持てます

本以外にも購入したときに挟んでくれた真四角のペーパー(横長に切り出したものを3つに折って真四角に整えた手間が…)なども工夫を楽しんでいるのが感じられますね
目が離せないサークルが一つ増えたことを喜びましょう
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントLeseFeal | URL | 2009-05-14-Thu 22:00 [EDIT]
オイラもこの本買いましたですよ♪
コメント編集長マリアンヌ | URL | 2009-05-15-Fri 00:35 [EDIT]
さすがですね。
可愛くてエッチで
良い本でした。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。