アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■夏の同人読書週間2013~親方Project■
2013-07-22-Mon  CATEGORY: 書籍

「Mottainai精神で懐を暖める方法」

130722a「省エネ・ヤフオクの本」親方Project
ひじょーに個人的な話になるが、編集長も粗大ゴミが気になって仕方がない時期があった。もう20年以上前になるが、骨董市に足繁く出入りしていた事がある。古いものをイジクルのが楽しかったのだ。壊れかけた時計とか木製の牛乳箱などを集めていた。それが高じて夜明けに近所のゴミ捨て場にお宝を探しにいく事もやった。今では条例が改正されてゴミを持ち去るのは違法となったが、当時は誰にも咎められなかったから古本や、使えそうな小道具を持ち帰って掃除し悦に入ったものだ

もっとも自分の場合は、それらをどうしようとか考えなかったが(当時はヤフオクが未だ無かったと思う)、この本の作者「親方」さんは使えそうな機械類をヤフオクで販売し、その記録をまとめたのだ。これが面白い

例えば、とある仕入れ場所の1ヶ月間の様子を数日おきに撮影して解説しているページがある。回収直後のスカスカな様子から始まり、徐々に機械類が積まれて、最後にはジャンクの墓場になる様子が記録されている。「親方」さん以外の誰かが持ち去ったり、壊して特定のパーツのみ取っていったりされた様子が解説されており興味深い

別のページでは「高く売れた物。変な物」が紹介されている。編集長には機械の元値や価値も分からないが「親方」さんも、どうもその辺を分かっていない様子である。この方はヤフオクのスタイルがとてもシンプルで、なんでも「1円」で出品する。元がタダだから動作確認をすることもあるが、細かい説明は省いて返品も受け付けない。そのようなやり方で5年ほどの間に2000件ほど扱ったそうだ。なかなかにエネルギッシュな人だ

後半のページには数百件分のデータも記載されている。商品名と落札価格だ。そのなかでダントツに高額なのは251000円のマルチメータ。現行商品だったらしいから何故捨てられたのかも謎だ

本の発行が2010年だし、記録そのものがそれからさらに数年遡るので、現在の市場には反映できないと思うがジャンク機械類が好きな方には面白く読める本です
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。