アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■夏の同人読書週間2013~ワグナリア1皿目■
2013-07-17-Wed  CATEGORY: 書籍

「ファミレスはバイトも美味しい(性的な意味で)」

人気アニメ「WORKING!」同人誌を3回連続でご紹介します。1回目はお子様お断り

130717a「ぽぷら みーつ しゅがー」Remmings nest
高校生なのに小学生と間違われる種島さんと元ヤンなのに見かけによらず世話焼きな佐藤くんの異種格闘技戦のような趣のあるカップルを、二人が結ばれるまで50ページ以上を費やして軽妙に描いた作品です
実質的にアダルト部分はオマケのような感じで、種島と佐藤がバイト仲間の一線を越えるまでの過程をお笑いを交えつつ描いていて、実に楽しく、読み応えのある内容になっています
外見が子供のようである事に強い劣等感を抱いている種島さんが、いつまでたっても佐藤くんに「女性」として扱われない事を涙ながらに訴える流れは、正直に言えば凡庸な脚本ですが、そこは達者な絵を描くサークル「Remmings nest」「でぇた」さん。ディフォルメからシリアスまでを巧く使い分けて、他の同じような作品と一線を画す作品に仕上げています
130717b「山田(仮)さんと某(仮)さん」
2冊目の山田(仮)が主人公の本は一般向けのホニョホニョした作品です。こちらの作品では「ワグナリア」に新人バイト「某くん」を登場させて山田の相手(犠牲者)に仕立てています

ちなみに御本人による作品紹介では「山田を養いたいという保護者気質の貴男に贈る」とあります(笑)

この本でも「納豆」が縁となって自宅を山田に襲撃された某くんが、あまりにマイペースで無防備、且つ警戒心の無い山田を前に苦悶する様子を40ページ近く費やして描いています
どちらの作品にも共通していますが、「でぇた」さんの作品は会話に重きを置いていて、展開が進む流れをとても自然且つ飽きさせずに演出しています。そして軽妙な表現と巧みな作画を駆使し、二次創作作品として実に完成度の高い作品に仕上げています

HPを見る限りでは、この2冊の他にCG作品を少し発表しているようですが、これほどの作品を見た後では、今後の活動に注視せざるを得ません。同人誌は委託本が完売しているようですがDL販売で購入できるようなので、興味のある方はトライしてみてください

ちなみに「でぇた」さんはゲーム会社で10年ほどお仕事をされた後、独立してイラストなどを手がけているそうです。巧いわけです
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。