アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■大洗女子戦車チームの完走を祝う■
2013-03-27-Wed  CATEGORY: 趣味とか

「裏切りの連続だった12のエピソード」

最終話が放映された。壮絶で、すがすがしく、一瞬も目が離せない30分でした

「戦車」が主役という空前絶後の作品でしたが、同時に「少年ジャンプ的な王道」でもある真っ直ぐな青春を描いたドラマ。キャラクターの魅力ももちろんでしたが、アニメの画面でこれほど凄い作画の戦車が見られるとは、放送前には想像もつきませんでした

なにより最初から最終話まで、これほど裏切り続けられた作品は他に記憶がありません
もちろん良い意味、嬉しい誤算としての裏切りだった事は言うまでもありません

グロリアーナとの試合も、サンダースとの1回戦も展開が全く読めず、驚きの連続。割愛されたアンチョビとの試合は別として、強豪プラウダとの激戦。38tの勇戦とバレー部や1年生チームの成長ぶり、前後編共に非常に見所の多い話でした

そして迎えた黒森峰との決勝戦。P虎が加わったのが唯一の朗報でしたが、あの陣容で、戦車道レギュレーションにおける最強戦車軍団を相手にした展開は、これまた予想を完全に裏切る驚きの連続でした。実際のところ、足下を破壊して脱落させるか、地形に嵌めて数を減らすくらいしか考えられなかった自分の、発想の硬直ぶりが情けなかったとすら思えます

つまるところ、制作の方々は、従来のミリオタが考えそうなことは残らず検討した上で、あえて難しい状況を突き詰める事によって、熱く、ハッタリの効いた、予想の付かない試合展開を作り上げたのでしょう。本当に凄いとしか言いようがありません
マウスの登場は11話を見たときには単純なファンサービスの延長と思いましたが、それすらも12話を見て間違いだったと気が付きました

そして、待ちに待った12話

なにより嬉しかったのは、あの陣容だと空気以外の何物でも無さそうなM3と89式に痛快極まる見せ場を作ってくれたことです。ツッコミ処は沢山ありますが、あえて全部無視しても構わないと思えるほど熱い展開。駆逐虎や象をM3が狩るなんて、頭の凝り固まった軍ヲタには想像も出来ませんでした。台詞が一々笑えるところも良かったですね

マウスを狩るための奮戦したヘッツアーと89式。あの2両でしか不可能な戦法でした。ヘッツアーの傾斜した車体構造と、第一次世界大戦の塹壕を走破するための構造を残している89式でしか出来ない軽業の連携にシビレました

クライマックスの姉妹一騎打ち。それに邪魔を入れさせないためのP虎の奮戦。イニシャルなんとかも真っ青なポジション狙いの2両による疾走。すべてが決戦にふさわしい展開

なんて素晴らしい30分だったことでしょう

自宅にテレビがない編集長ですが最終話を見るために電車に乗ってネカフェに行った甲斐がありました

早くも2期や続編を望む声も上がっているようですが、今は製作に関わった全ての人にゆっくり休んで欲しいと思います。フルマラソンをゴールした選手に「今からもう1周してね」と言うのは、まあ酷ですから

絶賛の嵐に見舞われている「ガルパン」ですが、今後のアニメ業界において、劇中で戦車を動かそうと思ったとき、無視できないハイクオリティな基準を構築してしまった事が「ガルパン」唯一の罪かもしれません

最後に一言

Hetzer gonna Hetz !!!

ガールズ&パンツァー 12話 「あとには退けない戦いです!」 海外の感想

ガールズ&パンツァー 11話 「激戦です!」 海外の感想(考察)
>お馴染みの「海外の反応」さんが実況まとめとは別に考察をまとめてくれました。戦況の推移や次週の展開に関して活発な意見が出ていたのですね。しかし、と言うか、マウスへの反応は分かりやすい


関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-06-27-Thu 19:49 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。