アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■コミティア96■
2011-05-07-Sat  CATEGORY: イベント

「(俺にとって)幻のチラシシューマイ」

連休最終日の5日はビックサイトで開催された創作系同人即売会「コミティア」に出かけました。もちろん最大の目的は「チラシシューマイ」です
同じ日に隣で「トレジャーフェスタ」が開催されているので、どちらを初動にするか悩みましたが、ここはやはり「ティア」しかない

開場と同時に「インクボトル」に突撃して念願の「チラシシューマイ」を確保。個人的に今石さんの作品としてはオリジナルで描いていた賞金稼ぎシリーズと身内ネタ漫画が好きなのでイベント毎に発行していたチラシの再録本「チラシシューマイ全集」は引っ越しの時に集めてあった「チラシシューマイ」を無くしてしまった怨念を成仏させるのに必要だったのです。よかよか

次に「ホットドックチャック」にロリ女中本を買いに行く。日本の心、ロリ女中は男の夢。引き続き「ボストーク通信社」「ダイオキシン(変名)」「ユメノカケラ」「流星」などを購入してから会場巡回を開始。13時半くらいまでかかって「ペット」「小説」「学漫」「アクセサリー」などを除いて見て回りました

トレフェスに参加している友人に頼んである「萌黄亭弁当」を早く食べたいのですが今日は非常に重要な催しがティアで開催されるので14時までは離れるわけにはいきません
それは「ボストーク通信社」の速水螺旋人さんが義援金を集めるという大義のために血と汗の結晶である生原稿を販売する非常に太っ腹な催しなのです!!!

開始時間の14時少し前には「ボストーク通信社」ブース前に多くのファンが集まりました。今回のチャリティー販売では最低価格1000円で購入者が原稿を見てから価格を決めて支払う形式となります。原稿は直接見えないように袋に入れられており、購入者は絵柄を選べませんが編集長が他の人のを見た範囲では「KITTE HATTE」シリーズの1ページ丸ごととか、ドイツ軍に追跡されて必死で逃げるソ連軍の自走砲とかバラエティに富んだ内容であったと思われます
ちなみに編集長が譲って頂いた原稿はこれ↓
110507f
購入者がみんな気前の酔い金額を払ったと見えて、寄付の総額がおいくらになったのか報告が楽しみです。ちなみに編集長は5Kを置かせて頂きました(少ない?ゴメン)

その後、トレフェスに移動してから友人と合流し、購入してもらった「萌黄亭・ハンバーグ弁当」をいただきました。ウマウマ
トレフェスは17時までの開催ですが3時間が経過しているため、かなりマッタリした空気が流れており編集長も今回ばかりはキット、中古共に購入ゼロ。展示品を眺め歩き、馴染みの方々とお話しして過ごしました

●今回の新刊お気に入り●
110507a110507aa110507aaa
チラシシューマイ全集(インクボトル)
>今石さんが有名になりすぎたため、昔のオリジナル本も手に入りにくい価格となってしまいました。書庫とか借りて昔の本を全部保管している人が羨ましい。今石さんの「WANTED」シリーズは女の子の乳や尻が大変よろしかったので、この表紙も感涙デス
TAMAHABAKI(流星)
>恒例の日本酒擬人化シリーズ最新刊は、お花見ネタの新キャラ大量投入本。手軽に作れる酒の肴シリーズは定番化していただきたい。あと「眼鏡+ワカメ髪」の新キャラ「墨廼江」さんはレギュラー昇格希望
速水です。現在の進捗です。(ボストーク通信社)
>複数の連載を抱える忙しい身となっても、同人誌を忘れずに出してくれる速水さん。今回の新刊は近作関係の下書きやラフをまとめた本。最近思うようになってきたのだけど、速水さんに「ナウシカ」クシャナの過去話とかを描いて欲しい
110507b110507bb110507bbbb
片桐くん(FUNUKE LABEL)
>先日、アフタヌーンの連載作品「ともだち100人できるかな」が終了したばかりの漫画家「とよ田みのる」さんのオリジナル作品。相変わらずストレートな展開で短いながらも楽しめた。とよ田さんの女キャラクターの可愛さは異常
大正浪漫 愛の食卓(ホットドッグチャック)
>作家の家で働くロリ女中・テルさん可憐なショート。おかっぱ頭にしているためロリっぽく見えるが相応の歳なのだろうか…家に帰って魚の焼ける香りが漂い、こんな下女に御飯をよそって貰えるような偉い人になりたい
Saint Foire Festival eve(床子屋)
>尼僧院で夜な夜な繰り広げられる淫靡な秘め事を描いたオリジナル作品。今回のティア新刊ではダントツ1位の実用性
110507c110507cc
もしも総理が過剰にやる気を出していたら…(山本内燃機)
>貧乏エンスー漫画で知られる山本マサユキさんの個人誌。歴史に「IF・もしも」は無意味ですが3月の震災直後に、管総理がやる気全開で対応していたらどうなったか…という想定を描いた面白い作品。官僚の勧告を無視して第一原発から半径100キロを立ち入り禁止に指定し、人も家畜も全て避難させ、首都圏から西へ避難する一般市民が引き起こす(可能性のある)二次災害をコミカルに描いています。山本さんがこの作品の発想を得たのは「何故、管総理がこれほど無能なのか(あるいは無能に見えるのか)」という単純な疑問だったそうです。ひとつの仮定としても興味深い内容でした
機刊みつめ「福島第一原発事故で働く車」(ぞうけいメ科)
>原発の事故現場で運用されている特殊車両をイラストと画像で解説した、一部の特殊車両マニア向けコピー誌。例によって家庭用プリンター印刷の綺麗な画像と味わい深く線の太いイラストが楽しい本です。ちなみに「僕の考えた ほむほむ タンク」という中二病(褒め言葉)イラストが素敵

110507d110507dd110507ddd
以下の3点はアイマスオンリーとコミ1☆5の新刊
Gratitude 0 ver.12.0 お試し用(どるとむーんと)
>千早の前に現れたQBが「僕と契約して魔法少女になってよ」と悪魔のささやきを繰り返すホラー作品(笑)。格安ファミレス「ガスト」割引券のエサに釣られてネズミ取り機に捕らえられたQB…という惨めたらしい冒頭もお笑いですが、結界に閉じこめられたPを救うには千早がQBと契約するしかなく、交換条件に悩む千早。しかしそのころPの身には魔女とマミさんの魔の手が迫る!どうする千早!!
千早の居る風景3(愛増庭+i)
>以前にも紹介したP×千早シリーズの3作目。発行は昨年9月になりますが、できればサークルブースで買いたいと思っていたので連休のアイマスオンリーで購入。作者である文月悠さんの描く千早の、気丈を装う部分と自分をさらけ出したときの粉雪のように儚げな印象が後半のPとの交わりをより一層魅力的に見せています
サイン会に人が来なくてマジつらい(ヒゲナシ)
>サークル「ヒゲナシ」さんで無料配布していたコピー誌
無料配布なのにコミ1新刊で一番面白かったという皮肉…
表紙からして大爆笑!


110507e110507ee
鬼蒸気D51(山本淑秀 個人誌)
>囚人達を山奥の収容所に送り込んで鉄道の線路工事に従事させるが、度重なる事故と劣悪な環境に怒った囚人達のサボタージュで工事は遅々として進まない。帝国陸軍の工兵隊に居たと思われる岩城を主人公に、完成を急ぐ鉄道会社と囚人の管理を委託された警察、そして出自も考え方も様々だが収容所を出たいという一念で結束している囚人達の利害が状況を加熱させ、開通式にあわせた汽車の乗っ取りによる囚人達の集団脱走計画をクライマックスに、一気に読ませる「熱い」1冊
作家の佐々木譲とかが好きな人にオススメ
潰地(山本淑秀 個人誌)
>活火山の麓に畑を作ろうと苦労している植物学者と娘が主人公。高熱の火山性ガスによって焼けただれた山野や、火山灰の付着で立ち枯れする作物、移住者の村を作るために森を切り開いた結果、強風を遮る物が無くなり不毛の土地と変わり果てる耕作予定地…まるで作者がその身で体験したようなリアルな内容は、学問的な知識が無くても物語に没入させる強い説得力があります。「潰地」というタイトルとは裏腹にこの作品の示す物は「希望」なのです

最後に取り上げた2作は同じ作家、山本淑秀さんの個人誌です。以前に同じ作者のオリジナル作品を購入したとき、確かで丁寧な作画と、路線バスを襲う強盗団という題材が強く印象の残っており新作を待ち望んでいました。発行日、連絡先などが全く記載されていないのでサークルそのものの情報が手元にないのですが、今回購入した2冊の本は一見するとオリジナルというよりノンフィクションの漫画化に見えるほどの濃厚な時代感と説得力があり、あらゆる人にオススメできる上質な作品です。A4サイズのコピー誌という目を惹くサイズなので次回以降のコミティアで探してみて下さい
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。