アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■超久しぶりの同人読書週間②~カッタードリル■
2012-05-15-Tue  CATEGORY: 書籍

「黒・白・銃・殺・ピザと美少女」

120515a「コールドピッツア・インク」カッタードリル
GWのコミティアで購入しました。ダントツに気に入っている作品です
物語は路地裏で一人の男が命乞いをしている場面から始まります
男はファミリーのボス。彼が助命を懇願している相手は金で殺しを請け負う女
ボスから提示された「儲け話」も何処吹く風
頭と胸に1発ずつブチこんで、仕上げに雇い主に渡す証として頭を切断しオートバイに取り付けてある配達用の荷箱へ納めると一丁上がり!

一仕事終わった彼女が向かう先は「サンライズピザ」。街の住民にお馴染みでウエイトレスのドレスがちょりっとセクシーなピザ屋
この店で働く4人の女と独りの男は巻頭でボスを始末した女、ジュリアと同じく裏では荒仕事で稼ぐアウトサイダーっぽい連中だ
店で一番の働き者、日系人のアヤ。調理担当のキャロル。接客&お色気担当のヴェロニカ。配達&その他担当のジュリア。そして雑用係のフランク
店内での短い会話シーンだけでそれぞれの性格や役割が明確に描かれており、なかなか巧い導入部です
ここまではOPのようなモノで、店に帰ったばかりのジュリアに再び仕事の依頼が届くところから物語が動き出します。登場人物全部が犯罪者というクライムアクション作品なので、ストーリーは読んでのお楽しみとさせて頂きますが、ここから始まる銃撃・アクションの連続は見事の一言に尽きます

画面を賑わす英語擬音の嵐

黒と白のコントラストがバリバリに効いた画面はとても美しく

トーンが殆ど全く使われていない手描きの背景や効果には作画に対する確固たるポリシーも感じられます

ただの一コマ、たった一つの台詞にも無駄なモノは無く、徹底的に推敲したように見えるページ割りと画面構成はアクション漫画の優れた見本として凡百の作家に読ませたいくらいです

漫画本編だけでなく、ロゴにまで作者のこだわりがヒシヒシと感じられます
*奥付(3ページを費やした漫画仕様)に間に合わせるために突貫作業で仕上げたと書かれていましたが、まあ照れ隠しでしょう)

ストーリーそのものはとりたてて目新しいとは言えません
むしろ犯罪を主軸にした作品では古典的とすら言える内容ですが

シンプルに描かれているキャラクター造形でありながらメチャ巧い作画…動きのあるポーズや構図のとりかたなど非常にレベルの高い絵描きであるのは断言します

また上でも書きましたが、白黒の使い分けが見事と言うかハイレベルと言うか、もう…とにかく美しい


初の個人誌で完売とのこと。僭越ながら「おめでとう」と言わせて頂きます。今回のコミティア100は通常の3倍規模ということもあり、島中の多くのサークルは手に取ってもらったり見てもらうことも難しかったかもしれません。その中での完売は素晴らしい結果であり、作者と参加者との出会いという意味からも幸運な出来事でありました。

作者、ヘブミューラーさんの活動に熱い視線を送らざるを得ませんよ

■コメントレス■
>レマ様
もし、この本をお持ちでなかったら楽市に持っていきます
>Fタン
改めてログインパスワードを設定すればOK
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-05-15-Tue 23:59 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-05-16-Wed 19:25 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-05-20-Sun 19:05 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-06-05-Tue 17:57 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.