アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■沼男がイマイチだった件■
2011-01-25-Tue  CATEGORY: 趣味とか

「アラン・ムーアにも駄作があるんだ…」

110125aアラン・ムーアの「SWAMP THING」を買った
「ウオッチメン」を読んでいたので、結構期待していたのだ
知らない人に説明すると「SWAMP THING」とはアメコミのダークサイドヒーローっぽいヤツで全身を沼に自生しているような植物で覆われた怪人です
基本設定では元々人間の科学者だったのですが「とある事故」でこのような妖しい姿となってしまったわけです
どう見てもろくでもない姿なのですが何故かヤンキーには人気がある
東宝特撮怪獣のなかでヘドラがダントツ人気という国民性を考えると妙に納得してしまうのですが、編集長もいままで、この怪人のことをほとんど知りませんでしたから、ありていに言って「アラン・ムーア」の看板を信じて買ったわけですね
…で、結論から言うと近年まれに見るほどの失望でありました
歴史的背景に言及するのは避けますが、単純にストーリーが絶望的にくだらない

「全地球の植物を扇動してあらゆる動物を絶滅させる」と宣言し、人口600人程度の田舎町で暴れだした、「超電磁砲」の初春みたいな頭をした怪人が沼男に「おまえ頭が悪すぎ」と言われただけで泣きながら逃げて行き、心配して衛星軌道からわざわざ降りてきたスーパーマンとグリーンランタンに「うん、うん、キミは病気なんだ。病院にいこうね」と付き添われて退場する…終わり…

読者をなめとるのか!!

という話を朝日町の人に話したら
「ムーアは監視人だけですよ」と一言で斬られました
わざわざ翻訳してまで出版するのだから、もうすこし原作を選べよ

ネットを漂流してたら「SWAMP THINGフォント」なんてものまであった

記事の一部に当方の勘違いがありました。「ダークナイト」はフランク・ミラー作でムーアは関係ありません。ご指摘に感謝します
どちらも手元に本があるのに情けない限りです。朝日町の人の発言もたぶん闇騎士は入っていなかったのでしょう


●贈り物の恐竜ぬりえ●
110125bこの数年、非常に興味く資料的にも貴重な本を出している「てれまん」のABーONSENさんが冬コミの時に編集長にプレゼントしてくれた素敵なぬりえ
これがどのように素晴らしいか説明すると…

●恐竜の外観が現在のようにショボくない
昭和世代向けの荒々しい姿である
●そもそも、ヤンキーの国から届いたような
カトゥーンっぽいゴミを除外すると「恐竜」オンリーのぬりえはあまりない
あっても外観が現在の学説に準拠した情けない姿である
●監修が小畠郁夫(恐竜関係では問答無用で有名な人)であり作画が南村喬之


110125bb
表紙もイイが見開きのカラーページがまた凄い
こんな貴重な品を譲ってくれるなんて…ABさんを今年も今まで以上に応援します!

●最近のグルメ事情●
110125c110125cc
左はアキバ駅ビル1階のカレー屋で販売しているカレーパン。1個220円と市販品に比べて、やや割高だけど実に美味い。専門店だけあってカレーがぎっしり入っており(画像のまま)1個で満足できるボリュームもある
右は明治公園のフリマでお馴染みのソーセージ屋さんで販売している「ロコモコ丼」に看板メニューの「アメリカンソーセージ」を追加してもらった裏裏メニュー。もともとの「ロコモコ丼」も美味しいのだけどボリュームが不足気味だったのが個人的に不満だった。そこで単純に何かを追加すれば良いと気が付き看板メニューのソーセージを載せてもらった。もちろんデミグラスソースも増量

内臓脂肪が危険領域を突破しているが大丈夫か?

大丈夫だ、問題ない
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
はじめまして。
コメントアメコミ愛好家 | URL | 2011-01-28-Fri 22:16 [EDIT]
いつも楽しく読ませていただいてます。
『ダークナイト』(「~リターンズ」&「~ストライクス・アゲイン」)の作者はフランク・ミラーですよー!
ムーアは「監視人」と並ぶ素晴らしい傑作「復讐のV」「超常紳士」「地獄から」「殺しの冗談」も邦訳出版されてますよー!
Re: はじめまして。
コメントビンセント編集長 | URL | 2011-01-29-Sat 21:55 [EDIT]
こんにちは。アメコミ愛好家の方には「情弱の痛い放言」といった記事でお恥ずかしい限りです。
正直、すごく期待して買ってきたのであんな感想になりました。
お薦めの「復讐のV」「超常紳士」「地獄から」「殺しの冗談」などは地元の書店に見あたらなかったので
都心の店で探してみます。

お返事ありがとうございます。
コメントアメコミ愛好家 | URL | 2011-01-30-Sun 00:07 [EDIT]
「復讐のV」は品薄、「超常紳士」は品切れ、最高傑作「地獄から」は相当の難物ですので、まずは『キリングジョーク 完全版』をお薦めします。バットマンものの短編で作画もカッチリしていて読み易いですし。

でもそれ以上にビンセント編集長様にお薦めしたいアメコミが、先日邦訳が出たばかりの『スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド』。これ、一言でいうと「コミティアで売られているような漫画」なのです。
ごめんなさい!
コメント朝日町の人 | URL | 2011-01-31-Mon 23:57 [EDIT]
「朝日町の人の発言もたぶん闇騎士は入っていなかったのでしょう」>多分しっかり入っていたと思います。ミスリードにより紙面の信用度を貶める結果となり申し訳ありません。公開日を指折り数えた「緑雀蜂」の惨状にヤサグレテいたとは言え許されませんね。以後気をつけます。
Re: お返事ありがとうございます。
コメントビンセント編集長 | URL | 2011-02-02-Wed 00:26 [EDIT]
有益な情報、ありがとうございます。とりあえず「地獄から」あたりを探して読んでみます。
「リーグオブ~」は個人的にも面白く読めたのですが。
Re: ごめんなさい!
コメントビンセント編集長 | URL | 2011-02-02-Wed 00:27 [EDIT]
記事の責任は当方にあるのでそんな風に考えないでくだされ。
ところで「ミル」の2巻が出たのですが…
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。