アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■水戸 参戦記録 まとめ■
2010-03-24-Wed  CATEGORY: イベント

「水戸にとってのコミケは…」

100322t
この画像の言葉に尽きると思う
これが水戸コミケ開催に尽力した関係者全ての願いでしょう


「町おこし」というテーマを掲げ、たったの二日間といえ数万人の参加者が水戸に参集し、交通、食事、宿泊、土産、その他の様々な形で地元経済を潤して、沢山の思い出と土産話を全国に持ち帰ったのだから
日本人として「水戸」の町の名前を知らない人は多くないと思う。だが実際に現地に足を下ろして歩き回り地元の人と交流した事実は大きい。「水戸って街はこんなところだった」という話題が全国に一斉に広まったのだから日本社会の癌「電通」に巨額の御布施を差し出しても実現不可能な宣伝効果があったのは間違いない

もちろん見込み違いはあったろう。土産物や物販の売れ行きを各所で眺めても明暗はハッキリ分かれていたと感じた。単純に作家の人気に左右された部分も大きいと思うが、価格で1000円を超える物は結果が芳しくなかったのではなかろうか(梅酒は除く)
また「おにぎり弁当」のような特殊性の薄い、容易に同等の品が安価で手に入る物は、それがどれほど丹誠を込めて良い材料を惜しみなく使い心を込めて作られたとしても、参加者の財布を開かせる動機としては弱かっただろう(ぶっちゃけ、七尾奈留さんの描き下ろしイラストトレカ付きとかだったら両日とも午前中に完売したのは間違いない)

周辺の個人商店とかも誤算があったろう。その分かりやすい例が「大沢精肉店」
このお店が特需を見込んで売り出したのは「鳥のもも肉焼き」300円(緑茶付き)
初日の売り上げは僅か数十本、2日目は2chの実況板やTwitterで話題になったことから売り上げが前日の100倍とコントのような有様になった
「阿比留にゅーす」参照

かくして2日間の開催が終わり、水戸は少なくとも「ヲタ」世界においては全国区となった。春から夏にかけての各種同人即売会では「水戸SPレポ」本が出てくるでしょう。それだけ、レポの甲斐がある催しだったと個人的にも思う。帰宅した後、個人的にも残念だったのは、この催しに多くの友人達が参加できなかったことだ。仕事、法要、それ以外に物理的に参加できなかった友人達が水戸で集えれば楽しさは何倍にもなったろう

100322tt100322ttt
土産。左は京成横の「魚屋?八百屋」で購入したおにぎり。2日目も結局2個買った
右は「梅酒」「黄門漫遊」「納豆」「ヨーグルト」など

●即売会としてはどうだったか●

一般参加者の目線で考えると同人即売会としては評価が難しいが…

水戸に限らず、どんなイベントに出かけても状況に応じて目的や楽しみを切り替えられない人は不幸だ。本だけが欲しいのならamazonや通販、極論を言えば誰かボランティアみたいな人がヤフオクに適価で出品するのを待てばよい。そのほうが周囲にも本人のためにもなるから巣に籠もって出てこないでくれ
編集長も2日目は朝8時から並んで主要目標は全滅だった
だから一部から「悲痛な声」が出てくるのも必然と思う。だがこれが初心者ならまだ仕方ないが、伝説の鳩コミとかに参加した「歴戦のヲタ」だと思っていた人の発言だから驚いた。通常のコミケでも開場30分前到着では大手サークルは難しいのに、今回ほどの特殊条件が重なっているSPでは「酔っぱらって書いた文章としても同情の余地が無い」としか言えぬ。土俵に立てなかったのではなく、最初から立つ気概がなかったのだよ
「私は水戸を許さない。ぜったいにだ…!」なんて、どれだけ偉ければ発言できるのか。コメント欄が騒がしくなってから「ネタ」だとか言うのは勝手だが水戸市と全ての水戸の住人に謝るべきだ

確かに周辺住民にとって予期できない催しで不安に思っていた人も多かったろう。コミケなんて招致しても薬になるより毒になる可能性が高かったのだから。そして実際に迷惑がかかった状況や案件も多々有ったはずだ。だが

************************************
860 名前:カタログ片手に名無しさん 投稿日:10/03/21 16:51 ???
あーたしかにおれ南町の商店だけど
自由広場前で30分ばかり、人並み眺めているだけで楽しかったな。
地元としては寂しいのはもういやだよ。
何十万人でもべつに金を落とせという事無く、通りがにぎわうだけで嬉しいよ
無関心なんてとんでもない
人がいるって事はこんな素晴らしい事かと思ったよ
************************************

こんな気持ちを抱いている地元の人たちに2日間の明るい話題が提供できるなら、あの荒天の中、水戸に出かけた甲斐があったと本心から思う。大事なので再確認するが

「町おこし」がメインで「即売会」は催しの一部にすぎません

それを勘違いしている人は催しの趣旨を誤解しているだけです。反省して下さい

サークル参加者としてはどうか

編集長も初日はサークル参加に加えてもらったので内側から眺めたが、酒は飲める。モデルガンを持ち込める。仮に現金ではなく「使用済みテレカ」と交換で新刊を頒布しても怒られない。そもそも売れなくても構わない。面白ければ良いという実感はあった
今回の水戸SPは正確には同人即売会ではなく「一部に即売会を含む町おこしのための祭」だったのだから楽しまなければ損だ。だから原稿執筆の実演や、販売数1個の品物とかメンコとか、サークルが自分たちで楽しくできる範囲のお遊びが許容された。SPとはそういう物だと了解している。最初に参加したガメラ館、沖縄はさすがに行けなかったが、前回の24時間もコミケとしてより、その名前を借りた無礼講の騒ぎとしてしか記憶していない
それ故、今回の水戸SPも交通の混乱などを除けばサークル参加者にマイナスな印象を与える要素が見あたらない
本が買えないということで参加サークルの周囲が騒がしくなることも予想できるが「UROBOROS」や「CUT A DASH」「bolze」のようなベテランはループを防ぎ、最大人数に頒布できるような努力もしたのだ。昔から何度も言われているがサークルは希望者全員に本が行き渡るようにしなければならない義務は全くない。だからその不満は胸の中だけに納めておいて外に向かって毒を吐かないでくれ

●さらば水戸。次はモモ焼きを食う●

これからの人生で誰かに「水戸はどんな街ですか?」と問われる機会がどれほどあるか分からない。1回もないかもしれない。それでも、その時には
「水戸は懐が深く、温かく、飯が美味い良い街だった」と言うよ

忘れていたがコンビニ「ローソン」に御礼を言いたい。2日目の朝、芸術館庭のトイレが尋常ではない混み具合だったので来場の途中で見かけたローソンまで行ってトイレを借りることになった。既に5~6人も並んでおり、自分後にも続々と列がのびた。町中のコンビニとしては異常な事態だったと思う。それでも快く利用させてくれたお店に感謝している

最後に

水戸SPの開催に携わった全ての関係者に感謝を
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントtou | URL | 2010-03-25-Thu 03:23 [EDIT]
初めましてこんばんは。
色々な批判もあって、もちろん肯定もあり・・それも含めてコミケスペシャルとしての感想なのですから別にどう言おうと構わないとは思いますよ、感想は人それぞれですし・・。「許さない」って言葉がキツイと感じるなら、あなたの「反省してください」と言う言葉もどうなのかな?と個人的には思うね、まぁ全ての人に肯定されるのは難しいですよ、特にこう言った特殊なイベントでは特にね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。