アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■夏コミ新刊を読もう①「セブン回想計画」■
2006-08-14-Mon  CATEGORY: 書籍

「昭和のウルトラセブン回想」

コミックマーケット70が終了しました

金曜日の1日目は「企業ブース」に行って死ぬかと思いました(買いすぎ)
土曜日の2日目は まったりと散策しつつミリタリー関係の本などを色々買った後 奇跡的に落雷事故に巻き込まれず帰宅できましたよ
最終日の3日目は1分1秒を惜しんで東ホールを駆け回りました…

結構 死ぬ思いをしたのに…なんで体重が増えてるんじゃ!

今回も 面白い本 変な本 エロい本 などを沢山買いましたのでしばらくの間 それらのレビューを書いてみようと思いますよ 慣れないけどお付き合い願えれば幸いです

「セブン回想計画」(発行サークル名記載無し)
060815
「ウルトラセブン」という偉大なテレビ番組に関して自分が今更コメントするのもおこがましい感じなので「子供時代にリアルタイムに見ていたので思い入れが有る」とだけ言っておきますが「セブン」が平成になっても新作が作られている事実は驚きを隠せません

個人的には「昭和」のオリジナルに愛着があります
それ故 この本を会場で見たとき ごく自然に手に取ったのですが一読して驚きました

文章寄稿 藤川桂介・桜坂洋・唐沢俊一・丸戸史明・米沢嘉博
挿絵寄稿 介錯・いちば仔牛・○蜜柑・なかじまゆか・うたたねひろゆき


ちょっとあり得ない面々ですよ…

藤川さんの企画段階の脚本に関する思い出話は初めて聞くような内容で驚きました
桜坂さんは「セブン」のダンではなく「レオ」のダンに対する様々な角度からの解釈を新鮮な展開で読ませてくれました
唐沢さんは脇役の役者に関する小話を楽しく語る内容で本領発揮
丸戸さんは「セブン」のサウンド~BGMだけでなく「番組の録音」という昭和時代の記憶の保管に関する苦労話を事細かに
そして「コミケット準備会」代表の米沢さんは「特撮TV番組」や「劇画漫画」との関連で「セブン」に対する個人的な思い出を語る…とても興味深い内容です

挿絵を担当された 同人商業両面で人気の有る作家の方々

介錯さんは45話「円盤が来た」がお気に入りのようです
いちば仔牛さんは「アンヌ」隊員をお得意の柔らかなタッチで描き
○蜜柑さんは「ピット星人」少女バージョンという なんともマニアックな選択
なかじまゆかさんは「セブン vs ボーグ星人」の対決シーンを
そして うたたねひろゆきさんは期待に応えて「アンヌ」隊員のセクシュアルなイラストを見せてくれました

これらの力強く個性的な執筆者をまとめたのは…なるほど…市川孝一さん 山下智生さんのご両人でしたか 納得です

表紙の高層ビル街に立つセブンは「宇流虎背聞之介」さん~おそらく開田さんかと思われますよ
特撮ジャンルで資料関係を探しているときに偶然見つけた本ですが 今回のコミケで最も興味深い本の一つでした
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。