アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■夏の同人読書週間2013~MARU PRODUCTION■
2013-07-24-Wed  CATEGORY: 書籍

「トトコの作者。吾妻ひでおを描く」

130724a「スズとクロキ」MARU PRODUCTION
単行本が発売されている漫画「事件記者トトコ」の作者、丸山薫さんの個人誌
今年春のコミティアにて購入。基本的には学校を舞台にした不条理ギャグ。一読して、「不条理日記」を発表した頃の吾妻ひでお先生の作風にソックリだと思った。これは言葉で説明できないので読んで頂くしかない

女の子も可愛いし、エロい先生も出るし、変な生き物も登場するし、読んでいて非常に懐かしい気持ちになった
吾妻ひでお先生が美少女漫画の代名詞であった時代に、仲間たちとミャアちゃんの売りが靴下にあるか、ポニーテールにあるかで喧嘩した若さを取り戻したい…。ちなみに丸山薫さんの過去同人誌を調べたらティアで気になったイラスト本とか何冊もあってワラタ。でも手元にないのが…(悲)

●最近のいろいろニュース●

訃報:中国武術研究の第一人者・松田隆智氏が死去
>中国武術をテーマにした漫画の名作「拳児」の原作を担当された方

GX夏コミ情報局
>「バルメスムース抱き枕カバー」。「Theガッツ」シリーズファンにピッタリ

【悲報】おとんがうなぎを買ってくると出かけたきり帰ってこない
ご飯も5合炊いたのに肝心のウナギがやってこない
60:2013/07/22(月) 20:04:54.21 ID:DDZ6d23P0
用水路の様子見に行ったんだろ
65:2013/07/22(月) 20:05:56.75 ID:geKJ81tN0
>>60
あかんそれ志望フラグや

「宇宙戦艦ヤマト2199」のオープニングテーマ変更に対するアニメファンの反応
>単に曲の出来がどうでもいいシロモノだと思うが、
ドリルミサイルの先端にある(笑)サーバールームをそのままにしたほど原作を尊重しているらしい(大笑)監督には悔しかろう

薄さ5.5ミリでクレジットカードサイズの超コンパクト携帯電話「Micro-Phone」
>電話しかしないしこれ欲しいな

2013.7.13 03:25 [産経抄]
>~日本の歴代首相は、さきの戦争について「謝罪と反省」を繰り返してきた。その心が通じない最大の原因は、両国が異常な「反日教育」を続けてきたことにある。靖国神社に対する難癖は典型で、安倍首相には、粛々と参拝してもらいたい。いつまでも「謝罪せよ」と繰り返す彼らには、もう、うんざりだ

シェフ帯同禁止、練習撮影、日本語通訳入場させず…韓国に嫌がらせされるサッカー日本代表
>~日本代表にとって最大の打撃となったのは、練習が非公開にできなかったことだ~

米国「憲法改正は日本の内政問題だと言ってんだろ」
>世界で最も空気を読まず人の話も聞かない国が隣にある不幸

投票用紙をネット掲載=「撮影やめて」選管警戒
投票用紙の撮影が禁止の理由は票の売買・投票先の強制防止のためでしょ?
>撮影を認めれば投票率の上昇につながるとか不可解な事を言う輩もいるが、投票の秘密を守る事はなにより重要だと思う

「タッチ第一」に賭けたMicrosoftの誤算
>~壊滅的な四半期決算のおかげで株価は翌日11%も下げた。業績 悪化の大きな原因は9億ドルにも上るSurface RTの在庫処理だった~

従軍慰安婦が高給取りの戦時売春婦である証拠の「尋問調書」は本物だったか?
>~以前より慰安婦問題に関して様々な事を調べているテキサス親父が最近発見したネット上に上がっている1944年に報告された「尋問調書」に注目した。しかし、ネット上にある物の中には、捏造された物が多く存在し、その米軍の報告書とされている物が本物であるかという疑問を持った。そこで、以前も竹島問題で「マッカーサー電文」が本物であるかどうかの確認を依頼したワシントンDC郊外にある「国立公文書館」へ問い合わせた。約2週間後にそこから一通の手紙がテキサス親父に届いた。その中には、そのネット上に上がっていた内容と同じ物の原本のコピーが同封され、間違いなく米軍が慰安婦の捕虜達に尋問した一部始終が記載されている書類だった。この中には、次のようなことが書いてあった~
・慰安婦達の証言では、志願して雇用され高額の給料を貰っていた。
・待ちへ出かけて化粧品や洋服など好きな物を買っていた。
・時間の関係で全てのお客(兵士)にサービスができない事を悔やんでいた。
・日本人の兵士達とスポーツをしたり、ピクニックをしたり宴会をしたり様々なイベントを一緒に仲良くやていた。
・借入金がある慰安婦は、その返済が終われば希望があれば国へ帰ることも出来た。
・日本の兵士と結婚する者もいた。


無料でパソコン回収してくれる会社の工場に潜入したら、よだれが出たの巻
>自分のIBMもここに頼めば良かった…


関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。