アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■TRUE DETECTIVE 二人の刑事■
2016-06-25-Sat  CATEGORY: 書籍

「南部アメリカのワトソン&ホームズ」



アメリカのテレビドラマ「TRUE DETECTIVE 二人の刑事」を観た。レンタルで1巻を見終えた直後に残りの4巻までを借りに行った。自転車で全力疾走したのは久しぶりです

良くある話。猟奇的な殺人事件が起きる。性格や考え方が異なるペアの刑事が捜査に当たる。徐々に明るみに出るおぞましい事実。衝撃的なラスト…

およそ刑事ドラマの鉄板中の鉄板とも言える筋書きです。新鮮味は皆無と言っても過言ではないでしょう

しかし、このドラマ「TRUE DETECTIVE 二人の刑事」は驚くほど完成度の高い、著しい没入感をもたらす、麻薬のような魅力のあるドラマです

ルイジアナ州警察殺人課を舞台に、二人の刑事の17年にわたる連続殺人事件の捜査が描かれています

主人公は二人の刑事。マ-ティンとラスト。分かりやすく言えばワトソンとホームズと言った役どころです。マーティンは家庭を持ち二人の娘を溺愛する常識人。署内の評価が高く同僚達とも円滑に仕事をしています。経験も十分なベテラン。神を信じ、子供が犠牲者となる犯罪には強い怒りを爆発させる、言わば正義感です
ラスト(ラスティン)はバツイチの独身。睡眠障害をドラッグで紛らわし、仕事以外のあらゆる事に興味を示さないが幅広い教養がある。無神論的な言動でマーティンをイラつかせ、権力者や上司にも正直すぎる物言いで煙たがられている。妄想癖と幻覚持ちだが、行動力があり、必要なら違法行為も暴力も辞さない

この二人が事件捜査で衝突を繰り返しながら、徐々に核心に近づいていくのが物語の基本筋です

ドラマ「TRUE DETECTIVE 二人の刑事」が他のドラマと異なる点は、現在の二人と、事件当時の二人(十数年隔たっている)が、交互に登場して進行中の状況を分かりやすく見せている点です。現在のマーティンは退職後、探偵として活動しています。ラストは酒浸りの日々。この中年を過ぎた二人が勤めていた警察署に呼ばれ、ハリケーン被害で散逸した当時の捜査に関する質疑に応えるというスタイルでドラマが進められます

第1話の冒頭、薬物中毒の犯罪者にしか見えないラストが不貞不貞しい態度で若い刑事の質問に答えている姿が非常にインパクトがあり引き込まれます

「TRUE DETECTIVE 二人の刑事」の魅力はこれだけではありません。アメリカ南部に広がる湿地帯を舞台にしていて、美しい風景や、時代に取り残された人々の暮らしぶり。バイブルベルトと呼ばれる信仰深い田舎でありながらカリブ海のブードゥー教の影響も色濃い地域なので犯人が残すシンボリックな造形物や劇中で使われる音楽も特徴的です

そして、なんといっても主人公の二人が実に魅力ある人物になっています。マーティンは上記のように、絵に描いたような常識人、家庭人でありながら、浮気癖があり、細君との関係は危険な状態になっています。全8話のドラマの中で2回も美人とヤリまくっています。しかもその一人は、数年前に彼が金を渡して堅気になれと言った少女売春婦だったりするから最悪です

ラストは同僚達から「税務署」と呼ばれています。いつも大きめのノートを持ち歩き、現場であらゆる事象を記録する姿が税務官の要に見えるからだそうです。観察眼が鋭く尋問の才能があり、犯人の自白を引き出すのが特技でもあります。殺人課に配属される前は危険な潜入捜査官を務めていたため犯罪者へのパイプもあり、拳銃を現場で撃ったことがないマーティンに比べて修羅場を潜っている経験が自信の源でもあります

この水と油、というか、火と油のような二人が衝突を繰り返しながら信じがたい事実に突き進むドラマは、一度見始めると止まらなくなること請け合います

TSUTAYAを初めとしたレンタル店で絶賛レンタル中なので、まとめ借りの1本に加えてみてはいかがでしょう。ただし夢中になりすぎてイロイロあっても責任は負えませんので悪しからず

「TRUE DETECTIVE 二人の刑事」公式サイト
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。