アキバ・フリマ・同人イベントなどの小ネタ中心
インディペンデント通信社南町支局
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
■冬の同人読書週間2017~仙人掌堂本舗■
2017-01-08-Sun  CATEGORY: 書籍

「しほママ。愛と怒りの機銃乱射」


「ガルパンデミックⅢ西住しほ対大洗女子学園」

仙人掌堂本舗


生徒会長の舞台裏での暗躍を描いた「ガルパンデミックⅡ角谷杏の暗闘」も、二次創作を読む喜びを堪能させてくれた傑作でしたが、本作「西住しほ対大洗女子学園」は前編を上回る凄い内容でした。

主人公のみほが西住家から勘当された経緯は本編では詳しく語られていませんでした。およその推察はできましたが、この本では、しほママの過去に大胆に踏み込んで、西住家という存在、家元の名の重さと、それを巡る一族の確執や争い、二児を授かった母としての喜びと幸せ、期待に応えて成長する姉と、予測の付かない行動に手を焼かされる妹への悩み、そしてしほママが誰よりも妹のみほに厳しく、他人が見ると鬼のように接するようになった経緯、その絶望と苦悩を描いた凄まじいエネルギーに満ちあふれた作品です。

ガルパンの公式コミックを描く人の中では「変顔」を多用し、ほとんど炎上商法(意味そのまま)のような作品を描く困った人も居ますが、本作でのしほママの表情は、かなり心臓にキます。

このように書くと恐ろしげな作品と思われそうですが、しほママの搭乗する2号戦車を操るクルー達のチームメイトらしい軽妙な会話など、本編で見られない楽しい一面もあります。誰であれ、家元であれ、母の苦悩は同じなのだと心から実感しました。

西住流の「数と力で正面から正々堂々と叩きつぶす」という流儀を、しほママが身をもって教えてくれる本作「ガルパンデミックⅢ西住しほ対大洗女子学園」。冬コミで購入したガルパン二次創作の一二を争う傑作です。

「夜の西住流」とか言っている人はこれを100億回読め。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■冬の同人読書週間2017~しろねこ食堂■
2017-01-07-Sat  CATEGORY: 書籍

「サイタマ。家政婦を雇う。ちなみに猫」


「ワンパンマンの猫村さん」

しろねこ食堂


アニメ(タイバニとか)や劇場映画(アヴェンジャーズとか)キャラと人気漫画「猫村さん」のダブルパロディ作品で、とうとう壁サークルになってしまった「高野しろねこ」さんの個人誌最新刊がこちら。今回は「ワンパンマン」との組み合わせです。

基本的には「猫村さん」の世界観と作風そのままなので、新しい雇い主が黄色のスーツを着た無職とサイボーグだっただけなのですが、ジェノスが自分の存在価値を否定されたと勘違いして怒ったり、それを耳にして悲しむ猫村を見たサイタマがジェノスを責めたりと、ほのぼのながらハラハラする展開です。

自らの勘違いを恥じたジェノスが猫村に家事の指導を請い、一件落着であります。

作者である「高野しろねこ」さんの大人気作品「アヴェンジャーズの猫村さん」シリーズは、互いに争ってばかりいるアヴェンジャーズのヒーロー達が猫村さんと共に仲良くホノボノと日々を過ごす内容で、ある意味、衝撃的な面白さでした。アメコミでも、映画でも、仲違いばかりしているアヴェンジャーズは、高野しろねこさんのシリーズを読んで反省して下さい。

とらのあな(女子フロア)で委託販売中
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■まんだらけコンプ四階のお宝■
2016-09-27-Tue  CATEGORY: 書籍

「ペンクラパピポ花いちもんめetc」

まんだらけコンプ四階にオッサン限定のお宝があった

90年代前半の成年コミック誌。数十冊。タイトル色々
どれも100円なので早い者勝ち



ちなみにレモンピープルとパピポ創刊号は編集長がいただきました

そんで、5年以上探していた「パピポ創刊号」がこちら


★超クイズタイム★この漫画の作者は誰でしょう?













答え。「ボストーク通信社」の「速水螺旋人」さんです


速水螺旋人さんの商業デビュー作。ようやく手に入りました
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
■夏の同人読書週間2016~SS-7■
2016-08-20-Sat  CATEGORY: 書籍

「大学選抜に勝つ!知波単で勝つ!!」

「富士学校から転校してきました」 SS-7

夏コミのガルパン新刊でネタ的に最高だったのが
この本「富士学校から転校してきました」です

表紙を見た瞬間、鷲掴みにしてしまうインパクト!

内容も実に分かりやすく

「大学選抜チームとの試合で陸自の富士学校から助っ人が来たらどうなるか」 を想定して描かれた作品です


10式戦車が89式中戦車の79年前に配備されていたとは知りませんでした

このように紹介すると一発ネタで終わっているように思われそうですが、さにあらず。助っ人である彼ら戦車教導隊は知波単を率いて選抜チームのアズミ隊を殲滅します

「西さん」の人柄の良さもキチンと描かれています。過去の栄光と校風に縛られて、試合に勝利できない知波単ですが、先輩から受け継いだ伝統を守り、かつ、後輩に勝利を経験させたいという彼女の願いを聞いた斉藤は、選抜チームの殲滅を自らの10式と知波単に任せて欲しいと、みほに頼みます

先行お試し版はここまでで終わっていますが、続きが非常に気になります

すぐにでも読みたい!

チームとしても、西さんや福田たちの人気もあり二次創作では人気のある知波単ですが、大学選抜チームに正面から立ち向かう彼女たちの姿を見ることが出来るとは思いませんでした

完成版は10月末の予定とのこと。今から楽しみで仕方ありません

サークル「SS-7」のHP
作者「HOUND」さんのTWITTER
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
■最弱を狩る者。ゴブリンスレイヤー■
2016-07-07-Thu  CATEGORY: 書籍

「ファンタジー世界のシュタイナー軍曹」

1巻及び2巻読了。感想をば少々呟きたい。

あちこちで話題になっているラノベ「ゴブリンスレイヤー」。今更ながら読んでみました。これが意外に面白い

主人公は「ゴブリン」殲滅しか興味がない戦士。ファンタジー世界での「ゴブリン」と言えばモンスターヒエラルキーでは最弱の雑魚キャラと決まっている
「ドラクエ」で言えば「スライム専門ハンター」という感じだ


多くの冒険者が名声と力を求めてドラゴンや魔族に挑戦する世界において、常に最弱モンスターしか狩らない主人公は異端扱い。彼には彼なりの理由があるが、世間の目は冷たい。そんな主人公が洞窟で全滅寸前のグループに出会うことから物語が始まる

語り尽くされた感があるが、とにかく主人公の設定が面白い。「ゴブリン」といってイメージが湧かない人は「劇場映画 指輪物語」に登場した「ゴクリ」を思い浮かべて欲しい。そうアレです

標準的な人間で言えば子供未満幼児以上の大きさ。力もなく武器もなく知恵もない。まさに雑魚に相応しい「キングオブ雑魚」。それがゴブリン

単体では弱すぎるが集団になると意外に手強い。しかも手間暇かけて駆除してもギルドの報酬は安く割に合わない。数だけ多く、ほとんど「害獣」扱いだが子供や女性を攫うなど凶悪な面もあり辺境に暮らす民には見過ごせない脅威でもある

主人公は、その「ゴブリン」にしか関心がない。世界が破滅に瀕していても「だからと言ってゴブリンを見逃す理由にはならない」とまで言い切る。徹底している。名声を手にして己の影響力を高めてから目的を果たす方が賛同者も得られるし効率的ではないか?と聞かれた時「考えたことはあるが、その間もゴブリンは村を襲うからな」と応えるあたり筋が通っている。まあ頑固者である

何年にもわたって狭い巣穴に潜り、暗闇で、異臭漂う敵地で戦ってきた「ゴブリンスレイヤー」はゴブリン殺しのプロだ。彼が救った少女との出会いが誰からも賞賛されない孤独な闘いに身を投じてきた主人公の運命を大きく変えることになる

1巻は少女との出会いに始まり、とある牧場を守る為の闘いで幕を閉じる。エルフ、ドワーフ、蜥蜴人間、聖職者、他の冒険者達との交流が描かれる。中盤、地底での闘いで彼がゴブリン殲滅の為、どれほど破天荒な手段を用いるか、是非読んで驚いて欲しい

牧場を守る闘いで、歴戦の戦士達にゴブリンを倒す秘訣を伝授するあたりなど読むと、薄汚く見栄えも悪く貧弱に見えるが、鍛え抜かれた猛者、まるで「戦争のはらわた」に登場する「シュタイナー軍曹」のような男に見えてくる、若いんだけどね

2巻は、ほぼ丸ごと1冊が「水の都」と呼ばれる都市の地下遺跡を舞台にした闘いが描かれる。1巻からの縁でグループを組む面々とのやりとりも安心して読める。クライマックスが「ゴブリンじゃない」相手との闘いであったため一度はガッカリしたが、ラストの会話で今回の闘いはゴブリンスレイヤーにとって、そして依頼者にとっても「ゴブリン」との闘いと同義であったことが語られ驚かされた。「そう来たか!」と。これには少なからぬ感動に近い読後感があったと言わざるを得ない

月刊誌でコミック版の連載もはじまったようだし、来年の春くらいにはアニメになっている気がする。なんにせよ、今後が楽しみである
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 インディペンデント通信社南町支局. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。