アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■元旦のアキバでまんが王国の忘れ物を■
2011-01-01-Sat  CATEGORY: お買い物

「新年のご挨拶」

あけましておめでとうございます。昨年も多くの方に大変お世話になりました。懲りずに今年もおつき合い願えれば、これに勝る幸せはございません

110102j
ツクモたん福袋…欲しい!
さてコミケの総括はあとにしまして、冬コミ4日目のアキバに出てきました

●2011年元旦の福袋中身晒し●
11010211時半くらいにアキバで年越ししたSさんと合流。なにげにラジ館のコトブキヤ店頭を見ますと福袋が残っているではありませんか
とはいえ、最も人気の高い「コトブキヤ自社製品福袋」は既に完売。製品の平均レベルが高いコトブキヤですから当然です。しかし「他社フィギュア福袋」(1万円)「コトブキヤ・模型福袋」(1万円)「TOY福袋」(5000円)が残っていましたので今年の運勢を占う意味から「他社フィギュア福袋」(1万円)を確保
で中身がこれでした
個人的には喜緑さんが入っていただけで満足しました。中古だと安いけどね。不要品は3日の交換会に持って行く予定
喜緑さんが好きなのは「ねこうさプリン」の同人誌を読んだから

その後「K」「とら」「だらけ」「紙風船」などを回り冬コミ新刊入荷状況や買い逃した本の実勢価格を調査。しかし、まだまだ中古を店頭に出せばその場で売れてしまう4日目ですから頒布数の多い大手の本がほとんどで参考にはなりませんでした。委託フロアも人が多く、大きな福袋を抱えた身では、他の人の邪魔になること著しいので早々に退散

3人で「金沢カレーアルバ」にて美味しいカレーを賞味した後、路地裏を歩いていますと元旦からジャンク屋が品出しをしています。まったくご苦労なことです…
などと思っていましたら妙な物が目に入りました。基本的には電気製品かオーディオ関係の品物しか扱っていないジャンク屋なのですが珍しいことに漫画や紙くずの類が箱に詰め込まれて路面に投げ出されています。さらによく見ると同人誌やセル画のような物が散見するではないですか!フリマで鍛えた物欲アンテナが激しく反応するので、新年早々ジャンク漁りとなりました

●まんが王国のおもひで●
結果から申しますとジャンク屋が販売していた同人誌や漫画本、正体不明の紙くず類は、突然閉店してしまった中古同人専門店「まんが王国」の廃棄物でした。店舗で使用されていたPOPやコピー誌の類、店とどのような繋がりがあったのか不明ですが「月刊コミックGUM」の編集関係資料(色校やネームのコピーなど)が大量にあったのです
110102h
現場画像
無造作に投げ込まれているラミネート加工されたPOP(1枚10円とかだった)
110102b110102c
戦利品1
店のガラスケースに入っていた「オルフィーナ1巻」(100円で購入)
戦利品2
あの店が異常に大事にしてた「ニセbolzeファン倶楽部紀報」(100円で購入)
110102d
戦利品3
店に飾ってあった作家さんの色紙(各100円で購入)
110102e110102ee
戦利品4(各10円で購入)
誰かの生原稿。自分には作家が誰なのか分からないので情報求む。判明したら原作者に返却したいと思いますので

ちなみに同人誌の箱には90年代の古い本が沢山あった。士郎正宗が参加した「ぱて」シリーズ、かがみあきら先生の個人誌とか…

「まんが王国」が閉店した後、多量の在庫がどうなったのか噂がイロイロと流れたが、最後の最後に残った物が日の当たる場所に出てきたということだろうか…
これもアキバのヲタク史に残る出来事だと思えば感慨深いものである


●楽しみにしていたアノ本が…●
コミケの買い逃しと言えば30日に頒布された「SWキャラ女体化本」がある。編集長が30日に参加できなかったため、どのような内容だったのか分からないまま忘れるしかないのか…と思っていたところアキバの某店に委託で入荷しているではないか!喜び勇んで見に行くと…ハッキリと言わせて頂くが

アレはお金と引き替えに人に売るシロモノではない!!
未完成という言葉すら不適当な完璧な落書きだ

あれがカタログを見たときに心をトキめかせた本だったのか…と胸が痛くなった

そんなシロモノを強力に売り出す委託書店の選択基準と方針が全く理解できない。漫画へのこだわりを全面に押し出して登場した店だけに最初は強く期待していたし、できるだけ多くの本をその店で買うようにしていたが「全てのコマが同じ絵のコピー」などといった「低レベル」とか「ジョーク」でも許せないシロモノを自慢げに棚に並べるようになったことが信じられず、個人的にも支持することを止めた
そして今回はこれだ
一部のジャンルにおいて特徴的な品揃えであるため、無くなると困ることになる…と思ってきたが、完全に愛想が尽きた。同じ商品が他で買えるなら二度とあの店では買い物をしないと固く誓った2011年の元旦であった
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-01-12-Wed 17:46 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-07-30-Tue 22:35 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。