アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■2016年=この艦これ同人誌が面白い★弐■
2016-01-18-Mon  CATEGORY: 書籍

「辛く哀しい秋刀魚とサンマ」

秋刀魚…ううっ…頭が痛い…という提督に贈る壱冊

「マンサ」 魚類

昨年秋の秋刀魚漁で苦労された提督も多いと思いますが、ここに秋刀魚の立場から秋イベントを語るという掟破りな同人誌がありました
それがこの同人誌「マンサ」です

制作は魚類ネタばかり描いている風変わりな作家「魚類(まんまですな)」さん
比村乳業さんが「潮」本を発表したときも、謎のマグロ本を出して一部で話題になりました
その魚類さん。昨年末のコミケで出した新刊が秋刀魚本。大漁旗獲得のため、多量の秋刀魚の水揚げを目指して3-3を中心とした海域で過酷な漁業と称した戦闘が繰り広げられましたが
当の本人、秋刀魚があのイベントをどのように見ていたかを描いた怪作です

イベント開始前、運営のニュースを通じて、自分たちに大きな災厄が近づいていることを察した秋刀魚の「さとし」君。釣り針で顎を貫かれ、呼吸もままならない水上に引き上げられたあげく、身を裂かれ焼かれたり煮られたりお造りにされるくらいなら…いっそ自分で…と…

サンマ達の悲劇が幕を開けました

ところ変わって某鎮守府。そこでは喉をかき斬られり、石抱きの責めで苦しめられたり、吊されて死にかかっていたり、縛られて順番に頭を吹き飛ばされているサンマたちの姿がありました(サンマの処刑を執行しているのが駆逐艦の霰というシュールさ)

鎮守府の中の密室ではカトリーヌ先生がサンマの「やすし」君を鞭で叩きながらサンマの回遊する場所を聞き出そうとしています。しかし責めにも屈せず「1-1(近海)」としか答えません。そこへ現れた提督(マグロ)。部下の非を詫び「お詫びに洗剤のギフトを贈る」と欺して、単純なサンマの「やすし」君は自分の住所(アルフォンシーノ方面)と答えてしまいます。恐るべき奸計…

地獄絵図は利根の元でも展開します。「我が輩はサンマは全部食べる派じゃ」と言う彼女の元へサンマが現れて…

いつ果てるともない秋刀魚地獄。なんなんだよ、コレ!

今回の冬コミで購入した一番狂った艦これ同人誌でした

メロンブックス通販に在庫あるかも?
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。