アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■エリンギのバター炒め■
2012-02-08-Wed  CATEGORY: ネタ

「コミティア99に行きましたら…」

120207aあるサークルで本を1冊貰いました
頂戴したのが左の本
「エリンギバター炒め物語」
その時には気が付きませんでしたが、冬コミでシュタゲの4コマ漫画総集編を頒布していた「tonda」さんの個人誌ですよ!

実はこの本100円で頒布していた物です
料理漫画スキーな編集長は当然100円を支払うつもりでした。ところが中の人が
「バター炒め、作りますか?」
と聞いてきます

突然のことなので返答に窮していると
「本当に作ってくれるなら本は無料で差し上げます」
と言うではありませんか

なにやら鬼気迫る勢い。何故にしてそこまで…と戸惑いましたが、考えてみれば編集長、今までの人生でエリンギを食べた記憶がありません

もちろんどこかで食べた洋食の中に入っていた可能性は多々ありますが、意識して食べたことがないのです
よくよく表紙を見ると「人生が変わる!」とまで書いてあります。これ程の壮大な売り文句はよほどの自信がなければ書けません。しからば…
「では作ります」と言って本を頂戴してきたわけです

さてB5サイズ・フルカラー・12ページの本を頂戴したと有っては、桃園の誓いに等しい約定を交わしたも当然。作って食べたことを間接的にも報告しなければなりますまい

そんなわけで今晩の夕餉に「エリンギバター炒め」を作りました
120207b120207c
もっとも細部がイロイロ変わっており本の説明では「バター」なのを「バター風味のマーガリン」。「めんつゆ」は「納豆のタレの残り」。「コーン」は無かったので「きぬさや」とチェインジしました

本の解説にあるように簡単且つ面倒もなく出来ました。肝心のお味はエリンギのフニフニした食感が気持ちよく、偽バターのそこそこな風味と納豆タレの醤油ベースが合わさって(バター+醤油って合うよね)予想より美味しくいただけましたよ
「tonda」さんの熱弁は編集長の舌に確かに届きました

自分に絵心と編集能力が有れば「人生が変わる!大根の葉油炒め物語」とか書くのも楽しそうだなと思いました
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-02-13-Mon 01:21 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。