アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
■優しい嘘…哀しいウソ■
2016-07-06-Wed  CATEGORY: 書籍

「長門と酒匂。二人の帰らざる海路」

「嘘つきだよ、長門さん」温狐屋

クロスロード作戦に徴発された戦艦「長門」と巡洋艦「酒匂」を描く、同人サークル「温狐屋」田中草男さんの涙腺崩壊必至な名作が同人誌になりました

Pixiv初掲載から2年。待望の同人誌版登場です

現在「とら」「メロン」で販売中
(編集長はとらC店で購入)



「クロスロード作戦」wiki

ご存じない方は、必ず先に上のWikiをお読み下さい

作戦の経緯を知らないと「変な雰囲気の絵本」にしか見えないからです

それでも、Wikiを読むのが面倒という人に超簡単に説明すると…

終戦まで生き残った長門と酒匂が米軍が太平洋で行った核実験「クロスロード作戦」の生け贄にされた事実を基に描いた作品ということです

ギャグ傾向の強い作家、田中草男さんの2014年の作品でPixivで読めます

「嘘つきだよ、長門さん」Pixivページ

書籍化にあたり加筆されています。個人的には応援の意味と紙の本が好きなので迷わず購入しましたが、本作を「じっくり味わって読む」にはPixivの方が向いているとも思います

Pixivで読むと1枚々の絵を紙芝居のように見ることになりますが「クロスロード作戦」と太平洋戦争の経緯を知っていると個々の絵の哀しさが、あまりに強烈なので心を激しく揺さぶれます。1枚々の絵の余韻を感じつつ次の絵に進むのが個人的にはお薦めです

Pixivの作品ページも2年前の掲載から現在に至るまで途切れることなくコメントとスターが増え続けています。艦これ二次創作の名作10選を選べるなら編集長はこの「嘘つきだよ、長門さん」に票を投じたいと思います

「とらのあな」書籍通販ページ

「メロンブックス」書籍通販ページ

■コメントレス■
>レマ様
わしも泣いたよ。青い空と海の美しさがツライ…
艦これ同人誌では戦後の艦娘の悲惨な境遇を描いた作品もあり、そちらもかなりアレなのだけど
艦娘の運命を描いた作品では「嘘つきだよ、長門さん」より心を打つ作品は未だ無いと思います
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2016-07-10-Sun 18:24 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.