アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■コミティア91に行ってきました■
2010-02-16-Tue  CATEGORY: イベント

「バンアレン帯なのに…(違うし古い) 」

2月14日はイロイロとあるらしい日なのですが好き好んで有明のビックサイトまで出かけました
りんかい線の車内に女性が非常に多いのが気になっておりましたが、駅を下りたところで今日はビックサイトで「擬人化」オンリーが開催されていることに気がつきました。どうりで。チョコを貰うアテがないオッサンも情けないが、そもそもリアル男にチョコをやる気もない腐女子がこれほど沢山いるのならば勝負はドローだと勝手に納得しましたね

10時過ぎに最後尾に並んであとはひたすら開場待ち。しかしコミティアも東京での開催が91回目とは地味に驚きです。よくも続いたものよ。時々開催規模が大きくなり東ホール2つとかになるのが玉にキズ。「ペット」「アクセサリー」「小説」「音楽」以外のジャンルは全て見て回るのが常なので2ホール開催は辛い。これからも1ホール開催でお願いします

11時の開場です。自分の初手は「ONE VISION」。田中さんの久々のイベント参加とあって到着したときにはかなりの長さの列ができていましたが「1限&10円」という高速回転仕様であるため難なく終了。あとは適当にブラブラ
今回の場内は14日とあって女性中心のサークルなどはどこも華やかでした。会場の至る所で「チロルチョコ」を配布していたのですが、何故か自分が買い物をしたサークルではどこも配布しておらず、ソレを貰うため「だけ」に新刊を買うのも負け犬な気がしたのでガマンです。自分偉い(泣)。帰りにコンビニでスニッカーズ買った

目から汗がでたのは秘密だ

先週のワンフェスでも同じでしたが財布の中身が寒すぎていつになく買い物が少なくなったが面白い本もいろいろとありましたよ
100215a中でも「世田谷ボロ市」さんのコピー誌新刊
「新宿西口 讃岐うどん ワンコインメニュー」はページの少ない冊子でしたが実用的な内容で大いに役立った
帰路に新宿の「ZIN」へ寄らねばならなかったので新刊で紹介されていた「楽釜製麺所」に立ち寄り「牛肉ぶっかけ」380円を賞味してきました
スジ肉が少し堅かったけど味がしみこんでいて美味かった。難を言えば店員が五月蠅すぎる
本場の讃岐でもあんなに五月蠅いのかしら?





100215bこちらはお馴染み「ボストーク通信社」速水螺旋人さんの新刊「攻防30日」。昔、文庫本で「攻防300日」というのを読んだけど確かアレはレニングラードを巡る独ソの攻防を記した凄まじい内容だったと記憶している
こちらの新刊はHPの日記でも書いていた、アパートに出没するネズミとの攻防戦を漫画にした物です
作者の速水さんは部屋にネズミが出没するのに気がつき捕獲するために四苦八苦するのですが、頭の良いネズミのこと。1ヶ月にわたって部屋主を悩ませ続けたあげく最後には罠に落ちるまでの顛末を漫画で読ませてくれます
実は編集部にもネズミが出没したことがあって、編集長は不眠症となり、以来、耳栓を付けなければ眠れなくなってしまいました。その恐怖の記憶があるので、エアコンの裏側に尻尾がチラリと見えた…といった描写には背筋が寒くなります
ああっ…恐ろしい
速水さんは罠にかかったネズミが「可愛らしい顔をして」と書いていますが、ハツカネズミより大きいネズミなんて考えただけで心臓が止まりそうです
この本の中で速水さんの部屋の俯瞰図が描かれているのですが博覧強記の人だけあって蔵書の量がハンパではないですね。そういった意味からも興味深い新刊でした
最後に一つ、このアパート、木造かしら?もしそうならこちらの編集部も重量的にまだ余裕があると安心できるのだけど…
100215c3冊目は航空会社飛行機格納庫見学のレポ本
サークル名がいまいち分からない。後ろ半分は自衛隊の総合火力演習とかの画像になりますが、前半の格納庫の画像は大きい物や倉庫マニア的にはタマラン代物でした
格納庫の見学ツアーなんてものが実施されているとは初めて知った。面白そう
最近の画像中心レポ本や写真の本はデジカメの解像度が高くなったためかとても綺麗
ルーペで拡大して見ると背景の細かい部分までよく見えて楽しい




100215dこちらは「リリ舎」さんのリアル百合の方々による実体験がたっぷり混じっていそうな百合4コマ漫画
以前の本は変な汗が出てきそうなイヤらしいネタがタップリだったけど今回の新刊はバレンタインデーがネタだけ有って 熱々の甘々

羨ましくなんかないぞ…








100215e最後の本は「シトロエン2CV」の現役オーナーがオーバーホールの過程を鮮明な画像と共に1冊にまとめた読み物
男の憧れる車と言えば「2CV」が筆頭なのは世界的な標準ですが、なにせ古い…しかも欧州車なのでなかなか手が出しにくい気分があります
ところがサークルの中の人に聞いたところ、ヘタな国産新車より豊富にパーツが出回っているのだとか。扱いに長けた店も国内に多数有り、ユーザーの多さゆえ情報も豊富なのだそうです
話を聞いているうちに気分が盛り上がってしまい、帰路に危なく本屋で中古車ガイドを買うところでした。編集部にはジムニーという頼りになる?車があるジャマイカ

■最近気になること■
アキバの中古同人専門店「マンガ王国」が今月の始めから閉店したままになっている(開店時間が変わったのか?)
イベント新刊の状況を観察するのには便利な店なので(Dカルトも無くなったしね)よく見に行っていたので困っている。風の噂に「代表が倒れたので突然閉店した」と聞いたのだけど今のところ裏付ける情報も聞かない。なにか知っている人がいたら情報プリーズ
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント仙台のS | URL | 2010-02-22-Mon 17:13 [EDIT]
同人誌血風録さんによれば「経営者死去により」閉店らしい。
現地情報ぷりーず!
王国情報
コメント編集長⑨ | URL | 2010-02-22-Mon 21:09 [EDIT]
自分が今日の午後に見てきた限りでは
血風録さんの画像と同じ物が貼られているだけでした
自分が耳にした噂は
「先月末だか今月1日に代表が文字通り「急死」し
残されたバイトたちでは在庫の整理や精算もできず
給料の代わりに品物をそれぞれが持ち帰って四散した…」
というものでした
現在も階段下の看板は放置されており
残務整理が行われている様子もありません

とにかく残念なことにアキバでの行き先が一つ減ってしまいましたね
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。