アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■WF2011WINTER レポ■
2011-02-08-Tue  CATEGORY: イベント

「最後のワンフェスレポ?」

2月6日の日曜日に幕張メッセで開催されたワンフェスに出かけました。先ず最初に友人知人たちに感謝を
110206a
恒例の朝早く人の少ない会場風景
真ん中にポツンとある実物大パワードスーツが異彩を放っております

恒例の気になったキットの画像を
110206b110206bb
画像左から
「カルガモ 1-07-1」もっちゃん
>そうま竜也さんの成年コミック「もっちゃん」の主人公。ぽっちゃりとした体形が素晴らしい。バニーとか原作にあったか思い出せませんがイイ物は良い
「FIESTA 2-16-11」弱音ハク
>全然、弱そうに見えないハク姉さん。格好イイ!。TRONとかGANTZっぽい

110206c110206cc
「さっとみくん分室 2-18-17」セイバーさん流浪のメイドver
>勝手に命名しましたが、そういった風情にしか見えないんですよね。セイバーさんのキットは本当に沢山造られてきましたけど、このイメージは無かったわ
「模型工房古今東西 3-24-07」峰不二子(カリオストロver)
>不二子さんの姿では最も決まっているポージングだと思う。MGとUZIは男の浪漫

110206d
「焼きうどん事件簿 2-26-03」キャラの名前忘れた
>初見で「何故これを造った?」という疑問が脳内で爆発しました。ちゃんと舌が出てるのよね…うん…死んでいます。出来は最高に良かった。価格も確か2000円だったから買っておけば良かったと後悔している

110206e110206ee
「ハッピーメーター 1-02-13」蛇娘さん
>これも正式なキャラ名前を忘れましたが、美少女クリーチャーとして異常に狭いストライクゾーンのド真ん中に当たる人がいるはず。造形としても細かいところまで手の入ったイイ感じの出来でした
「GREEN LILY 2-18-10」あーちゃん(青い花)
>志村貴子さん原作のアニメ化した漫画「青い花」から立体化。単行本表紙のイメージでペイントされた制服も眼を引きました。可愛ええ

110206f110206ff
「G-Rug 3-22-01」お空(東方地霊殿)
>独自の解釈でディティールアップされたお空。当然完売でしたが東方から心が離れつつある編集長の胸も熱くなる出来でした
「ディーラー番号不明」諏訪子(東方風神録)
>幼い童のイメージで描かれる諏訪子様もここまでくると小人さんにしか見えない。大きさは関係なく繊細な出来映えの物が評価されるのですね

110206g
「ハチハチ 4-18-18」アスカ
>人気もキットの数もGKの歴史においてTOP10に入りそうなアスカですが、未だにこういったシャープでありながら少女としての弱々しさを兼ね備えた立体が登場することは驚きを禁じ得ない。あんまり素晴らしいのでアングルを変えつつ撮りまくってしまった
正直スマンかった

110206h
「14時くらいの会場風景」
>これだけ広くて、天井が高くても暑くてまいった

110206i110206ii
「仁工房 5-07-03」海底軍艦
>キットの完成時での全長が2メートル、キット価格50万円強と豪快なシロモノ
さすが旧帝国海軍の超兵器はレベルが違うぜ!
「ラブタコス 2-04-04」浮遊大陸(宇宙戦艦ヤマト)
>ヤマト関係で重箱の隅をつつくようなアイテム選択をする「ラブタコス」さんならではの「買ってはみたがどうすればよいのか分からなくなる」ような新作
画像には端っこしか写っていませんがキットが入っている袋が台所にある小麦粉ソックリで、その無意味さに2度目の笑いを誘われました。ここは本当に楽しんで造っているのが分かるので、予定になくても、ついつい買ってしまいます。松本式棍棒とか…

110206j110206jj
「アトラゴンGK & イーグルクラフト 5-28-07」シャモラー(キャプテンウルトラ)
>みんな大好きなキャプテンの宇宙怪獣シリーズ。新作は軍鶏。不味そうだけど
「張り子とロケット 5-28-12」バードカフェおせち1/12サイズ
>控えめに言っても今回のWFで最も旬のネタキットだった「ガッカリおせち」。これが今回の個人的に最も欲しいキットであったのは秘密だ。販売個数僅か10数個で開場10分過ぎには完売した最狂に強まった稀少品。だって買った人がヤフオクに出すとはとても思えないからね

110206k
「少年リック 4-14-10」ブルトン&グリーンモンス
>昭和怪獣世代として夢に見るほど欲しい軟質素材のブルトンとグリーンモンス
柔らかめのソフトビニールで出来ており、内側に手を入れるとブルトンがヌラヌラと蠢く…頭の悪くなりそうな感触が病みつきになりそうなシロモノです。これは知人の懸命な努力にて手に入れることが出来ました。ありがとう!

●今回の色っぽいお姉ちゃん大賞●
110206m
110206mm
110206mmm
「SUS4 SYSTEM 3-20-02」村田蓮爾イラストの女の子
>髪のツヤが眼を惹く、グレードの高いキット。無理やり3枚掲載しますので微妙な角度の違いによる眺めをご堪能下さい(決してレビュー枚数の少なさを誤魔化す為ではない)
展示の関係で身体を前から見れなかったのがなんとも残念でありました。村田さんのイラストを立体化した場合、キットだと恐るべき完成度の物が何度も出てきましたが一般販売向けの商品では残念な物しか思い出せない。難しい絵柄だな。村田さん

●今回の骨格大賞●
110206n
「クラフトウオ 2-13-04」ギロン骨格
>ガメラの骨格は見たことがある。何度も。だけどギロンの骨格を何故造る気になったのか一晩かけても聞き出したい。しかも(嬉しそうに説明してくれたが)首から下は原価100円らしい。怪奇番組によく出てくる河童のミイラっぽくて凄くイヤ

●今回のバカ企画大賞●
110206p
「株式会社リンクファクトリー 5-22-02」犬神家の一族クジ(未発売)
>前々回の「焼き土下座香炉」前回の「宇宙人解剖クジ」に連続して余裕の3冠達成!!!
ワンフェスで此処を超える企画を打ち出せる組織は人類が絶滅する日まで絶対に出てこない。本気でここの人たちが同じホモサピエンスなのか調べるべき時が来た気がする
今回の新作もあまりと言えばアンマリな妖しい製品。右側の実寸「佐清マスク」が電球で光るのも物欲を極大に刺激するが(何故欲しくなるかの説明は不可能)、左側にある小さな「佐清」がまたイイんだよ!これ「爪楊枝入れ」なの。食卓に置いておくアレね
で、これだけでも頭が割れるように痛むんだけど「マグカップ」ってのがあったららしくて、それがカップの内側に男の両足が突き出ているシロモノなんだと…
つまりコーヒーとかお茶をカップに注ぐと映画で最も印象的な場面だった湖で死体の下半身が発見されるシーンが再現できるのだ…

「飲みにくいじゃないか?」と聞いたら「実用性は考慮していません」と言われました スミマセン。編集長が甘かったです
今回のワンフェスでは製品を必要な数だけ用意することが間に合わなかったとかでサンプルを極少数販売しただけで終了した「犬神家の一族クジ」
これを引くために行くしかないのか…次回のワンフェスにも…

●祭りの終わり 2011WINTER●
110206z
「6ホール閉会間近の眺め」コトブキヤ・ステージを中心に
>周囲から人がいなくなっており、閑散としてきた閉会間近の6ホール。哀愁が漂っておりますが、これだけ人がいなくなっても、最後の最後までステージのお姉さんは元気に話し続けていました。天晴れなプロ根性。個人的には今回のワンフェスでの最も良い印象をこのお姉さんから貰いました。ありがとうトークプロのお姉さん

●どうしてこうなった●
とある原型師さんの手伝いで参加する時は、人が殆どいない早めの時間に企業ブースを見に行くのが習慣になっていました。手が空く午後の時間になると人が多すぎて展示物もほとんど見れないからです
ところが今回は警備員に7・8ホールへの立ち入りを阻まれました。なんでも主催者から一般ディーラーを入れさせないようにと指示が有ったらしい。あくまでいち警備員の言うことなので事実なのかわかりませんが、これが本当に執拗で壁を隔てていない6ホールの辺りにいても追い返される始末
…いや、真面目に言わせてもらうが、開場10分前とかじゃないです。2時間前とかの話
自分みたいに昼には手が空く参加者ならともかく、一般入場が始まったら卓から離れられないディーラーも多いだろうに、そういった人たちから7・8ホールを見学する機会も奪った主催者に強く抗議したい
けっして安くない費用(3人で参加しても一人につき9000円)を払って参加している人たちを、まるで犯罪者か泥棒の予備軍のように扱った今回のワンフェスと海洋堂に対して激しい憤りを覚えずにはいられませんでした


そういったわけでワンフェスレポも今回が最後になるかもしれません…
関連記事
ページトップへ  トラックバック1 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ビンセント編集長さま、ごめんください。突然コメントを差し上げ、大変恐れ入ります。
コメントガメラ医師 | URL | 2011-02-10-Thu 18:39 [EDIT]
 はじめまして。 私は、下記のTBを致しました「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師でございます。ガメラ関連の情報収集Blogを更新しておりまして、こちらの記事へは「ガメラ」の検索から参りました。
 WF2011冬に出店されたクラフトウオさんの「ギロン全身骨格」については、これまで他にご紹介された情報が無く、大変貴重な記事かと存じます。拙Blogでは、毎回「ワンフェスのガメラ関連フィギュア」に付いての情報をまとめておりまして、今回2月10日付けの下記TBの更新、
「ガメラ:WF2011[冬]ガメラ関連情報(その3) 2011/02/10」
にて、こちらの記事を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。事後のご挨拶で誠に申し訳ございませんが、差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。
ギロン骨格
コメントビンセント編集長 | URL | 2011-02-10-Thu 21:49 [EDIT]
初めまして。当方の稚拙なレポがお役に立ったようで嬉しく思います。
さっそく貴下のBLOGも拝見しました。
あのディーラーさんには是非ともバイラスの骨格を造って欲しいと思います。
トラックバック
TB*URL
ガメラ:WF2011[冬]ガメラ関連情報(その3) 2011/02/10
トラックバックガメラ医師のBlog 2011-02-10-Thu 17:34
2011年2月6日(日曜日)に幕張メッセ 国際展示場にて開催されました、 「海洋堂」主宰の『 ワンダーフェスティバル(ワンフェス)2011[冬] 』。 1月22日の「 事前情報 11/01 」、 今月1日の「 事前情報 11/02 」、 「 WF2011[冬]情報 /02/07 」、 「 WF2011[冬]情報(...  [続きを読む]
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。