アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■涼宮ハルヒ オンリーイベント レポ■
2006-07-02-Sun  CATEGORY: イベント

「禁則事項です キョン君 7月2日 秋葉原通運会館2・3階

秋葉原の中央通りから少し内側に入った場所にある「秋葉原通運会館」にて
「ハルヒ」オンリーの同人即売会が開催されたので行って来ました
060702a 060702b 060702c
午前9時過ぎに現地到着 ビルの入り口に受付が出ていましたが まだ待機列は形成されていませんでした 寝坊してしまったので もう300人くらい並んでいると思っていたので少しラッキーでした 9時10分頃 スタッフさんによる待機列形成が開始です
060702d 060702e
十字路付近に相当数 100人以上が溢れていたので トラブルが起きないか心配でしたが いわゆる「肩叩き」方式で順繰りに列が出来ていきました 入場は時間制限 入れ替え式になり 10時30分の開始から30分交代で入場者を入替える事となりました

今回 カタログの販売が一部SHOPの店頭と当日朝に会場近くの「まんだらけ」で少しだけ行われる変則的な方式になったため「WEB」を事前にチェックしていなかった参加者がカタログを求めて右往左往する場面が散見しました 「まんだらけ」での朝10時からの販売も 部数が少なくてあっさり完売してしまい 窮した人もいたようです
060702f
SHOPでの販売も「メロンブックス」「メッセサンオー」は早々と完売してしまいましたが「まんだらけ」では前日に普通に販売していましたし通販も受けていたようなので 午後に入場フリーになったことは別にしてもカタログの事前購入の大切さを再認識しました

入替え制の入場のために列の前方から色違いのスタンプをカタログに押していきます 1番目がブルー 2番目がレッド 3番目がグリーン といった感じです この捺印の時点で列に並んでいたにもかかわらずカタログを持っていないために涙を飲んだ人もいくらかいたようです
060702z
一通り 捺印が済むと初回入場の人は10時まで解散です

10時にビル前に戻ると再度「肩叩き」で初回入場者の列を形成します 1回に80人くらいが入場できるようで10時の時点で3回目まで捺印が進んでました 80人というと少なく思えますが会場の狭さと しかも多くの人が2階に向かうことを考えると これでもギリギリの人数でしょう

10時過ぎの時点で 初回入場待機列と「捺印待ち列」が別に出来ていて「捺印列」の方が入り口近くだったため間違えて初回入場待機列の後ろに回ってくる人が沢山いました この辺のアナウンスに次回以降の改善を期待したいところです

さて10時30分 開場時間になりましたので順番にビルに入り それぞれ2階、3階に向かいます おおかたの人が予想したように入場者が「偽MIDI」さんと「WIREFRAME+in my Heart+三弦回胴」さんに分かれて並んでいます 会場内は冷房最強で室温設定20度になっていたのに初回入場者があらかた入ると室温、湿度ともに一気に上昇してしまい窓を開けるようにアナウンスが入ることとなりました 梅雨ですから…
「偽MIDI」さんはA4サイズのカラーオフ本 「WIRE+Heart+三弦」さんもB5オフ本で数もそれなりに有り順当に購入できました しかし僅か数分の販売で「あずまや松風」さんのA4カラー本も再版のコピー誌も完売してしまい残念でした もっとも主催サイドから入れ替え制のため 初回完売しないように販売部数を分割するよう要望があったため「あずまや」さんの本も2回目、3回目の入場者でも買えたようです
060702g
とりあえず会場も狭いですしサークル数も多くないので視界に入る本は片端から購入する底引き網のような買い方を久しぶりにしました 反省します 2階と3階を一通り見てゆくと制限時間の30分もまもなく終了です「あと5分」といった声が聞こえると 最初購入を躊躇した本も つい買ってしまいました そんなわけで11時の退出時間が来て一般参加者は退場です

その後は13時半くらいまで 同じように入替えが繰り返されて進行したようです 昼を過ぎる頃には雨もパラつき始めて まもなく結構な降りになってしまい待っていた人には辛いこととなりました 今の時期のイベントの泣きどころです
060702h 060702i
当初の予定より早く13時40分くらいに入場がフリーになりました(予定では14時半)
帰宅前にもう一度会場を見て周ると 朝は無かった本が見られ 荷物の到着が遅れたりコピー誌の製作に時間がかかった場面も有ったようです

「1号」「アキバBlog」様「コマイズム」様に紹介していただけました
アクセス数が通常の150倍くらいになったのでビビっています
「2号」これだから小心者は…
「1号」それで急に恥ずかしくなって お買い物画像は引っ込めました
「2号」いまさら失うものなんかないだろ
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント鈴きん | URL | 2006-07-03-Mon 08:45 [EDIT]
お疲れさまでした~!

いまさらですが、カタログの代理購入の件、お気持ち感謝です。
土曜日は早朝出発したのでブログ未確認だったもので。(^^ゞ

しかし、レポ見ると入場するまではなかなか大変だったんですね。
フリー入場であっさり入ったのは僥倖だったようで。(新刊が思ってたより残っていたことを含めて)
コメント編集長 | URL | 2006-07-07-Fri 02:43 [EDIT]
気のせいか…
あさってもどこかで
会いそう予感
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。