アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■トランプ大統領を痛烈にパロった同人誌■
2017-07-01-Sat  CATEGORY: 書籍

「アメコミ世界でも暴れまくる大統領を見よ」


これはアメリカで頒布された同人誌でコミックアーチスト
「R. Sikoryak」氏による作品です。


編集長がこの同人誌を知るきっかけとなったのは、イラストレーター「横田守」さんによる5月22日のTWEET
「凄い本を買って来た!(多分同人誌)」
https://twitter.com/yokotamamoru/status/866821384772751362/photo/1
を見たことでした。

元ネタでは街中で暴れるハルクの姿を描いた表紙なのですが

こちらの「The Unquotable Trump」はハルクがトランプ大統領と入れ替わっていて、かの有名な台詞「I ALONE CAN FIX IT」(訳=問題は私が一人で解決してみせる)を叫びながらあらゆる攻撃を跳ね返しているという構図です。打たれ強さでは歴代大統領随一な感じのトランプさんだけにハマッた絵になっています。

「The Unquotable Trump」はTumblrに専用のページが開設されています。

「The Unquotable Trump」
https://unquotabletrump.tumblr.com/

こちらで大統領シリーズが殆ど見られるようです。これらのシリーズの元ネタが2016年の大統領選挙キャンペーンでのトランプ大統領自身による発言であることが、ある意味恐ろしい気がします。

折角なので他の作品もいくらかご紹介したいと思います。


こちらも非常に解りやすい作品です。元ネタは劇場映画が公開間近の「ワンダーウーマン」。最初期シリーズの表紙になります。

「NASTY WOMAN」とは日本語訳で「不愉快な女」「ろくでもない女」といった意味になります。これは米大統領選のテレビ討論会でトランプ大統領が対立候補のヒラリー・クリントン女史を評した発言「Such a nasty woman」が元です。

Trump: Clinton such a nasty woman(YOUTUBE)
https://www.youtube.com/watch?v=Q2KOQfZ0Zd0&feature=youtu.be

合衆国で初めて大統領の座にリーチをかけたパワフルな女性、ヒラリークリントンさん。姿はワンダーウーマンそのままですが、城壁の上からトランプを投げ飛ばす力強い勇姿にトランプが負け惜しみで「なんて不愉快な女だ!」と言っている愉快な構図です。

ヒラリーさんが大統領に就任していれば本当に負け惜しみとなったのですが…


元ネタはマイナー作品「NIGHT NURSE=夜勤看護婦」。元ネタでは病院に潜入した殺し屋から身を挺して患者を守る看護婦の姿を描いた表紙ですが、パロディの方では下に書いてある「THE CURE FOR OBAMACARE」のようにオバマ大統領の導入した健康保険政策「オバマケア」の改廃案がテーマになっています。

パロディ表紙での発言は2015年にダラスの「アメリカンエアラインセンター」で行われた演説から引用されているようです。

8 Donald Trump quotes on healthcare — 'Repeal it, replace it, get something great!
http://www.beckershospitalreview.com/hospital-management-administration/8-striking-donald-trump-quotes-on-healthcare-repeal-it-replace-it-get-something-great.html
編集長の語学力では正確な翻訳は難しいのですが、おそらく「我々はオバマケアの廃案を目指す。最悪でも改案することによって我々はより偉大になれる」と言った意味のようです。

元ネタの「夜勤看護婦」では殺し屋に「患者を撃つなら先に自分を撃て」と勇敢に言いはなっている看護婦ですが、パロディの方では一方的な暴言に困惑しているように見えます。賛成とも反対とも言いかねる様子はオバマケアが当初に意図した結果をもたらさなかったらしい米国の医療と健康保険事情を反映しているように思えてなりません。

その他にはこのような作品が描かれています。

























編集長が探した範囲では発言内容に相応しい元ネタをチョイスして多くの風刺作品が描かれています。アメコミを原著で読むような方なら大いに楽しめるでしょう。

ちなみに同人誌は以下のページで販売されているようです。

atomicbooks. unquotable-trump
https://atomicbooks.com/products/unquotable-trump

また作品そのものが話題になったのか、商業誌での出版も決まったようです。

The Unquotable Trump (英語) ペーパーバック – 2017/11/7
https://www.amazon.co.jp/Unquotable-Trump-R-Sikoryak/dp/1770463046

秋葉原ではアメコミ専門店「ブリスター」さんに入荷すると思います。

アメコミ専門店「ブリスター」
http://www.blister.jp/store/

アマゾンの大規模詐欺が収束したのかイマイチ解らないので、アマゾンでの購入に躊躇している方はお店に相談されると良いかと思います。

■最後に、文中の日本語訳はWEBの翻訳などを参考にしましたが、必ずしも正確では無いと思いますので、トランプ大統領の発言内容に興味のある方はご自身で調べて下さい。
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。