アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■2011年名古屋への旅~煉獄懺悔編■
2011-10-25-Tue  CATEGORY: イベント

「ホームのきしめん(値段のわりに)美味い」

名古屋へ出かけました。目的は大須のだらけ
「たまにはアキバと中野以外のだらけも見に行かねば」という独りよがりな発想に付き合わされた難儀なIナミさんを共に19日早朝の新幹線に乗ったのでした
ちなみに京都に出かけたときにもお世話になった「ぷらっとこだま」を利用。グリーン車指定席で片道8800円。ドリンクのオマケ付き

3時間弱で名古屋着。なにはともあれ、電車で名古屋に到着したらホームのきしめんを食べ逃す手はない。事前調査の結果、3番ホーム大阪寄りの「どえりゃあ亭」が「かけきしめん」再安200円とのことなので突撃。店内に常連とおもえるオッちゃんがチューハイ片手におでんを食べつつ店のオジサン・オバチャン相手に団欒していましたので撮影は遠慮しました。「かけきしめん」は削りカツオ節がタップリ乗っかって、200円にしては満足。しかしこの店、編集長の知る駅ホームの飲食店とはかなり空気が違う。ライス100円とか豚生姜焼き200円とか極端に安いのも素晴らしいが、この手の店に「焼きあご(飛び魚)」があるのは初めて見た。軽いカルチャーショック

111019b地下鉄東山線に乗り、伏見で乗り換えて
「大須観音駅」で降りる
目的の「だらけ名古屋店」まで徒歩5分くらい。特に迷わず12時過ぎに到着
中野店買い取り処名物店員だった「ネコミミ眼鏡」の女店員が居た。地方転勤があるとは「だらけ」も大きな組織になったのだなあ…と思いつつ、同人誌がある3階に向かう
戦果…特になし

ある意味、地方色というか、店員の個人的な好みに基づく特色ある品揃えとか、東京であまり見かけないような変なサークルとかがあれば…と期待していたのだけど、その意味では完全に期待はずれ。情報の並列化と均一化が進んだこのご時世では、そもそも無理だったのかもしれない。アキバだらけも移転前は店長の品KIさんが、独特な棚を作ったり、個性的なサークルのピックアップをしたりと面白かったのだけど、黒いビルになってからは完全に無個性となったから、未だ行ったことはない他の店も変わりばえしないのだろうか…

せっかくだから…と大須の散策。昼飯は「たからや」「味噌煮込みうどん定食」
111019bbs
店のオバチャンに教えて貰った近所の住人御用達人気スーパーへ行ってみる。未だ15時前なのに夕方17時のような大混雑、さすが近所の人気店。無花果190円とか安くて泣けた。編集長の自宅付近だと350円とかなのに…さすが生産地は安い

111019cs名古屋に来た以上「小倉トースト」を食べないわけには逝かない
どこか店を…と探していると非常に昭和な空気を漂わせたイイ感じの喫茶店を発見
メニューに小倉トーストを確認するも注文したら品切れとか、ギャフン!
とはいえこの店、メニューに「ウイスキーティー」とか「カルピスコーク」とか謎メニューが散見できるし、ダイヤル式電話機が現役だし、そもそもトイレに灰皿がおいてあるのは東京からほとんど離れない引きこもりには衝撃的な眺めだった
置いてある漫画の単行本が「男大空」「うる星やつら」「ハイスクール鬼面組」といった80年代丸出しタイトルなのもポイントが高い。しかも初版とかだったからなおさら

しばらく休憩してから商店街を歩きつつ「大須観音駅」まで戻る。全国で絶滅しつつある個人経営の玩具店が残っており、しかも店主手製と思える看板も現役。実に素晴らしい眺めだ。名古屋の人は頑張って買ってあげて下さい
1111019cc1111019ccc
1111019cccc

名古屋→湯の山温泉
16時前に名古屋から近鉄線で四日市を経由して「湯の山温泉駅」で下車。この時点で17時半過ぎ。辺りは暗く、駅前で開いている店も土産物店ひとつ。明かりもなく駅前から離れると真っ暗。予定では17時前に到着しているはずだった…

駅から本日の宿までは2キロほどと聞いていたので明るければ歩くつもりだったが無謀なのでタクシーに乗る。7・8分で「国民宿舎 湯の山ロッヂ」到着(翌朝撮影)
111019ds
宿泊Bプラン(一人8800円)で編集長とIナミさんの2名
部屋は思ったより広く4人くらいでも寝られそう。宿は全体的に綺麗で設備も新しく、価格から考えるととてもコストパフォーマンスが高いと言えます。テレビも新型。掛け布団は羽布団?か。軽くてとても暖かい。この手の宿では今まであまり見なかったけど枕が柔らかくてとても良かった。トイレも非常に綺麗。お風呂の画像は宿のHPで見て下さい。24時間入浴可ではありませんが朝風呂も堪能しました。HPの画像だとイマイチ分かりにくいのですが8人くらい入れる大きさです

111019dd
夕食。コレ以外に、茶碗蒸し、テンプラの盛り合わせ、豚とキノコの小鍋が付いてきます。二人で瓶ビール2本と共にいただきましたが満腹。満足しました
111019ddd
夕食後に温泉に入ったあと酒の酔いと適度な疲れで21時過ぎに爆睡しました

翌朝7時起床。画像は宿周辺の眺め
111019g
111019gg
111019ggg
111019gggg
ひとりで宿の写真集が作れそうな勢いで撮りまくった。誰特…

朝ご飯。フツー。しかしコレが良い。逆に朝ご飯にこれ以上の物を求める人は食生活に問題があると思う。三重県産のお米うまー
111019h

Iナミさんの魂を熱くしていた土産品。編集長のメタボ魂を刺激した地サイダー
111019i111019ii

画像のUPロダが壊れてるっぽいので今日はここまで
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。